レブロン ジェームズ 身長。 【マイボー!!】ジェームズJの本名は?高校/身長/ニキビ/ごきげんようがTikTokで大人気!

レブロンジェームズの年俸は?経歴と身体能力の凄さから息子の実力や妻の顔画像まで徹底調査

レブロン ジェームズ 身長

NBAキャバリアーズのレブロン・ジェームズ(30)がコート上をどれくらいのスピードで走っているのかというデータがある。 米スポーツ専門局ESPNで紹介されたもので、彼は2メートル3、 113キロというサイズながら瞬間最速で100メートルを10秒9相当のスピードで走っていた。 だから彼をマークする選手は同じ走力が必要。 するとトレーニングは当然、スキル以上にフィジカル面の強化が必要になる。 最低でも100メートルを10秒台で走れるフォワード。 世界でもそんな選手は数えるほどしかいないかもしれないが、 バスケットボールの最高峰を目指そうとすると、走力という基本的運動能力が常に試されるのである。 都内の体育館で小学校低学年を対象としたバスケットボール・クリニックを見てきた。 この年齢ならば、まずスポーツを楽しくやらせることが重要だろう。 ドリルのいくつかにはそんな意図が見え隠れしていた。 だが同じ年代の子どもたちを対象にした 米国のクリニックでは、この年齢から走力の大切さを自然に叩き込んでいる。 ただしこの1対1のドリルでは、ボールを持ってドリブルする子がいくぶん距離の短いイスを回る。 そしてディフェンス側の子は遠い方の椅子が折り返し地点。 ハンデ戦だが、駆けっこが早い方が勝負を制するのである。 現在、北京で陸上の世界選手権が開催中。 もし身近にスポーツ少年、スポーツ少女がいたら、競技に関係なく世界のトップ・アスリートの走りを見させてほしい。 それはやがて大きな財産になるはずだ。 (高柳 昌弥).

次の

レブロン・ジェームズとマイケル・ジョーダンの徹底比較!

レブロン ジェームズ 身長

2014年には古巣であるクリーブランド・キャバリアーズに移籍。 レブロン地元の地で本当の意味でのNBA優勝を目指ている。 レブロン・ジェームスの身体能力 レブロン・ジェームスの身長は203㎝、体重は113㎏と比較的大型プレイヤーではあるが、試合の流れに応じてポジションをガードからセンターまでこなすオールラウンダープレイヤーであり、その体格からは想像できないスピードとガード顔負けのドリブルテクニックで相手を翻弄し、繊細なシュートや、パワーで圧倒するダンクなど、あらゆるプレーが出来る類をみない選手である。 NBA界の中では決して大型プレイヤーには属さないレブロンだが、203㎝、113㎏とゆう数字だけ見るといかに体が大きいかわかる。 その強靭な肉体は怪我にも強く、2003年にNBA入りした時から2014年の11年間、試合を長期間離れるような怪我を一切しておらず、体のケアにも神経を使っているそうだ。 だが、NBAタイトルを獲得したヒートでの連覇の実績と経験により、現在は精神面も安定しているプレイヤーと評されるようになった。 マイケル・ジョーダンとレブロン・ジェームスを比較 レブロン・ジェームスが活躍するほど、過去の名プレイヤーと比較されることが多いのだが、一番比較されているのが、あのマイケル・ジョーダンだ。 マイケル・ジョーダンは90〜93シーズン・95〜98シーズンとスリーピートを2度経験しており、得点王にも通算10回も獲得している。 マイケル・ジョーダンは得点能力が非常に高く、オフェンスに注目がいきがちだが、1988年にはディフェンシブオブザイヤーに選ばれるなどディフェンスに対しても定評がある。 そんなマイケル・ジョーダンとレブロン・ジェームス。 もし仮にマイケル・ジョーダンとレブロン・ジェームスが同じ世代にいたらどうなっていたのか?専門家の話では「レブロン・ジェームスは個人の能力が非常に高く、身体能力だけでいえばレブロン・ジェームスの方が数段上だろう。 しかしマイケル・ジョーダンは個人の能力もさることながら、周囲に影響を与える能力とチームを引っ張っていくリーダーシップが突出している。 それに加え精神面でも完璧であり、幾度となくチームを危機から救ってきた。 」と話している。 他にも元NBAプレイヤーの話で「もし1on1の大会があってレブロン・ジェームスとマイケル・ジョーダンが対戦したら間違いなくレブロンが勝つだろうね。 でも試合となるとレブロンはマイケルには到底及ばない」と話している。 マイケル・ジョーダンはシカゴブルズに入団してから引退するまで一度も移籍する事なくシカゴブルズでプレーをし、他の選手がトレードされてもマイケル・ジョーダンはチームに優勝をもたらしている。 しかしレブロン・ジェームスは10〜11シーズンにマイアミヒートに移籍し、ドウェイン・ウェイドやクリス・ボッシュといったビックプレイヤーと共に優勝をしている事から、レブロン・ジェームス個人だけの力と影響力ではNBAタイトルを獲得することは困難であることがわかる。 しかし、2014年にレブロン・ジェームスは古巣であるキャバリアーズに移籍。 現在のキャバリアーズにはウェイドやボッシュといった目立ったプレイヤーがいない為、レブロン・ジェームスがいかに周囲に良い影響をもたらし、チームをどう引っ張っていくかが注目されている。 今後レブロンがキャバリアーズでNBAタイトルを獲得できるのであれば、マイケル・ジョーダンと肩を並べることになり、もしかするとマイケル・ジョーダンを超える可能性がある。 【バスケ関連記事】.

