小 出 恵介 事件。 小出恵介、映像作品の中止と降板 無期限活動停止でドラマ・CM・映画に影響

池田小・児童8人殺害、18年目の新事実…宅間守の主治医・精神科医の愚かなミス

小 出 恵介 事件

もちろん上記のタイトルはほんの一部だし、 それ以外にも舞台やCM、 ナレーション等など、 かなりたくさんのお仕事をしています。 ・神様からひと言 ~なにわお客様相談室物語~ ・Jimmy ~アホみたいなホンマの話~ 上記の2作品 ドラマ は一度 放送中止 となって、小出恵介さんの 出演部分だけ撮り直しをして、 差し替えて作り上げましたね。 jimmyというドラマは中尾明慶さん演じる ジミー大西さんの今までにあった 嘘みたいな本当のお話。 明石家さんまさんの初プロデュース作品 という形で行われた今作は、 世間の期待度も高かったようなんです。 実際、報道後に小出さんからさんまさんに 直接謝罪の電話があったようです。 さんまさんが自身のラジオ 「ヤングタウン」で明かしていました。 天下の明石家さんまさんも当時の 放送中止の件はさすがにそうとう 残念だっただろうな~と思います。 ということもあって、後に取り直して 作品としてチャント仕上がったのは 本当に良かったですよね。 Sponsored Links 小出恵介の飲酒・淫行事件の真相は? 実は 大々的に報道されている内容と 事実が違うという噂があるんです! ということでさっそく調べてみました! 週刊文春さんの事実確認が甘かったんでしょうか… それとも本当に事実は違うんでしょうか? 実際にテレビ等のメディアでは 「17歳の女子高生に対して無理矢理 お酒を飲ませムリヤリ手を出した」 というような内容になっていますよね。 実はコレ、ホントのところ、 たしかに17歳ではあるものの 中卒 の シングルマザー だという事のようです。 なので正しくは、高校を中退した シングルマザーが正解とのこと。 もちろん 未成年の飲酒は犯罪ですし、 東京都では 未成年者と不適切な関係 を持つ事は淫行条例に該当します。 もし未成年であっても婚姻関係にあったり 結婚を前提とした付き合いだったなら 条例違反には当てはまらないようです。 しかしながら 結婚を前提にしたお付き合いじゃない というのは 明白ですよね。 まぁそもそも本当に結婚を前提にした お付き合いだったとするならば、 「17歳の女子高生」 「相手の女性」 などとは 言いません。 その場合、一般的に 「交際相手」 という表現で報道しますよね。 ちなみに ゲスの極み乙女の川谷絵音さん と ほのかりんさんの場合は、 同棲もしていたし真剣交際として 「交際相手」という立ち位置で扱われましたよね。 Sponsored Links この流出している情報源は、 友人のSNSなんだそうです。 上記の画像 真ん中 を見ると、 2016年の2月にマタニティーフォト を公開していますね。 「2016年の4月に出産予定」という 旨の内容の言葉を添えて 投稿してあるらしいです。 実際には子供が居るにもかかわらず、 夜な夜な遊びまわっていたり、 17歳でも飲酒やタバコもやっている という友人からのタレコミもあるというんです。 ネットでは「広瀬すず似の…」 なんて書かれているようですが、 上の写真を見てもらえればわかるように 実際のところは 芸能人レベルの可愛 さ は 無い、普通のその辺にいそうな ただのギャルのお姉ちゃんでした。 笑 Sponsored Links でも、ギャルだとか若いとか関係なしで 親になったのならもうちょっと シッカリしてもらいたいものですよね…。 そしてなんと、 相手側から500万円の支払いを 要求されていたことが、 2016年6月9日に判明しました。 小出さんはその事実を事務所側には いっさい報告せずに、自分だけで 解決しようとしたみたいで、 直接相手側と交渉をして、 結局200万円を支払うという形で 話がまとまったんだとか。 しかし、結局は周囲の人たちに止められて、 お金は払わなかったということのようです。 でも不思議なのが、 相手側の女性が自身のインスタグラムで 「私はフライデーに掲載してほしくて 事実をお話したわけでもありませんし、 金銭目的でもありません」 と言っているようなんです。 ドラマの中では「いい人」の役が 多かっただけに、悪い方向に ギャップがあらわれたな〜 といった感じがしちゃいますね。 今回の一件で小出さんには かなり悪いイメージが残っちゃいそうです。 Sponsored Links 小出恵介は酒癖が悪い? どうやら業界ではかなり有名な話のようですが、 普段は好青年で良い人なんですが、 お酒を飲むとかなり横柄な態度になって、 それを避けるように周囲の友人や 共演者たちは一緒に飲みたがらないらしいんです。 実際に酒の席で物凄い言い合いになってしまて、 仲違いしてしまった同世代の俳優仲間もいるようで、 なぜか、芸人の世界でも 「酒の席の小出恵介はヤバイ」 「色んなことを無理強いさせられる」 という噂があって、 一緒に飲みたがらない芸人も多いんだとか。 俳優界だけにとどまらず、 違う畑 芸人界 にまでそんな噂が 出回っているだなんて… そうとうスゴイんでしょうね。 一般的に俳優さんって、 主演の作品を撮影中なんかは共演者を 誘って飲みに行って親睦を深める なんて話はけっこう普通に聞いたりしますが 小出さんの場合だけは まったく違ったようですね。 今回の事件の時も撮影で大阪に 滞在中だったんですが、 共演者を誘うこともなく 「一人で」飲みに出かけていた というんですから、 「お酒の席」という枠の中では もしかしたらそうとう 嫌われていたのかもしれませんね。 そうなると逮捕というところにまでは いきそうに無いですよね。 事務所側も、小出さんに対して 「解雇」ではなく 「無期限活動中止」 という形を取ってあげているところを見ると、 今のところは引退までは考えていなさそうだな、 というように取ることができますよね。 しかしながら、そうそう簡単には 復帰できないでしょうし、 万が一もしも数年後に復帰を果たしたとしても、 ドラマや映画の番宣などでバラエティ番組に出る なんてことは今後もうきっと二度と無さそう かもですよね〜。 Sponsored Links 小出恵介さんの関連記事はコチラ 女性側の情報を見る限りは、 まぁどっちもどっちな感じもしてしまいますが、 それでも実際には17歳の女の子に お酒を飲ませて手を出してしまっている事は 大人として絶対にダメなことですし、 それを事実として本人も認めているので、 「復帰」という部分も踏まえると なかなか一筋縄にはいかない であろう案件でしょうね。

