ケンタッキー 食べ方。 ケンタッキーのビスケットの温め直し方。おいしい食べ方と保存方法

ケンタッキーのビスケットの温め直し方。おいしい食べ方と保存方法

ケンタッキー 食べ方

ケンタッキーフライドチキンの温め方1 オーブントースターの場合 やっぱりまずは公式が発表している温め方が一番美味しいだろうということで紹介しますね。 でも実は公式サイトには温め直し方については明記されていません! 書いてあるのはお持ち帰りの箱です! ここにはオーブントースターの場合と電子レンジの場合の2種類の温め方が書いてあります。 このとき必ず受け皿やアルミホイルを使うようにしましょう。 というのも温めているうちに余分な油がチキンから抜け落ちると、ヒーターにかかって発火する場合があるからです。 面倒ですが、受け皿やアルミホイルを敷いた上に、アルミホイルに包んだチキンをのせて温め直します。 また先にオーブントースターだけを3~4分温めてからチキンを温めると早く温まりますよ。 食べた感想 当たり前のことですが、そのまま冷めたチキンを食べるよりもジューシーさが復活して美味しくなりました。 でも期待していた皮のパリッと感は、アルミホイルで包んでいたからか、あまり感じられませんでした・・・ 2 電子レンジの場合 電子レンジを使う方法はとにかく時間をかけたくない、早く温かいチキンが食べたいというときにおすすめです。 500ワットの場合は一個につき30秒から1分、1000ワットの場合は20秒から40秒温めます。 スポンサーリンク 3 トースターと電子レンジの併用 電子レンジとオーブントースターを併用すると両方のいいとこどりができます。 まず電子レンジでチキンを1分ほど温めます。 余分な水分が飛んで外側はパリッと中はジューシーなチキンが味わえますよ。 電子レンジだけだと時間は早いのですが外側がなかなかパリッとしませんし、トースターだけだと時間がかかりすぎてなかなか中心まであったかくならないので併用する方法はとってもおすすめです。 ちなみにお惣菜で購入したコロッケやポテト、唐揚げなどもこの方法で美味しくカリッと食べることができますよ。 食べた感想 先ほど紹介したトースター単独、電子レンジ単独よりも だいぶ美味しくなりました! トースターで焼くときにアルミホイルで包まないので、 皮のカリッと感も復活!! ただ、下側にアルミホイルを敷いて焼いたので、下の方のカリッと感はそんなに復活しませんでした。 ただこのときにフライパンに油などを敷くとべちゃっとしてしまいますので、クッキングペーパーやアルミホイルをしいて行います。 フライパンにクッキングシートかアルミホイルを乗せたら、その上にフライドチキンをのせて弱火にかけましょう。 食べた感想 時間がかかるわりにはそんなに感動する美味しさはありませんでした(笑) 1のアルミホイルで包んでトースターで焼く方法と同じくらいの美味しさかな?手軽さで言ったら1の方法の方がラクでした。 5 魚焼きグリル ガスコンロやIHコンロについている「魚焼きグリル」を使って暖める方法もあります。 魚焼き器を使うと余分な水分と脂が適度に抜け落ちてくれるので、油分が苦手な方もさっぱり食べることができますよ。 また衣もカリッとするので揚げたてのチキンの食感が楽しめます。 焼く時間は片面を約2~3分、反対も2~3分ほど温めてください。 ただし火力には注意してくださいね。 中火で様子を見て焼くのがポイントです。 コンロに焼き魚の匂いなどが染み付いている場合は、チキンにも少しその臭いが移ってしまうことがあるので注意してくださいね。 食べた感想 結構 余分な油が抜けてカリカリ感が復活しました。 中もかなりジューシーで美味しいです。 ただ火加減が難しく、弱いとなかなか温まらないし、強いと焦げそうになったりしたので、最初に30秒から1分ほど電子レンジで温めてからグリルを使うといいかもです。 6 揚げ直す 既に油で揚げてあるケンタッキーフライドチキンですが、実は揚げ治して食べると衣がサクッとして揚げたてのフライドチキンの食感に近くなります。 揚げ直す時のコツは最初に少しチキンをレンジなどで温めておくこと。 10秒から20秒ほどで十分です。 水分や油分が残っていると油が跳ねたり、べちょっとしてしまいますので、レンジで温めたときに余分な油が出てきてしまったときはキッチンペーパーなどで拭いておくと良いですね。 ちなみに唐揚げの二度揚げの時もそうなのですが、高めの温度で揚げると余分な水分が飛んでパリッと仕上がるので必ず「温度は高め」と覚えておきましょう。 食べた感想 うまく揚げないと二度揚げのせいで油をたくさん吸ってしまうので、パリッとするどころかベチャッとしてしまいます。 7 オーブンレンジのフライ温め(揚げ物温め)機能を使う オーブンにフライあたため機能が付いている場合はこの方法で温めると外側はカリッと中はジューシー、揚げたてのようなケンタッキーフライドチキンが食べられます。 