カビキラー アルコール 除 菌 濃度。 【 アルコール(エタノール)】の濃度による殺菌(除菌・消毒)効果について|地の塩社

ご存知ですか?カビキラーの成分の濃度について!! │ みるぺぺ

カビキラー アルコール 除 菌 濃度

次の3つの中でカビ菌に対して殺菌効果の高い順に教えて下さい。 消毒用エタノール、2. 逆性石鹸(塩化ベンザルコニウム)、3. 酸素系漂白(ワイドハイターなど) 北側の部屋の窓際のじゅうたんがカビで真っ黒の状態なので、健康上の理由からカビ退治をしようと考えています。 手順としては上記3つのいずれかで殺菌の後、チアベンタゾニウム(カビのガード)などの防カビ剤をスプレーしようと思っています。 ( ) 漂白作用が強いので次亜塩素酸ナトリウムは使えません。 カビ菌は真菌で糸状菌というのをあるページで見かけたのですが、逆性石鹸でも効果はあるのでしょうか? 安全性も高いらしいので塩化ベンザルコニウムを50倍くらいに希釈して使用できれば安価に殺菌できてベストなんですが、既にカビ菌で真っ黒な状態のじゅうたんに効果はあるのでしょうか?(カビで真っ黒なじゅうたんは有機物汚染されてる状態なのでしょうか?)。 カビの菌その物に対してはいずれもそこそこ有効ですが、胞子に対しては全く無効です。 カビキラーなどに強力な塩素系漂白剤と水酸化ナトリウムの濃厚液が入ってるのは、この胞子を退治する為です。 これが使えないという場合は、最も安全で強力な方法は、晴れた日に屋外に出して水と石鹸でブラシ等を用いてよく洗い、日干しで乾燥させる日光消毒でしょう。 しかしカビで黒くなった部分は色素が沈着してるので、漂白以外の方法で取るのは無理で、一度カビが生えてしまったものはまたカビが発生しやすくなります。 乾いた状態に保つ事がカビを出さないコツです。 今回はじゅうたんとの事ですので、綺麗にして復活するのはまず無理でしょう。 ご親切にご回答ありがとうございます。 結局、最初にエタノールをたっぷりと染込ませた後、表面をビニールで覆い1時間程置いた後乾燥させ、チアベンタゾールを塗布したのですが、胞子が残っていると思うと気持ち悪くなったのと、どうせカビで真っ黒なんだから漂白されても構わないとという気持ちが強くなり。 結局、カビキラー(塩素系漂白剤)を3本使ってたっぷりとカーペットに染込ませました(笑)。 不思議とカーペット自体の色落ちはほとんどありませんでした。 (化繊は色落ちしないのでしょうか?)真っ黒だった部分も、ほぼ周りと同化するくらいに復活しました。 ただ、カーペットの内部までたっぷりと染込ませたカビキラーが何度水拭きしてもふきとれません><。 乾燥した状態だと臭わないのですが、結露などで濡れると部屋中塩素の臭いで満たされそうな予感が・・・カビキラーの成分は自然に揮発して無くなったりはしないものなのでしょうか? いずれにせよ、結露対策が必要だという思いが強くなってきました。 Q エアコンの掃除をしようとカバーを開けた所、埃の多さとカビまで生えていることに驚愕して 思わず掃除機を使ってしまいました。 家族の助けを借りてエアコン自体は清掃したのですが、後で聞いた話では掃除機をカビに使うと カビの胞子を部屋中に撒いてしまうらしいのです。 確かに掃除機の排気孔からは、汚れた空気がガンガン吐き出されて埃もかなりまっていた気がします。 カビ胞子の害の話も同時に聞いてとても怖くなってしまいました。 家具や床などは可能な限りアルコールなどで拭き掃除しようと思いますが 一体どの程度まで掃除すればいいのでしょうか…? 壁や天井のアルコール消毒も必要ですか? デスクの引き出しの中身や、カラーボックスの中身、クローゼットの衣類なども拭き取りや洗濯をした方が良いのでしょうか 雑巾やゴミを持って移動したり同じ服装のまま歩き回ったりしたのですが、他の部屋の事も気にするべきですか? 神経質かもしれませんが、初めての経験なので勝手が分かりません…。 どなたかお知恵をお貸し下さい。 