次の

小出恵介の事件の真相が報道と違いすぎ?相手女性の画像あり!

小 出 恵介 事件

小出恵介ってどんな人? 小出恵介(こいで けいすけ) 出典 プロフィール 生年月日 1984年2月20日 出身地 東京都港区 身長 175cm 血液型 A型 学歴 慶應義塾大学文学部人文社会学科卒 小出恵介の両親や兄弟は? 小出恵介さんの父親に関しては、様々な情報が飛び交っています。 と言うのも、小出恵介さんは小学校3年生から小学校5年生までは家族でインドのニューデリーで暮らしていたそうです。 その理由が父親の仕事の関係と言う事なので、父親の仕事は 「三菱商事の商社マンではないか」と言う噂が出ていました。 また、インドでの生活は贅沢そのもので、家にはお手伝いさんや専用コック、さらに門番までいたそうです。 さらに家族一人一人に運転手付きの車があるなど、かなりリッチな暮らしをしていました。 ただ、いち商社マンにそんな暮らしが出来るのかと思い色々調べると、実は父親の仕事は商社マンでは無く、 「パナソニック(旧松下電工)」の 副社長をやっていた人と言う事です。 パナソニックと言えば日本を代表する大企業なので、そこの副社長になる人ならインドでの生活もうなずけます。 なので、小出恵介さんの家はかなりのお金持ちではないかと思います! そして、母親に関して色々と調べてみたものの、やはり一般人と言う事で何も情報は出てきませんでした。 ただ、過去のインタビューでは 「母親のバイタリティーを受け継いでいる」と語っていたので、母親はかなり活発で元気のあるエネルギッシュな方なのだと思います。 そして、兄弟は下に弟が一人います。 噂では兄に似ていて、弟もめちゃくちゃイケメンだと言う事ですが、残念ながら弟も一般人と言う事で顔写真などは出回っていません。 また、弟はそれほどのイケメンなのにも関わらず、兄と同じように俳優は目指さずに、大学を卒業してそのまま就職したようです。 そして、年齢も何歳なのかは明かされていませんが、2011年に大学を卒業してその春に就職したと言う事なので、2017年で29歳になる方だと思います。 なので、小出恵介さんが1984年2月生まれなので、年齢的には 5歳下の弟と言う事になるのではないでしょうか。 また、弟の就職祝いにはスーツをプレゼントするなど、兄弟仲はかなり良いようです。 小出恵介の歴代の彼女や酒癖が悪いって本当? 小出恵介さんは、過去に色々な女性との熱愛報道がありました。 最初は、ダルビッシュ有選手と結婚した事でも有名な 「紗栄子」さんとの熱愛が報道されています。 紗栄子さんとは、2006年に共演したドラマ 「おいしいプロポーズ」で出会いました。 熱愛が報道された当初から、渋谷でのデートが目撃されたり本人同士も「恋人」だと友人に紹介したりして、かなりオープンな付き合いをしていました。 また、お互いの事務所も交際を認めるなど、かなり 「本気」の付き合いをされているかに見えただけに、後に紗栄子さんがダルビッシュ有選手と 「できちゃった婚」した時はかなり驚きました。 さらに、子供の妊娠が小出恵介さんと交際していた時とかぶっている事から、完全な紗栄子さんの二股交際と分かり、小出恵介さんはかなりショックを受けたようです。 そして、次に熱愛報道されたのはそれから5年後の2011年、ドラマ 「のだめカンタービレ」で共演した 水川あさみさんです。 — 2018年 3月月25日午前12時22分PDT この交際も、最初はかなり順調に進んでいました。 しかし、早く結婚したがっていた水川あさみさんと、もう少し俳優として活躍してから結婚したかった小出恵介さんとの考えにズレが生じて、3年程の交際で破局したとの事です。 その後は2013年に、宮沢りえさんや一般人女性との交際が噂されたものの、真剣交際には至らなかったようです。 また、小出恵介さんはかなり酒癖が悪い事でも知られています。 ただ、その酒癖の悪さが始まったのは、過去に紗栄子さんに二股された時期くらいからだそうなので、その時期は紗栄子さんの事を忘れる為に、ひたすらお酒を飲んでいたのでは無いでしょうか。 そして、それがある意味 「泥酔癖」のようになってしまったのかも知れません。 また、小出恵介さんの酒癖の悪いエピソードとしては、ある時、芸人の デニス植野さんが知り合いに呼び出され飲み屋に行くと、小出恵介さんがいたそうです。 そして、酔がまわってきた小出恵介さんが 「千原ジュニアさんを呼べ!」と言い出して本当に呼んだそうですが、千原ジュニアさんは後輩を気遣い行きませんでした。 すると、次は面白い芸人を呼ぼう!と言って、当時は今ほど有名では無かったピース又吉さんを呼んで 「何か面白いこと言ってくれ」とか 「芸人のプライベートって面白くないんだな」などと暴言を吐いたりしたそうです。 さらに、又吉さんの首根っこを掴むなどの「暴行」も行ったと言われています。 また、その後に来たデニス植野さんの先輩芸人に 「芸歴何年目?」と聞いて、あまり売れてない事を知ると、後輩のデニス植野さんに 「こいつにはタメ口で話せ」と強要しました。 すると、デニス植野さんはさすがに 「それは違うんじゃないですか!」と言って拒否し、ちょっとした口論となったようですが、その時たまたま違うテーブルに居合わせた、タレントのYOUさんが小出恵介さんをたしなめて、その場は収まったようです。 また、別の所では当時売れてなかった先輩俳優に対しても、お酒が入ると 「だからお前は売れないんだ!」などと暴言を吐いていたというエピソードもあります。 ただ、お酒が抜けるとお酒を飲んでいた時に言った事はほとんど覚えてないらしく、後日一緒に飲んでた人から話を聞いて、謝りに行ったりもしているようです。 他にもこんなエピソードが山ほどあるようなので、やはり相当酒癖は悪いのではないでしょうか・・・。 そして、とうとう2017年5月頃に未成年と飲酒し、不適切な関係を持った事で 無期限活動停止に追い込まれてしまいました。 恐らく、これも 「酒癖の悪さ」から来たものだと思うので、さんざん周りからもお酒に関して色々言われていたのに、直そうとしなかったのが失敗の一番の理由ではないでしょうか。 そして、 無期限活動停止と言う事なので、今後復帰されるかどうかは分かりません。 ただ、役者としては才能ある方だと思うので、今回の事を深く反省しているなら今後はお酒も一切断って罪を償い、いつかまた役者として活動される事を願います。 こちらの関連記事もどうぞ! 終わりに 役者としてこれだけ名前と顔が売れていて、それなりに社会的地位もあるのにこういった行動を取るのは、軽率過ぎると言わざるをえません。 ただ、これもお酒が入ってなければ理性が働いて、ここまで事が大きくなることは無かったのではないでしょうか。 全ては「酒癖の悪さ」が原因だと思うので、やはりお酒に飲まれるなら飲まないが一番ですね・・・。