次の

最も稼ぐNBA選手 レブロン・ジェームズ年収、史上最高の100億円に

レブロン ジェームズ 身長

Contents• 追記:2014年6月20日 レブロン、残念ながらNBA3連覇を逃しましたね…。 今回はサンアントニオ・スパーズの 圧勝でした。 スパーズはボールも良く回っていましたし、対するヒートのディフェンスは破たんしていました。 来シーズン、ヒートは同じ顔ぶれとはいかないでしょう。 マイケル・ジョーダン以来の 3連覇は果たして誰が成し遂げるのでしょう。 レブロンの高い身体能力、鋼の肉体を持つ男 レブロンは 身長203㎝、体重113㎏の大男です。 マイケルジョーダンより二回り大きい感じですね。 と言ってもNBAの中では特別大きくはありません。 レブロンは 史上最高のオールランドプレイヤーとの評されています。 その体格に似あわず、ボールハンドリングも良く、パススキルも高いので 本来のポジションであるスモールフォワード以外に ポイントガード、シューティングガード、パワーフォワードもこなせます。 フィジカルが強く、ボディーバランスも素晴らしいので シュート動作中に接触されても、それをものともせず シュートを決める能力を持っています。 今シーズンの レブロンのオフェンスハイライトです。 0:45~のプレイでフィジカルの強さ、ボディーバランスの良さがわかりますよね。 レブロンとマイケルジョーダンとの比較 現在NBAナンバーワンプレイヤーの一人であるレブロンは その実績とパフォーマンスから よくマイケルジョーダンと比較されます。 主な成績での比較だと マイケルは優勝6回、ファイナルMVP6回、シーズンMVP5回、得点王10回 レブロンは優勝2回、ファイナルMVP2回、シーズンMVP4回、得点王1回 マイケルの圧勝ですね。 しかし体格も加味した純粋な身体能力ではレブロンが上ではないか? という声も多いです。 ポジションが違うだけに比較するのが難しいですが 個人的には オールラウンドプレイヤーとしてはレブロンが上、 得点能力やクラッチシューターとしての能力はマイケルが上だと思います。 ディフェンスに関してはレブロン、マイケルともに毎年のように オールディフェンシブ1STチームに選出されているので甲乙つけがたいですね。 こちらはマイケルジョーダンのトップ50プレイです。 みなさんはどう思います? ちなみにレブロンは マイケルジョーダンをリスペクトしていて 入団時はマイケルと同じ背番号23番をつけていましたが 2009年にこう発言して背番号を6番に変更しました。 彼はわれわれが見てきた中で最高のバスケット選手だ。 マイク(ジョーダン)はコートの中でも外でそうだ。 23番を見ればマイケル・ジョーダンのことを考える。 NBAの選手は23番を着るべきではないと感じている。 誰であってもだ。 自分が23番をつけないのであれば、誰もつけることができないはずだ レブロンの性格は? キャバリアーズから ヒートへの移籍で悪者扱いされたレブロンですが 実際の性格はどうなんでしょうか? レブロンは高校卒業後に 鳴り物入りでNBAに入りました。 年俸はもちろん、ナイキなどと多額の契約金を手にしています。 若くして成功したプレイヤーの中には道を外してしまう人もいますが レブロンに関しては未だにスキャンダルもないようです。 基本的に 真面目な性格なんでしょう。 今シーズンレブロン率いるマイアミ・ヒートが NBA3連覇を達成する可能性は十分にあります。 そして今シーズン終了後はヒートの中心プレイヤーが フリーエージェントになり チームも解体するのではないかと言われています。 