因みに私の部屋は立地の関係で窓が開けられず空気清浄機使用です。 A ベストアンサー ちょっとずれた話になってしまいますが、私は犬を飼っていますので犬まわり ゲージや床など の拭き掃除にオスバンを使っています。 オスバンといっても、薬局ではたくさんの種類がありますよね。 私は濃度の高い? つまり瓶の中身を云々というのは誤解を生じますので、塩化ベンザルコニウムを0. 2~0. 有効成分が揮発性なエタノールでしたらいいのでしょうが、口に入るようなものでしたらやはり使用は避けたほうがいいように感じています。 まな板もたとえば野菜用とかでしたらエタノールでもいいかなという気もしますが肉などを切るようなものでしたらそれでは不十分にも感じます。 2の参考URLの具体的な使用例にもありますように漂白剤を使用したほうがいいのではないでしょうか。 Q 某大型食品量販店でバイトしています。 最近、売り場の汚れが気になって、徹底して清掃することにしました。 その最中に厄介を極めたのが、届かない場所に生えてるカビ。 ブラシも届かず、指も入らない、細い場所に白い層を作ってたりしてるんですね。 洗い落とすことが出来ないので、取り敢えずアルコールスプレーをしてみました。 アルコールスプレーは殺菌に使ってて、カビにも効果があるかな?と思ったのです。 効果があるのかどうか分からないですが、スプレーを吹きかけた部分は、白い部分が濡れて黒くなったりしたのですが、正直除菌されたのか濡れただけなのか分かりません。 それで質問したいのですが、カビにアルコールのスプレーを吹きかけて、除菌することは可能でしょうか? また、アルコールスプレーを定期的に売り場に吹きかけてるだけで、カビの予防になるでしょうか? お手数ですが、ご回答お願いします。 空気清浄機の加湿機能は調湿の中の補助的な要素であり、除湿が出来ない事と能力面では専用の加湿器に劣る為、補助的機能です。 しかし、同時に空気清浄をしながら加湿が出来、しかも空気清浄能力や静電気防止、空気中の塵埃や花粉や浮遊やカビ菌の抑制にも効果がある事が証明され、しかも空気清浄機の24時間連続運転と連動させれば十分な適湿を維持出来る点が広く知れ渡り、加湿空気清浄機の人気や評価が高まったのです。 お薦めの加湿空気清浄機の、その要素としては、主に除塵・脱臭・除菌への効果効能を待ち受け(フイルターや電極にて捕集)と空中浄化(プラズマクラスターイオンの働きで除菌や防カビ・除電)する。 さらに、湿度を快適に保つことは、過加湿による結露問題を除き、お部屋の乾燥防止・静電気の除電・インフルエンザウイルスの抑制(ハーパーの法則)・肌や毛髪や喉の保護・暖感の向上・プラズマクラスターイオンの活動能力upと効果増大の効用が有り、空気清浄機と併用する事でより効果的な機能です。 2者択一では無いまでも、かなり構造や機能で矛盾する事が多く、使用条件が分からず既往される機能のプライオリティによっても商品の評価は変わります。 小型で高性能で多機能で、公的機関で効果効能を実証され、騒音やお手入れや省エネン性能と購入価格等で優れた一品を推奨するのは中々難しいです。 ただ言えることは、カビの胞子をフイルターでキャッチするだけでなく空中に浮遊する胞子の不活化をに効果効能を公表し、公的機関や実使用シーンでのデーターで裏付けを取っているのはプラズマクラスターイオン方式の空気清浄機です。 <まじめな責任感の強い仲人の心境・特定商品をお勧めするのはネチケットへの抵触> メーカーや特定商品を決め付けないのは、空気清浄の仕組み、除菌のメカニズム、ハウスダストorアレルゲンへの捕集&不活化&抑制効果を多層的に見ると、すべてにおいてNO-1と決め付けるのは困難、無責任、誤解を招く恐れがあるからです。 そして、曖昧な説明と優良誤認や過度な効果効能への誤解を招き兼ねない商品推奨はサイトを利用しての営業活動にも類似する行為だと自覚自戒する為です。 