次の

小出恵介も淫行事件で口を閉ざされた?「悔しさがこみ上げます」

小 出 恵介 事件

「ドン!! と弾けるような音が突如夜のしじまを破ったが、まだ気づく人が少なかった。 続いてドン! ドン! という鉄砲の発射音が起こり、同時に『助けて!』と悲鳴があがり、さらにこの音がだんだんと近づいてくると、何事か重大な異変が起こりつつあることが村人たちに分かり始めた。 同時にこれは、かねて心配していた同部落の都井睦雄(22)が人殺しを始めた、そして、鉄砲を撃ちながら手当たり次第に殺戮を加えて回っていると感じた時、村人は恐怖におののき、逃げ支度を始めたが、それよりも殺戮者の襲撃の方が一瞬早かった。 表出入り口のつっかい棒を必死で押さえ、侵入を防いでいた者は板戸もろとも撃ち倒され、縁から走り出た者は背後から狙い撃ちされた。 ある若夫婦は一つ布団の中で並んだまま射殺された」(「岡山県警察史下巻」)=当時の記録は全て数え年齢。 82年前に起きた「津山三十人殺し」は、被害者の多さと態様の異常さなどから日本の犯罪史上名高い事件だ。 「八つ墓村」のモデルにもなった事件 岡山県の山村・西加茂村(現津山市)で21歳(満年齢)の青年が祖母をオノで殺した後、猟銃と日本刀で近隣の家を次々襲撃。 住民を殺害して自殺した。 殺された住民は計30人、重軽傷3人。 「怪物三つ目小僧のように、頭の両側に棒型懐中電灯を固定し、胸にも自転車用の角型電灯を吊った都井睦雄は、腰に日本刀を差し込み、懐に短刀、さらに猟銃から弾薬袋まで持ち、巻き脚絆、地下足袋姿という装備で荒れ狂い、部落内過半数の家々を襲った。 暗夜にこの三つの光芒に照らし出された者は、そして悪鬼のような姿を見た者は、その瞬間がこの世の別れとなった。 殺戮者の魔手は幼児・老婆の見境なく降り注ぎ、午前3時ごろ走り去った」(同書)。 銃の腕は正確無比。 その姿は悪夢のように強烈で、事件は横溝正史のミステリー小説「八つ墓村」のモデルにもなった。 com 事件にはさまざまな背景が絡み合っていた。 地域の閉鎖性、男女を中心にした人間関係の複雑さ、結核に対する視線、徴兵検査の意味、容疑者の心理的な問題……。 そのため、地域では長い間タブー視された。 そうしたことから生まれた誤解なのだろうか。 加太こうじ「昭和犯罪史」にはこう書かれている。 「昭和12年末には岡山県下の山村で、怨恨による40数人殺しという殺人事件があったが、その新聞記事など、どこを探してもない。 おそらく、地方紙にほんの小さい形で報道されただけだと思われる」。 時期も人数も間違っているだけでなく、実際には全国紙でも報道されている。 それでも、事件の重大さに比べれば量は極端に少なく、公表をはばかる配慮が濃厚に感じられるが……。 現在の視点から事件をできるだけ客観的に見てみる(容疑者の青年以外は姓名を省略。 差別語を使用)。 「世界犯罪史上にも特筆さるべき」 「三十二名を殺傷す 失戀(恋)・病苦に狂ふ(う)農村青年 岡山縣(県)下の鬼熊自殺」。 これが1938年5月22日付(21日発行)東京朝日(東朝)夕刊2面4段の記事の見出しだ。 