揚げたてのチキンと比べると多少はやはり劣りますが、 今までの紹介した方法と比べると段違いで美味しいです!! オーブンの種類にもよりますが調理が完了するまでに約10分から15分ほどかかるので、急いで食べたい時には向きませんが時間をかかっても美味しいチキンを食べたい!という場合はとってもお勧めです。 食べた感想 特に何も下準備などせずオーブンにチキンを放り込んでフライあたためボタンを押すだけなので 手間も全然かかりません。 簡単にできるのに揚げたての皮のパリッと感や噛んだ時のジューシーさが復活しました! オーブンに機能がついていれば、ですが、個人的にはおすすめの方法です。 ケンタッキーフライドチキンの揚げたてを食べる方法 店舗にもよるのですが実はケンタッキーのフライドチキンは電話予約をすることができます。 「出来立てを頂きたいので1時に取りに行きます」などと伝えるとその時間に合わせて揚げたてを用意してくれる場合がありますよ。 ちなみに私が頼んだのはいつも平日だったのでそれで対応してくれたのかもしれないです。 ケンタッキーフライドチキンを家でも美味しく食べる方法 ケンタッキーを購入した時にチキンが熱かったりほんのり暖かかったりする場合、湯気(ゆげ)が出ていることってありますよね。 実はこの湯気は衣をべちょべちょにしてしまう原因となるので、不要な水分を含んだチキンはいくらオーブンやレンジで温め直してもなかなか水分が飛ばないのでベチャっとした感じが残ってしまいます。 ほんの少しの手間で家でも美味しく食べられるようになるので、お持ち帰りの時は是非箱の口、袋の口を開けて持ち帰ってくださいね。 ケンタッキーの食べにくい部位を食べやすくきれいに食べる方法 ケンタッキーのチキンの種類にはサイ、キール、リブ、ドラム、ウイングという5種類があります。 チキンは慣れないとなかなかうまく食べれずに、手も口もベトベトになってしまうことがあるんですが、ちょっとしたコツをつかむとすっきりきれいに食べることができますよ。 美味しいチキンを残さずきれいに食べましょー! ケンタッキーフライドチキンの「サイ」を食べやすくきれいに食べるコツ チキンの中でも 脂身が多く肉質がぷりっとして食べ応えがあるのがサイの部分です。 サイを食べる時にはまず大腿骨(だいたいこつ)を取るのがポイントです。 大腿骨って何?どこ?という感じですが(笑)、一番大きい骨の部分(腰骨)を下にして持ったときに、てっぺんのところにあるのが大腿骨です。 ねじりながら引き抜くと簡単に取れるのでそれを取ってから腰骨を持って上からかぶりつくと無駄なお肉を残さずにきれいに食べることができますよ。 ケンタッキーフライドチキンの「キール」を食べやすくきれいに食べるコツ キールとは鳥の胸の辺りの部位になります。 胸肉は あっさりとしていて肉質が柔らかいので脂っこい部分が苦手な人にはぴったりです。 この黒い部分は軟骨になります。 その近くに骨が2本あるのでそれを引き抜きましょう。 次に黒い部分の軟骨も取り除きます。 この3つの骨を抜くだけで残りのお肉は全部食べられるのですごく食べやすくなりますよ。 ケンタッキーフライドチキンの「リブ」を食べやすくきれいに食べるコツ リブとは鳥のあばら部分にあたる部位になります。 人間の肋骨と同じでたくさん骨がある部分になりますので、ちょっと大変ですが、骨に染み込んだチキンの味も楽しみたい方はリブはおすすめです。 骨ごとにバラバラにすることができるので、それから食べると食べやすいですよ。 ケンタッキーフライドチキンの「ドラム」を食べやすくきれいに食べるコツ ドラムとは鶏肉の足の部分を指します。 骨が大きいので持ちやすく味にコクがある部位になります。 特に食べやすくする方法というのはないので、そのまま豪快にかぶりつきましょう!持ち手があるので小さい子供でも食べやすいですよ。 ケンタッキーフライドチキンの「ウイング」を食べやすくきれいに食べるコツ ウイングとは鳥の羽がに当たる手や腕の部分になります。 意外に脂肪が多めで味が濃厚なのが特徴です。 ウイングには太い骨と2本の小さめの骨があるのですが、小さめの骨の方を先に抜いておくと食べやすいです。 ねじりながら引っ張るとすぐに抜けるので、2本の小骨を取ったら大きい骨を持ちながらかぶりつきましょう! まとめ ~結局ケンタッキーはどう温め直すと美味しいのか? 今日紹介した方法と食べたときの感想をまとめておきますね。 オーブントースター・・・ジューシーさは復活。 パリっと感はあまりなし。 電子レンジ・・・ジューシーさのみ復活。 トースターと電子レンジの併用・・・ジューシーさと皮のぱりっと感が復活!揚げたてに近い。 フライパンの場合・・・面倒な割に1と同じくらいの食感。 魚焼きグリル・・・焼き加減にコツは必要だけど皮のパリッと感やジューシーさは復活。 揚げ直す・・・かなり温度を高めにしないとベチャッとなる。 うまく揚がればカリカリ感復活。 でもカロリーがかなり気になる(笑)• オーブンレンジのフライ温め(揚げ物温め)機能・・・楽!美味しい!でも少し時間がかかるので急いでるときには3のレンジとトースターの併用がおすすめ。 個人的には一番手軽で美味しく食べられるのは3のトースターと電子レンジの併用です。