空気清浄機が処理する前に、在室の人間が呼吸による有害物質を吸い込んだり、乾燥による被害を受け、しかも空気清浄機の吸引力の限界からお部屋の中に効果が行き渡らないデッドゾーンが多く存在するからです。 それには、空気清浄機の物理的に大きさの制約・風量騒音も大きく関係しており、健康や快適面への効果効能を優先すると、余り小型・廉価型・フイルター並びに空気清浄機内での除塵・脱臭・除菌しかしないタイプはお勧めしません。 従って、私の使用感では、大きな性能の空気清浄機よりも、24時間365日、高性能(効果効能・静音・省エネ高効率)の加湿空気清浄機(プラズマイオンでの空間浄化)にてお部屋を絶えず快適空質にキープして置き、人の出入り等による負荷の増大には素早く対処してくれる商品がお薦めです。 さらに、出来れば、空気清浄機の効果を相乗的に高めてくれる加湿機能付き、衣服に花粉や排気ガス、ハウスダストをくっつけて来て、部屋に浮遊したり、人の動きで、それらが舞い上がり呼吸にて体内に吸引されアレルギー症状を引き起こすのを防止する除電効果も総合的にお部屋の空気の浄化や空気感染の防止、カビ菌の発生増殖の抑制には欲しい機能です。 特に、その時の消費電力とセンサー機能での自動切り替えが有れば、自動運転t静音モードでの24時間365日運転をしておけば、何時でもお部屋が快適&健康的な空質キープに繋がり、しかも消費電力が少なく静音です。 それは有害な物質やガスやアレルゲンを吸着したり捕集しているのであり、その部分を通過した空気が再拡散や放出の可能性が高く、中にはカビやウイルスの増殖コロニーに成りかねないリスクが有ります。 また、空気清浄機の使用目的である除塵やアレルゲンの捕集や抑制効果が減衰したり性能の劣るスペックの商品も見られ、それは健康&快適性の向上に対し本末転倒だと思うからです。 我が家は、ペットのいる部屋は勿論ですが、各室にプラズマイオンの加湿空気清浄機を1室1台設置・24時間365日運転で活用しております。 wikipedia. ~ご参考~ 空気清浄機は、快適性と健康面でお部屋... Q 掃除などをする際の除菌する商品について、 お店でも除菌する商品として、ほとんどが アルコールが使われているものです。 アルコールだと手が荒れるのでネットで 調べてみると、次亜塩素酸水 微酸性 が非常に 良い 食品添加物にも使われているため、安全性が 高く、除菌できる菌の種類もアルコールより多く、 手も荒れない というのを見ました。 しかし、次亜塩素酸水は、一般に流行っていないですよね。 そこまで良いなら、色々な商品が売られていたり、お店などで、 もっと出回ってても良いと思うのですが。 ということは、次亜塩素酸水も何かしらのデメリットなどが あるのでしょうか? 次亜塩素酸水のデメリットと流行らない理由を 教えていただけると助かります。 A ベストアンサー デメリットとしては ・次亜塩素酸ソーダは金属を腐食する怖れがあります。 もちろん水洗いすればよいことですが。 ・それに希釈した次亜塩素酸ソーダは時間が経つと消毒効果が低下するので消毒用商品としては適さない。 デメリットではないですが 次亜塩素酸ソーダは単価が安いのでこれを希釈して商品化しても商売になりにくい。 他方アルコールは食品のイメージから何となく安心感があり希釈品であっても価格設定を高くしても売れる。 食品業界では大量に使用するので次亜塩素酸ソーダが多いのではないでしょうか。 野菜等の食品の消毒にも使用されています。 leasekin-nishitokyo. html タイトルには冬とありますが、掃除の仕方は同じです。 まぁこれだけやってもカビの総数は10分の一位です。 折角減ったカビを増殖させないためには先の回答者の様に換気が重要です。 しかしより積極的にカビを増殖させない方策はないのか? さてここからがTV番組ではやらない秘策があります。 しかも効果があって安全性が高くてお値段も缶ジュース代程度! みのもんた風に「奥さん信じますか?」 