大谷 直子 悪性 リンパ腫。 大谷直子の今現在は?悪性リンパ腫(がん)の病状は?結婚した夫は?子供は娘で華子?

【病気:悪性リンパ腫】大谷直子の離婚理由!元夫,清水紘治の娘の現在は?若い頃の画像あり!

大谷 直子 悪性 リンパ腫

「見舞いに来る子どもたちの沈んだ様子から、私の病状がかなり悪いことは、察していました」 実は子どもたちには2007年秋、母の「余命3か月」が告知されていた。 母心で、子どもたちから聞き出すことはしなかった。 リンパ系組織は全身を巡っているため、悪性リンパ腫は他のがんと違い、外科手術はしない。 4種類の抗がん剤と、新しく開発された、がん細胞を攻撃する抗体薬による点滴治療が始まった。 抗がん剤の副作用で、髪の毛が抜けてベッドを汚すのがいやで、先に病院の理髪店で丸坊主にした。 「体重は11キロも減って33キロになり、骸骨みたいにやせました」。 個室の空きがなく、4人部屋だった。 「闘病中の人たちの痛みや悲しみが、よくわかりました」 1か月の入院の後、3週間おきに通院しながら、点滴治療を続けた。 悪性リンパ腫の患者の生存率を高めている抗体薬が効いたのか、半年後、がん治療を終えることができた。 でも、体力が相当落ちていたので、女優の仕事はできなかった。 無収入になり、これまでの貯金を取り崩して暮らした。 「子どもたちは大人になって、別に住んでいます。 だから、ひっそりと一人で生きる、隠とん生活の毎日でした。 華やかな芸能界には、もう戻ることはないと思っていました」.