次の

ケンタッキーの温め方で美味しさが変わる!おすすめの温め直し方!

ケンタッキー 食べ方

食べたことのある人が多いと思いますが、世の中に存在する色んなフライドチキンの中でも、まあトップクラスにおいしいです。 一度食べたら病みつきになる旨さ。 特にあの衣が絶妙な味で、あの衣だけ売って欲しいくらいという方も多いです。 食べたことのある方はご存知かと思いますが、実はオリジナルチキンは形も味も部位によって全然違います。 「さっき食べたおいしいのはどこの部位?」 「どの部位が当たりなの?」 「部位は指定して買えるの?」 「きれいに食べる方法は?」 など気になることが多いはず。 そこで今回はケンタッキーフライドチキン(KFC)の看板メニュー「オリジナルチキン」の・・・ 「部位の名前」 「特徴・味」 「上手な食べ方」 「部位の指定方法・選べるのか?」 などをまとめてみました! Ads by Google 目次• 値段(価格) まず最初にオリジナルチキンの値段(価格)から確認しておきましょう。 2ピース以上注文すると、1ピースあたり約245円~246円程度になってちょっとだけお得。 もちろん1ピースから気軽に購入可能。 変更の可能性もあります。 各部位の形、特徴、味 それでは、オリジナルチキンについて色々と見てみましょう。 オリジナルチキンは5種類の部位があり、1羽から9ピース分にカットされます。 kfc. html このようにカットされているため、オリジナルチキンには5種類の部位があり、形も味も様々です。 (ただし、骨なしケンタッキーやカーネルクリスピーは除く。 キール(胸) 肉質が柔らかくあっさりしたおいしさ! 胸肉なのでジューシーさは少なく、若干パサパサしているかなと思います。 食べると喉が渇きやすい。 ただし、骨が少なめで、お肉の量は非常に多い気がします。 軟骨と小骨以外はほとんど肉。 もちろん軟骨も食べられます。 ウイング(手羽) ゼラチン質や脂肪が多く、コラーゲンが豊富で味も濃厚! 胸肉部分は若干パサパサしていますが、2本の骨周りは非常にジューシーでおいしいです。 小さめでお肉の量は少なめな気がします。 リブ(あばら) あばらの部位で、深みのある旨みがあり骨周りについた肉まで楽しめます! 見た目はずっしり大きいです。 若干パサパサしていて、スパイスが多めにつけられているのか味は濃いめ。 食べると喉が渇きやすい。 肉の量は多く、小骨が多い気もします。 あばら骨部分は味がしみ込んでいるのでしゃぶるとおいしいです。 サイ(腰) プリプリした肉質でしっかりした食感! 見た目の特徴としては三角形です。 個人的にナンバーワン! 一番おいしい部位です。 というか世間的にも、このサイ(腰)が一番人気があると思います。 肉の量は多いですし、脂がのっていて超ジューシー。 さらに食べやすい。 はっきり言って5種類の部位の中でも別格だと思っています。 オリジナルチキンを注文してこれがきたらテンションが上がるレベル。 これがきたら「当たり」と思っていいでしょう。 (もちろん好みは人それぞれ) ちなみに、背骨の内側についているレバーに似た黒いものがついていますが、これは肝や砂肝と同様、食べられる内臓(腎臓)ですので、もちろん食べてOKとのこと。 ドラム(脚) 鉄分が多く、味にコクがあります! 持ちやすいから子供に人気の部位! 見た目は細長く、持ちやすい形のザ・フライドチキンという感じ。 非常に食べやすいですね。 確かに他の部位と違ったコクがありおいしいです。 ただし、太い部分はお肉がずっしりなんですが、細い部分は衣と軟骨しかありませんので、肉の量が少なめで、もの足りない感じがします。 もちろん軟骨も食べられます。 最近ケンタッキーへ行くと、トレイにイラスト付きでこの食べ方が書いてあり、ケンタッキー公式YouTubeで動画でも解説しているらしいのでまとめました。 骨付きのフライドチキンって食べにくいですし骨が邪魔で面倒ですが、これを見れば今までよりさらに美味しく楽しく簡単に食べられるので超オススメ! 覚えておいて損はありません。 キール(胸) 1.細い部分にペーパーナプキンなどを巻かずに、両端を素手で持ちます。 (豪快に片手でもOK) 2.あとはお肉の部分を回しながら食べて下さい。 関節部分の軟骨も食べれます。 ------- YouTube公式チャンネルで紹介している食べ方と、店舗のトレイに書いてあるイラストの食べ方はほとんど同じですが、若干食べ方が異なるようです。 一応、イラストの方の画像も載せておきますので、分かりやすい方を参考にして下さい。 とりあえず、皆さんが思っているより食べれる部分は多く、綺麗に骨を残して食べることが可能! 今まで食べ残しがあった方は、しっかりと食べ方を覚えて、これまで以上にオリジナルチキンをおいしく存分に味わいましょう。 部位の指定方法・選べるのか? ここまでオリジナルチキンについて色々とご紹介しましたが、ここで気になるのは「部位を指定して購入できるのか?」だと思います。 要するにサイ(腰)とドラム(脚)が大好きな私が、お店へ行って「オリジナルチキン1ピース、部位はサイ(腰)を下さい!」や「オリジナルチキン2ピース、部位はサイ(腰)とドラム(脚)を下さい!」と注文するのはアリなのかナシなのかという話。 公式サイトによると・・・ ケンタッキーフライドチキンの「オリジナルチキン」は、KFC登録飼育農場で育てられたハーブ鶏のおいしさをそのままお届けするため、カットした形のまま調理しておりますので部位によって形が異なりますが、どのお客様にも公平に商品をご提供できるよう、組み合わせを決めさせていただいております。 パーツのご指定につきましては、上記の通り、商品の特性上、原則お断り申し上げておりますが、その時の調理状況によりましては、「サイ(腰)」を除く部位において、少数であればご要望にお応えできる場合もあります。 ただし、お受けできる場合も、お待たせすることやご要望のすべてにはお応えできない場合もありますのでご了承願います。 kfc. html このように記載してありました。 つまり、 部位を指定して購入するのは原則禁止! ただし、その時の調理状況によっては、 「サイ(腰)」以外の部位なら、少数であれば部位を指定してもいいよ! という感じですね。 そして要望を受け付ける時も、お客様を待たせることや、要望のすべてにはお応えできないので、あまり期待しないでね? あと、一部店舗では受け付けられないよ? って感じです。 なので、基本的には店員さんのさじ加減やその時のストック、そして注文するピース数によって、どのチキンがくるか決まるわけですね。 やはり一番人気でおいしい「サイ(腰)」だけ部位指定できないのは、やはり一番人気でおいしいからですかね? 温め方 オリジナルチキンを購入してお店の中ですぐ食べるならいいですが、お持ち帰りやドライブスルーなどで購入した際、チキンが冷めちゃう時がありますよね。 また、たくさん買ったけど食べきれなくて冷蔵庫に入れちゃったりなど。 そんな時は自宅などで再び温め直して、熱々のオリジナルチキンを食べたいはず! という事でご紹介。 電子レンジ お皿などに載せてラップをせずに1個につき30秒~1分温めます。 一番手っ取り早い方法。 ただ、お肉が固くなってパサパサになり、ジューシーさが無くなるのであまりオススメできません。 電子レンジよりはマシだと思いますが、やはり少しお肉が固くなってパサパサになり、ジューシーさが無くなる気がします。 魚焼きグリル 弱火でじっくり中まで温まるように温めます。 焦げないようにしっかりと見ておきましょう。 これがまだマシかな?と思います。 ------- 結論としては、やはりお店で食べるのが一番おいしいです! そして、やはり揚げたてが最高ですね。 時間が立つとどうしても味が落ちます。 持ち帰る場合はフタや袋を開けておき、水蒸気が溜まらないようにすれば若干マシになるかもしれません。 ただ、電車やバスでフタや袋を開けておくのは匂いで周りに迷惑がかかるのでやめましょう。 (徒歩や自転車、自家用車でなら大丈夫かな?) とにかく持ち帰る場合も、出来るだけ早く、冷める前に食べることをオススメします。 まとめ ケンタッキーフライドチキン(KFC)の看板メニュー「オリジナルチキン」に関する、様々な情報をご紹介させて頂きました。 部位の名称や食べ方をしっかりと覚えておくと、さらにオリジナルチキンをおいしく楽しく食べられるはず! たくさん買ってみんなで食べる時も、これを覚えておけば当たりの部位を独り占めできちゃうかもしれませんね。 慣れるとパッと見ただけでどの部位か分かるようになります。