だからTV番組では決して紹介されないんです。 部屋干し用洗剤やデオドラント剤、ファ部リーズなどこれが知れ渡ったら大打撃ですからね。 さてその正体ですが、ミョウバン水です。 漬物の色落ち防止や煮崩れ防止など使われるあの「ミョウバン」です。 ueda. gomiclinic. biglobe. お父さんの臭い足が歩いたカーペットなどにも軽くスプレー。 効果に疑問があればまず浴室内で試してみてください。 カビの増殖が確実に抑えられているのが目でみて分かります。 体もカビなどで汚染されていますし体臭予防も兼ねてミョウバン風呂をお薦めします。 湯船にミョウバン水の原液を50cc入れるだけです。 残り湯に洗面器などを漬けて置くとヌルヌルなどが発生しません。 更に風呂を落とす前に浴室内の壁にかければ効果があります。 洗濯物などの濯ぎの時にミョウバン水原液を50cc入れて濯ぐと汗をかいても臭いにくくなります。 但し毛糸物ではたんぱく質を締めてしまいますから縮み易くなります。 その場合には乾燥させる時にミョウバン水希釈液を軽くスプレーする。 スプレーしても乾燥時間は大差ありません。 拭き掃除の際には洗剤で汚れを落とした後、濯ぎ水にミョウバン水原液をキャップ一杯入れて拭くと効果的です。 窓ガラス、カーテン等、壁も軽くスプレーしてやるとカビ予防になります。 後、トイレのアンモニア臭にも効果的。 便器や床などにスプレーしてやると乾いた頃には劇的に臭いが減少します。 赤ちゃんの使用後の紙おむつの汚れた処にスプレーして置くと夏場でも臭いません。 後、ミョウバン水20倍希釈液は収斂化粧水として使えますから、日焼けで肌が火照った時にカラミンローション代わりに使えます。 汗を拭くウェットティッシュに含ませておくと便利でしょう。 汗かいた時にすぐ拭くと汗の臭いで蚊が寄ってくるのが少なくなります。 ワンコの散歩で実験しましたが専門家の研究報告などされていないのであくまで経験的なものですけど。 カビ掃除の際にはゴム手袋とマスクは必ず使う様にしましょうね。 カビは油断すると知らず知らずに悪影響を受けますから・・・ 尚、ミョウバンの経口毒性は塩や砂糖と同じ位です。 食品添加物として昔から売られているものですのでその点では実績がありますよね。 leasekin-nishitokyo. html タイトルには冬とありますが、掃除の仕方は同じです。 まぁこれだけやってもカビの総数は10分の一位です。 折角減ったカビを増殖させないためには先の回答者の様に換気が重要です。 しかしより積極的にカビを増殖させない方策はないのか? さてここからがTV番組ではやらない秘策があります。 しかも効果があって安全性が高くてお値段も缶ジュース代程度! みのもんた風に「奥さん信じますか?」 だからTV... A ベストアンサー 薬用石けんに強力な殺菌力はないです。 次亜塩素酸(塩素系漂白剤に使われるやつ)は良く効きますが皮膚消毒には適さないので。 とにかく手洗いは正しい方法で行い"菌を洗い落とす"を心がけて、消毒薬が用意出来るならウェルパスでも置いておいてはどうでしょう。 逆性石けん(どのくらいに薄めるべきか説明書に書いてあります。 濃すぎると皮膚にダメージを与えます)を使っても良いでしょうが、逆性石けんは普通の石けんを混ざると効果がなくなりますので使用には注意が必要です。 Q こんにちは。 梅雨も長引き、カビの増殖に頭を悩ませられている今日この頃です。 しかし、どうも塩素系除菌剤は使いたくありません。 少し神経質なんです(;;) そこで、TV等で汚れの落ちるといわれているスチームクリーナーの購入を検討しています。 これまでの回答を見ていると、カビに効く・効かないで意見が分かれているように思えます(カビを落とすことはできないが、滅菌はできる・高温のスチームを出せるものなら効く、等)。 また、一緒にお勧めのスチームクリーナーをご紹介いただければ助かります。 