ちょうどマイケルジョーダンが後期3ピートを達成した時と 同じような状況にあります。 マジック・ジョンソン、ラリー・バードらが加わり凌ぎを削り、そして入れ替わるように登場したマイケル・ジョーダンによってNBAの人気は不動のものとなり、多少の浮き沈みはありながらも現在に至っています。 私自身、途中見なくなっていた時期もありますが、NBAってやっぱり面白いですよね! ここ数年NBAを見るのが復活したのも、レブロンなどの新たなスター選手の活躍があるからです。 ですので、レブロンもコービーも他の選手もみな好きですが、やはり「史上最高」はマイケル・ジョーダン以外にはあり得ません。 映像を見てもわかる通り、身体能力もジョーダンが上です。 例えば、ダンク時などの踏み切る位置のリングからの距離なども全然違います。 甲乙付けがたいながらも、ジョーダンの滞空時間は一歩上を行っています。 また、レブロンの「鋼のボディ」はおっしゃるとおりですし、私も見所の一つとして楽しんでいます。 しかし、(楽しみ方はそれぞれではありますが)バスケは、身体能力に裏打ちされた技やスピードでディフェンスを「かわす」プレーこそ醍醐味なのであって、相手を「こわす(蹴散らす)」プレーではないはずです。 確かにレブロンは規格外ですが、同様の「身体の強さ」を持つ選手は、何十年かに一人は出てきており、唯一の存在ではありません。 しかし、レブロンの「スゴさ&得な点」は、ジョーダンをはじめとする過去のスーパースターたちのエッセンスを参考にし、吸収できる「世代」だと言うことです。 もちろん、その世代にあるからと言って、誰もが出来ることではない中で、あらゆるプレーを吸収して新たなスタイルのレブロンならではのプレーを作り上げたところに、そのスゴさがあると言えます。 だからと言って、ジョーダンを凌駕するものではないでしょう。 私の個人的な感想としても、上記のように、当時ジョーダンが登場した時の「衝撃度」は、それまで経験したことのないものでした(マジックやバードのプレーも衝撃でしたが、ジョーダンのそれはレベルが違いました)。 では、その「ジョーダンの登場」とレブロンのそれを、敢えて比較してみれば答えは一目瞭然で、「おっ?評判通りスゴイ選手だなぁ。 これから楽しみだ」程度でしたね、正直のところ。 もちろんマジックやバードにも及びません。 しかも得点王は過去に何人も居ますが、得点のレベルもズバ抜けていますよね。 そして、コンスタントに得点すると言うことは、コンスタントに活躍する、、つまり好不調の波がほぼ無いと言うことでもあります。 昨年のスパーズとのファイナルでは、レブロンがあまり活躍出来ませんでした。 当たり前のことですが、レブロンが活躍出来なければチームは負けます。 しかし、ジョーダンのそのようなシーンは記憶にありません。 「クラッチシューターとしてはジョーダン」・・これも一見間違ってはいない ように見えて、実はそうでは無いと思います。 映像見ての通り、確かにジョーダンは「史上最高のクラッチシューター」です。 何度もその瞬間を目の当たりにしたもんです。 メチャクチャ勝負強いです。 しかしその勝負強さは、メンタルの強さもさる事ながら、得点王を何年にも亘り取るという「安定感」から導かれてもいます。 ご存じの通り、バスケは「習慣のスポーツ」と言われます。 試合などのシチュエーションをイメージして、同じプレーを何度も何度も繰り返し反復して練習することで、その精度を上げていくスポーツです。 ジョーダン自身も、プロになってからさらに猛烈にシュート練習をしたと、以前に語っていました。 