次の

【ケンタッキーの上手な食べ方】手順とコツまとめ【公式動画あり】 | 教えたがりダッシュ!

ケンタッキー 食べ方

みんな大好きケンタッキー。 この時期、そう「クリスマスは毎年ケンタッキーで決まり!」という人も多いに違いない。 どうやら海外の人から見ると奇異に映るようだが、 そんなの関係ねえ!! 日本ではクリスマスとケンタッキーは切っても切り離せない深い縁があるのだ。 ・試験的に導入開始 ケンタッキーによると、チキンは手で持って食べるのが 一番美味しい食べ方だという。 一方で「手で持って食べたいが、どうしても手が汚れてしまう」という意見も多く、今回の『フィンガーナップ』の導入が決定したということだ。 フィンガーナップは現在のところ、首都圏と関西圏の合計222店舗で試験的に導入されている。 目印は店頭のサインで、導入店には ステッカーが貼ってあるので参考にして欲しい。 またフィンガーナップを希望する場合は、店員さんに「フィンガーナップ下さい」と注文しよう。 ・原始的だが優秀なアイテム というわけで、最寄りのケンタッキーでオリジナルチキンを3ピース購入し、フィンガーナップも2枚もらってきた。 親指と人差し指にはめて使うフィンガーナップは、原始的ではあるが しっかりと指をガードしてくれている。 さっそくフィンガーナップを装着した状態でオリジナルチキンを食べてみると…… 確かに手が汚れない! マジで手が汚れない!! こいつは優秀だぞ! 単純明快、シンプルな構造だけに、自分がミスさえしなければ一切手に油がつかないことが判明した。 ・マジで手に油がつかない スマホをいじりたい人や、ネイルをしている女性、さらには単純に「油がつくからケンタッキーは……」と敬遠していた人にも、フィンガーナップはかなりオススメである。 とにかく…… 手に油がつかない! 手に油がつかない!! マジで手には油がつかないのだァァァァアアアアア!! 再三申し上げる通り、かなり優秀なアイテムなので、手に油がつくのが気になる人は、店員さんに「フィンガーナップ下さい」と注文してみよう。 これまで以上に豊かなケンタッキーライフが待ってるぜ! 参照元: Report: Photo:RocketNews24.

次の