玄関の繁殖がひどく(風呂場・台所は天然成分アルコール除菌剤で"それなりに"きれいにしました。 効いているのかはわかりません)、困っています。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 近所のホームセンターで1万円以下で買ってきた物を使用しています。 カビということですが、原理からして取り除くことはできても、薬剤にあるようなカビの繁殖を抑えるような効果はないはずです。 ところが実際には、普通のカビ専用の洗剤などで掃除したときよりも次にカビが出てくるまでの期間は確実にながくなりました。 これは憶測ですが、スチームでカビの除去をかねて掃除すると薬剤よりもカビの養分になるような汚れも取れるからではないかのかと思います。 油汚れの掃除もそうなのですが、薬品を使わないというのは気分がいいですよ。 ただし、高温の水蒸気を使いますので、樹脂など熱に弱そうな部分への噴射には気をつけた方がいいです。 Q 風とおしが悪くあまり日が当たらない部屋のカビ対策について教えてください。 これまであまりカビ等は気にならなかった(気が付いてなかったのか)のですが昨年の冷夏で雨が多かったせいか5月ぐらいから体調を崩し、原因を考えるとやはりカビかもと思いました。 実際、体調を崩した時期に部屋のカーペットの隅に生えていて(アルコールスプレーで消毒)昨年は雨のせいか特に多かったように思う。 それからとにかくこまめに掃除をし、家にいる間はドアは全開。 除湿剤(3個セットでドラッグストアなどで売っているもの)を部屋の隅にそれぞれ置き、今年は完璧と思いきやクーラの掃除を今日しようとしたところ愕然。 クーラにカビが生えているのを発見。 考えてみれば昨年は、寒かったせいもありクーラー自体は8月に2回ぐらい動かしそのままでした。 旧式のクーラーなのですが市販のクーラ用洗浄スプレーを1本で良い所、2本使い洗浄した次第です。 長くなってしまいましたが同じように風通しの悪い部屋や家に対してなにかアイデアはありますでしょうか? やはり、空気清浄機、除湿機を購入したほうが良いのでしょうか? またカビ対策として皆さんが実行されている事などを是非教えてください。 よろしくお願いします。 風とおしが悪くあまり日が当たらない部屋のカビ対策について教えてください。 これまであまりカビ等は気にならなかった(気が付いてなかったのか)のですが昨年の冷夏で雨が多かったせいか5月ぐらいから体調を崩し、原因を考えるとやはりカビかもと思いました。 実際、体調を崩した時期に部屋のカーペットの隅に生えていて(アルコールスプレーで消毒)昨年は雨のせいか特に多かったように思う。 それからとにかくこまめに掃除をし、家にいる間はドアは全開。 除湿剤(3個セットでドラッグストアなどで売って... A ベストアンサー カビ対策 ・除菌 部屋全体を除菌して下さい。 消毒用エタノールがお勧めです。 (薬局で販売) 但し、ニス等の塗装面やフローリングでは白く変色する場合があります。 カーペットはたまに干して下さい。 干せないサイズでしたら干せるサイズに変更して下さい。 ダニもカビも付きます。 但し、滅菌できても再発します。 ・湿度 湿度が高くならないように工夫して下さい。 観葉植物や観賞魚を置かない。 台所や浴室から湿気が入り込まないよう工夫。 但し、乾燥を好むカビも存在します。 ・通気 空気が流れるように工夫してください。 例えば壁とタンスを数センチ離しても風が通らぬようでは埃がたまりカビも生えます。 押入れのスノコは空気が流れるようスノコの足がこちらを向くように配置する。 それでも止まらないようであれば、防カビスプレーを塗布して下さい。 現在市販されているもので効くものはありません。 (JIS防カビ規格のレベルが低すぎるため)ネットで検索すればでてきます。 安全で効果のあるものを選択してください。

次の

カビキラーアルコール除菌の濃度は安全?不安や疑問を解消します!