次の

女優・大谷直子の悪性リンパ腫が完治した理由

大谷 直子 悪性 リンパ腫

家族とも疎遠らしいです。 若い頃に結婚した夫の清水こうじさんとは離婚してますし、娘の華子さんら子供とも疎遠ということでしょうか。 57才の時には悪性リンパ腫で余命3ヶ月の宣告され、その後に克服はしてますが、今現在67才だといつどんな病気になってもおかしくないです。 これはもう確かに孤独死の不安を抱えてもおかしくない・・・ 日本での孤独死は、年間なんと3万人にものぼるといいます。 孤独死は死去しても発見されないことが多いので、数週間で悪臭が漂い、溶けた皮膚や体液、髪の毛が残り、虫も卵を産み付けるなど相当グロい。 2018年3月16日放送の「爆報フライデー」では、孤独死の現実を知るために遺品整理の現場を目にするそうです。 あさ起きるのもつらくてマッサージに頻繁に通っていました。 原因は更年期のせいだと思っていたのですが。 大学病院でさらに精密検査を受けるとなんと「悪性リンパ腫」だと診断され、ステージ4の余命3ヶ月を宣告されました。 激痛の原因は、がんでもろくなった背骨が圧迫骨折していたんです。 臓器も腫瘍に圧迫され内臓はぐちゃぐちゃ状態。 「悪性リンパ腫」とは、血液の白血球に含まれるリンパ球が癌化する病気。 血液の癌。 リンパ管が通常の20倍に肥大し病状は深刻でした。 ステージ4の余命3ヶ月という末期の病状でしたが、新薬の効果が絶体で、3か月後にはがん細胞を取り除くことに成功したのでした。 退院後は抗がん剤の副作用で、判断力が低下する病気「ケモブレイン」を発症しました。 「ケモブレイン」は突然発症しますが、病状は短期間しか続かないといわれてます。 今現在は完治しているのでは? 「悪性リンパ腫」療養中、親しかった写経の講師から400万円の詐欺にあいましたが、弁護士に頼らずに独学で裁判を起こし、全額取り返しています。 2回の結婚・離婚を経験。 シングルマザー女優として3人の子供を育てています。 女の子を出産しますが1974年に3年で離婚。 離婚の原因は大谷直子さんで、俳優の近藤洋介さんとの不倫。 夫の清水紘治さんは貧乏な劇団俳優だったので婚約指輪は3000円。 大谷直子さんにとって清水こうじさんは、デビューしたての若い頃ドラマで共演し、慕っていた存在。 それが大人になって再会し、交際に発展し、結婚したのでした。 原因は清水こうじさんの借金です。 嫁が稼いだお金を自身の舞台プロデュースにつぎこみ、下北沢にバーを開くも赤字でさらに借金増。 そんな状況なのに清水こうじさんは大谷直子さんに家庭に入ることを望んでいたので、離婚は当然の結果かも。 なので大谷直子さんは今現在独身バツ2です。 5月に帝王切開で男の子を出産しています。 子供は3人。 そのうち2番目の夫の清水こうじさんとの間にできた娘・華子さんは、母親と同じく女優をしています。 娘・華子さんは1985年7月11日産まれのの今現在32歳。 原宿でスカウトされて芸能界入りしましたが、当初は大谷直子さんは娘の芸能活動に反対したので、娘であることも公表せず、苗字も「清水」を名乗って舞台女優として活動していました。 2012年にはテレ朝の2時間ものでドラマに初出演。 今現在は舞台を中心に、映画や雑誌に出演しています。 また、今現在は大谷直子さんは娘の芸能活動を認めています。 企画一目惚れオファーの女優です。 大人になったら普通に働く女性になると思っていました。 しかし高校1年生の時、知人が内緒で送ったオーディションに合格して映画出演することに。 その映画とは、戦争をテーマにした岡本喜八監督の「肉弾」。 お下げ髪でもんぺが似合う女子役には300人が応募して、大谷直子さんが選ばれたのです。 仕方なく出演した大谷直子さん。 この映画だけのつもりでいたところ、NHKのドラマ制作者の目にとまり、19才で朝ドラ「信子とおばあちゃん」の主役に大抜擢されました。 すると平均視聴率37. その後も「雪国」「天城越え」「橋のない川」などの名作に出演。 1978年に主演した「天城越え」は文化庁芸術大賞、1人二役を演じた1980「ツィゴイネルワイゼン」では日本アカデミー賞優秀主演女優賞とキネマ旬報主演女優賞の2つを受賞するなど名女優に。 『必殺からくり人 血風編』第8話 大谷直子さん演じるお初が気の毒過ぎる回。 綿引 洪は当然として、お侍さんの優しい言葉までもがお初の心を殺しにかかっている様に見える。 それとは別にこの頃の大谷さんは本当に美しいので、来るべき一挙放送を観ると良いよ! — スラ ガカー slugker2 テレビ埼玉水曜夜7時より再放送中 1974年勝プロ制作フジテレビ木曜夜8時放送『座頭市物語』第14話「赤ン坊喧嘩旅」より 勝新太郎さん。 そして市に喉笛かっ切られて声が思うように出せなくなった復讐を遂げようと市をつけ狙うアサシンを演じる我らが岸田森さん。 大谷直子さんお綺麗ですね😍 — あんちゃん 60nendai 最近は、2時間スペシャルドラマや、連続ドラマのゲスト出演などで活躍しています。

次の

悪性リンパ腫を克服した芸能人!

大谷 直子 悪性 リンパ腫

Contents《目次》• もしかしたら、そんな過去がいつのまにか「死去」という言葉を作ったのかもしれません。 これは有名な話ですが、大谷直子さんは悪性リンパ腫で余命3か月と宣告されていました。 大谷直子さんが闘った病気、悪性リンパ腫とは・・・リンパ組織に発生した進行性悪性の腫瘍のことで・・・簡単に言うと、血液の癌だと思ってください。 病状が悪い時は、33キロまで体重が落ちたというから驚きです。 そりゃ~孤独死も考えるでしょう・・・。 悪性リンパ腫を経験し、死の淵から這い上がった女優の大谷直子さん。 現在は、あの時の辛い経験で、更に人間として素敵になったのではないでしょうか? 現在、3度目の結婚を考えているかは分かりませんが、これからの人生!素敵な女性でいてほしいと思っています。 冒頭でも書きましたが、大谷直子さんの色っぽさ・・・私は憧れますね。 母の世代ですが、同じ女性として憧れの存在です。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の