そしてジョーダンは、各プレーの精度がズバ抜けて高いからこそ、他のスター選手よりも、さらに高い確立でシュートも入るのです。 逆に言えば、「ただそれだけ」のことです。 その「他人より確立が高い」ジョーダンが、肝心な場面でシュートを打てば、入る確立も高いわけです。 そして、むしろそこに、過去の苦い経験から得たメンタルの強さも加わり、私たちの目の前に「勝負所でメチャクチャ強いジョーダン」となって現れているのです。 「現れる」・・ジョーダンが現役時代に代名詞として言われていた通り、まさに『神』たる所以なのだと思います。 しかし、ジョーダンが「神」ならば、 レブロンは、神が作り上げた「モンスター」と言っても過言ではない。 ごんたまさん、コメントありがとうございます。 私はマジック・ジョンソン、ラリー・バードの時代が終わるころから見始めているのでごんたまさんの方が古いファンですね! ちなみにMJのDVDはULTIMATE JORDANも含めすべて所持している大のMJファンです。 個人的にはMJを超えるプレイヤーは今後もまず現れないと思っています。 そして同じ時期に生きれたことを幸運だとも感じています。 オールラウンドプレイヤーとしてレブロンを推したのは、彼はその体格から1番~4番までこなせるという点と リバウンド、アシスト面でMJより高い数値を残している点からです。 もちろんMJがずば抜けたオールラウンドプレイヤーであることは間違いありません。 彼のえげつないディフェンスの凄さも十分に理解しています。 (笑) スティール数ではMJが上ですからね。 ごんたまさんの 『各プレーの精度がズバ抜けて高いからこそ、他のスター選手よりも、さらに高い確立でシュートも入るのです。 逆に言えば、「ただそれだけ」のことです。 』 と言う意見には少し異論があります。 シュート精度に関してですが、FG%を見るとMJが他のプレイヤーを凌駕しているということはないと思います。 MJでも平均すればだいたい2本に1本は外しています。 MJの凄さは【ここぞ】という時の集中力の高さからくる勝負強さなんだと感じています。 そういったシーンではまず外さないですもんね。 (笑) 『しかし、ジョーダンが「神」ならば、 レブロンは、神が作り上げた「モンスター」と言っても過言ではない。 』 間違いないですね!(笑)• デビューから30年も今なお、多くのプレイヤーに影響を与える選手なんてバスケではジョーダン以外に知りませんが、シャックが抜けた後のコービーとレブロンの現在と、デビューから90年前半までと復帰して2回目の引退までのジョーダンを比較してみても比べるのが失礼だなと思うくらいの差なんてあるわけねーと思いますけどね。 しっかり見てやってくださいよ。 昔のジョーダンと比べても速くて新しいステップ使ってるし、ゾーンディフェンスや2000年以降増えまくったムキムキのインサイドプレイヤー、さらにアウトサイドの選手もそれらに当たり負けしないよう鍛えまくってるボディとか当時にないものが沢山あるじゃないですか。 全体的なレベルの底上げは間違いなくあります。 それはジョーダンやシャック、マジック、バード、ジャバー等スターはもちろん名前を聞いたこともないような沢山のプレイヤーが築いたものを受け継いで発展させてるからでしょう。 そのなかで、時代の中心にいる選手をどうも軽く見られてるような感を受けました。 書き込みからずいぶん時間経っていて、僕の書き込みを見るか見ないかわかりませんが、若いファンとしてコービーやレブロンを始めとするネクストジョーダンをあまりにも下に見られるのは残念っした。

次の