カビキラー アルコール 除 菌 濃度

「フマキラー キッチン用アルコール除菌」のエタノール濃度は? 「フマキラー キッチン用アルコール除菌」のエタノール濃度を尋ねると、すぐに 「およそ45%です」と回答がありました。 こちらは ネットの情報でも45%であるとのことだったので、聞かれたら答えるスタイルなんですね。 ついでに「今流行のコロナウイルスにはさすがに効果ないですよね?」と聞いてみたところ、「試験できていないためはっきりとは言えないが、インフルエンザウイルスのようなアルコールに弱いものには効果があるため、ドアノブ等の手が触れる場所の除菌には効果があるものと考えられます。 手指の消毒には使用できませんが…」と教えてくださいました。 そこでは 「エタノール濃度49%」と表記されているので、45%程度と答えていても実際は少し多めに入っているのかもしれません。 以下、個人的感想 45%だとそんなに高い濃度というわけではないですが、きちんと開示してくれるんですね。 「ジャム瓶等に使う予定なら、熱湯消毒の方が殺菌できていいですよ」というアドバイスもくれて、正直だなという印象です。 こちらはネットで調べても濃度がわからなかったので、アバウトでも答えが聞けて良かったです。 以下、個人的感想 「高濃度アルコール(業務用製品等を除く)」とパッケージに書いてあるので、もっとビシッと濃度を答えてほしかったですが、やはり正確な濃度は答えてくれないものなんですね。 「イオントップバリュ キッチンアルコール除菌スプレー」のエタノール濃度は? 「イオントップバリュ キッチンアルコール除菌スプレー」のエタノール濃度を尋ねたのですが、「確認しますのでしばらくお待ちください」と言われ、少し待つことに。 その後すぐに「24%以上です、ということだけお答えできます」と回答がありました。 ついでに手指の除菌についても聞いてみましたが、「使用できなくはないが、肌保護成分が入っていないためオススメできない」と教えてくださいました。 以下、個人的感想 質問ごとに待ち時間が発生したうえ、返ってきた返事が慎重な感じだったので、どこか関連部署等に確認していたのかな?と感じました。 少し時間はかかるものの、確認体制がしっかりしていて安心感がありますね。 すばやく安全に除菌したい場合は、「ドーバー パストリーゼ77」のような エタノール濃度70~80%の除菌スプレーを用いる方が効果的ですが、食卓やキッチンの台をふいたりするのに使うには値段が高すぎますよね。 フマキラーのキッチン用アルコール除菌スプレーについて、手の除菌にしても問題ないかを「フマキラー(株)お客様相談室」に問合わせたところ、「当該製品は法的に医薬品としての認可を受けておらずまた、手に使用した場合の効果等を確かめてはおりませんので、メーカーとしては確証をもって大丈夫だとは言いきれません。 」との返答でした。 主旨はわかりますが、客対応なのだからもう少し言い方があるのでは?と感じました。 これとは対照的だったのがアルタン(株)です。 同様の内容で問合わせたところ、「アルタン78-Rは手指の除菌目的でご使用頂いても成分上、安全性や効果に問題はございません。 汚れを落とす効果についてはアルコール度数 78度 によるものと推察致します。 しかし、本品は製品分類を「食品添加物」として販売しておりますので、基本的には食品を扱う現場で、調理器具や物品にお使い頂く商品となっております。 食品工場・飲食店様などでは、食品に触れるという点を考慮し手指にも食品添加物である本品をご利用頂いている事例は多数ございます。 また、消毒用アルコールでも同様のことですが、使用頻度によっては皮脂がアルコールに溶けて脱落するのを繰り返すことによって手荒れを起こすことがあります。 異常が発生した場合にはすぐに使用を中止してください。 以上の点をご了承頂き、ご使用下さいます様お願い致します。 」と、ひじょぉ~・・・・・~に懇切丁寧な誠意ある回答を得られました。 「汚れを落とす効果についてはアルコール度数 78度 によるものと推察致します」というのは、私がこのアルタン78-Rをティッシュに噴霧して机などを拭くと、何回拭いても黒くなって汚れが落ちていることが目に見えて明らかなので、この点にもふれたことによります。 アルタン78-Rのアルコール度数は78度とのことで、フマキラーのキッチン用アルコール除菌スプレーは約45%ということなので、アルコール度数は45度でいいですね?こちらを同じようにティッシュに噴霧して机などを拭いても黒くはなりませんでした。 汚れの落ちはアルタン78-Rに比べたらアルコール度数で33度も少ない分、効果は低いようです。 問題は手の除菌効果で、こちらも低いようでは困ります。 この点はどの程度か素人にはよくわかりませんが……。 ま、きちんとした対応をしてくれた会社の製品の方が、品質も良く感じられるのは人情ってもんでしょう。 企業イメージの観点からも、「お客様相談室」との看板を掲げているならなおさら、回答の言い方にはもっと気をつかってほしいと思いました。 ところで、手の除菌用で使うアルコールスプレーですが、このサイトで扱われているフマキラー、カビキラー、イオントップバリューの3社以外でもいろいろあると思います。 もっとなんか手ごろで効果がそこそこある製品はありませんか?ご案内願います。 返答が遅くなってしまい大変申し訳ありません。 手の除菌には(気休め程度に)100円ショップの除菌ウエットティッシュしか使っていなかったため、少し調べてみました。 サクラ様が現在使用している「アルタン78-R」と同じくらいアルコール(エタノール)が入っている製品は、スプレータイプだとサラヤの「手指消毒 アルコールスプレー VH(76. 9~81. 4%)」、ジェルタイプだと健栄製薬の「手ピカジェル(76. 9~81. 4%)」などがあるようです。 私も素人なので確実に大丈夫とは言えないのですが、除菌効果はエタノール濃度70~80%程度が最も高いようなので、そのくらいの量が入っているものの方が今の時期はやはり安心感がありますよね。 手指用の消毒用アルコールは、エタノールだけでなく保湿剤が入っているため、キッチン用除菌アルコールよりかは手にやさしいものが多い印象です。 ちなみにサイトで紹介している3社ですが、我が家ではアルコール濃度が高すぎると机などのニスが溶けてしまうため、普段使いにはアルコール濃度が少し低いものを使用しているという事情があります。 しかし、食中毒が気になる時期はキッチンのみ「ドーバー パストリーゼ77(エタノール濃度77%)」を使用することもあります。 HPによると手指に使用しても問題ないと書かれていますし、専用の携帯用スプレー容器も売られているため、こちらを使用してみるのもよいかもしれません(手荒れ防止にハンドクリームは必要そうですが)。 あまり参考にならず申し訳ありません。 今後、ドラッグストアなどで入手しやすいものを使用してみたいと思います。

次の

ご存知ですか?カビキラーの成分の濃度について!! │ みるぺぺ

カビキラー アルコール 除 菌 濃度

「フマキラー キッチン用アルコール除菌」のエタノール濃度は? 「フマキラー キッチン用アルコール除菌」のエタノール濃度を尋ねると、すぐに 「およそ45%です」と回答がありました。 こちらは ネットの情報でも45%であるとのことだったので、聞かれたら答えるスタイルなんですね。 ついでに「今流行のコロナウイルスにはさすがに効果ないですよね?」と聞いてみたところ、「試験できていないためはっきりとは言えないが、インフルエンザウイルスのようなアルコールに弱いものには効果があるため、ドアノブ等の手が触れる場所の除菌には効果があるものと考えられます。 手指の消毒には使用できませんが…」と教えてくださいました。 そこでは 「エタノール濃度49%」と表記されているので、45%程度と答えていても実際は少し多めに入っているのかもしれません。 以下、個人的感想 45%だとそんなに高い濃度というわけではないですが、きちんと開示してくれるんですね。 「ジャム瓶等に使う予定なら、熱湯消毒の方が殺菌できていいですよ」というアドバイスもくれて、正直だなという印象です。 こちらはネットで調べても濃度がわからなかったので、アバウトでも答えが聞けて良かったです。 以下、個人的感想 「高濃度アルコール(業務用製品等を除く)」とパッケージに書いてあるので、もっとビシッと濃度を答えてほしかったですが、やはり正確な濃度は答えてくれないものなんですね。 「イオントップバリュ キッチンアルコール除菌スプレー」のエタノール濃度は? 「イオントップバリュ キッチンアルコール除菌スプレー」のエタノール濃度を尋ねたのですが、「確認しますのでしばらくお待ちください」と言われ、少し待つことに。 その後すぐに「24%以上です、ということだけお答えできます」と回答がありました。 ついでに手指の除菌についても聞いてみましたが、「使用できなくはないが、肌保護成分が入っていないためオススメできない」と教えてくださいました。 以下、個人的感想 質問ごとに待ち時間が発生したうえ、返ってきた返事が慎重な感じだったので、どこか関連部署等に確認していたのかな?と感じました。 少し時間はかかるものの、確認体制がしっかりしていて安心感がありますね。 すばやく安全に除菌したい場合は、「ドーバー パストリーゼ77」のような エタノール濃度70~80%の除菌スプレーを用いる方が効果的ですが、食卓やキッチンの台をふいたりするのに使うには値段が高すぎますよね。 フマキラーのキッチン用アルコール除菌スプレーについて、手の除菌にしても問題ないかを「フマキラー(株)お客様相談室」に問合わせたところ、「当該製品は法的に医薬品としての認可を受けておらずまた、手に使用した場合の効果等を確かめてはおりませんので、メーカーとしては確証をもって大丈夫だとは言いきれません。 」との返答でした。 主旨はわかりますが、客対応なのだからもう少し言い方があるのでは?と感じました。 これとは対照的だったのがアルタン(株)です。 同様の内容で問合わせたところ、「アルタン78-Rは手指の除菌目的でご使用頂いても成分上、安全性や効果に問題はございません。 汚れを落とす効果についてはアルコール度数 78度 によるものと推察致します。 しかし、本品は製品分類を「食品添加物」として販売しておりますので、基本的には食品を扱う現場で、調理器具や物品にお使い頂く商品となっております。 食品工場・飲食店様などでは、食品に触れるという点を考慮し手指にも食品添加物である本品をご利用頂いている事例は多数ございます。 また、消毒用アルコールでも同様のことですが、使用頻度によっては皮脂がアルコールに溶けて脱落するのを繰り返すことによって手荒れを起こすことがあります。 異常が発生した場合にはすぐに使用を中止してください。 以上の点をご了承頂き、ご使用下さいます様お願い致します。 」と、ひじょぉ~・・・・・~に懇切丁寧な誠意ある回答を得られました。 「汚れを落とす効果についてはアルコール度数 78度 によるものと推察致します」というのは、私がこのアルタン78-Rをティッシュに噴霧して机などを拭くと、何回拭いても黒くなって汚れが落ちていることが目に見えて明らかなので、この点にもふれたことによります。 アルタン78-Rのアルコール度数は78度とのことで、フマキラーのキッチン用アルコール除菌スプレーは約45%ということなので、アルコール度数は45度でいいですね?こちらを同じようにティッシュに噴霧して机などを拭いても黒くはなりませんでした。 汚れの落ちはアルタン78-Rに比べたらアルコール度数で33度も少ない分、効果は低いようです。 問題は手の除菌効果で、こちらも低いようでは困ります。 この点はどの程度か素人にはよくわかりませんが……。 ま、きちんとした対応をしてくれた会社の製品の方が、品質も良く感じられるのは人情ってもんでしょう。 企業イメージの観点からも、「お客様相談室」との看板を掲げているならなおさら、回答の言い方にはもっと気をつかってほしいと思いました。 ところで、手の除菌用で使うアルコールスプレーですが、このサイトで扱われているフマキラー、カビキラー、イオントップバリューの3社以外でもいろいろあると思います。 もっとなんか手ごろで効果がそこそこある製品はありませんか?ご案内願います。 返答が遅くなってしまい大変申し訳ありません。 手の除菌には(気休め程度に)100円ショップの除菌ウエットティッシュしか使っていなかったため、少し調べてみました。 サクラ様が現在使用している「アルタン78-R」と同じくらいアルコール(エタノール)が入っている製品は、スプレータイプだとサラヤの「手指消毒 アルコールスプレー VH(76. 9~81. 4%)」、ジェルタイプだと健栄製薬の「手ピカジェル(76. 9~81. 4%)」などがあるようです。 私も素人なので確実に大丈夫とは言えないのですが、除菌効果はエタノール濃度70~80%程度が最も高いようなので、そのくらいの量が入っているものの方が今の時期はやはり安心感がありますよね。 手指用の消毒用アルコールは、エタノールだけでなく保湿剤が入っているため、キッチン用除菌アルコールよりかは手にやさしいものが多い印象です。 ちなみにサイトで紹介している3社ですが、我が家ではアルコール濃度が高すぎると机などのニスが溶けてしまうため、普段使いにはアルコール濃度が少し低いものを使用しているという事情があります。 しかし、食中毒が気になる時期はキッチンのみ「ドーバー パストリーゼ77(エタノール濃度77%)」を使用することもあります。 HPによると手指に使用しても問題ないと書かれていますし、専用の携帯用スプレー容器も売られているため、こちらを使用してみるのもよいかもしれません(手荒れ防止にハンドクリームは必要そうですが)。 あまり参考にならず申し訳ありません。 今後、ドラッグストアなどで入手しやすいものを使用してみたいと思います。

次の