「【津山電話】21日午前1時40分ごろ、岡山県苫田郡西加茂村字行重平井、農業都井睦雄(22)は部落への送電線を切り、頭にナショナルランプを括り付け、イノシシ狩り用口径12番10連発の猟銃と日本刀を携え、まず自分の母(祖母の誤り)の首をオノではね、即死せしめたうえ、隣家の女性(47)方に闖入。 女性に重傷を負わせ(午前9時死亡)、娘(21)を即死せしめ、次いで日本刀と猟銃で次々に部落民27名を殺害。 さらに2名に重軽傷を負わせ、中国山脈内に遁入。 午前10時半ごろ、同村青山の荒坂峠付近の山林中で猟銃をもって自殺をした」。 記事はさらに続く。 「犯人都井は小学校時代、級長を務めた秀才であったが、小学校教員検定試験の勉強中、神経衰弱となり、漸次狂暴となってきた」「平素はごくおとなしい男であるが、この凶行は計画的のものとみられ、凶行に用いたイノシシ狩り用の猟銃のごときは、2、3年前から同人所有の田一反歩を売って買っていたものである。 また犯人は肺病で近所の者ののけ者にされ、しかも最近、女の問題で失恋していた」 驚くことに、この事件についての東朝の記事はこの1本だけ。 対する東京日日(東日)の同じ5月22日付夕刊は2面トップで大きく報道。 「就寝中の村を襲ひ(い) 猟銃で卅(30)名を射殺す」が見出しで、被害者の氏名一覧など、記事は質量とも豊富で記述にも迫力がある。 岡山県警察部から内務省宛ての公電も掲載。 さらに「午前3時ごろ、同村奈良井の民家に立ち寄り、紙と鉛筆を出させ『目的の人物を殺すまでは俺は死なぬ』と書き記し、再び闇の中へ姿を消した」という記述も。 記事には、警視庁鑑識係長の「単独犯行であるのと被害者の数において、わが国犯罪史上のレコードであるとともに、世界犯罪史上にも特筆さるべき事件である」という談話も添えられている。 岡山の地元紙「合同新聞」(現山陽新聞)では、5月22日付夕刊はほぼ2面全部をつぶして報じている。 「戦慄!二十八名を射殺」の横見出しに「九連發(発)の猟銃を亂(乱)射 十二戸の寝込(み)を襲撃 今暁作州西加茂の凶劇」などの見出しで、記述は詳しいが、内容はほぼ全国紙2紙と同様。 被害者と容疑者の家、「犯人の登った電柱」の写真がこの段階で掲載されている。 興味深いのは「鬼熊」の見出しが複数登場すること。 連載「昭和の35大事件」でも紹介した鬼熊事件が千葉県で起きたのは1926年。 既に12年がたっていたうえ、鬼熊こと岩淵熊次郎が殺したのは3人と津山事件の10分の1。 それでも一世を風靡した事件の記憶は強烈だったのだろう。 睦雄が残した3通の遺書に書かれていたこと 次の5月22日付朝刊段階。 東日は社会面2段で「小學(学)生時代を 懐しむ殺人鬼 卅人殺し・血の遺書」という記事を載せた。 「遺書は自宅に2通、自殺現場に1通発見された」とし、自宅の1通には「僕は決して精神異常者ではない。 9カ年の間、不治の病と闘い、その間僕を冷遇し、虐待した村の人々に復讐するのだ。 思えば、真面目で先生からかわいがられていた小学生時代が懐かしい」と書かれていたという。 そして、自殺現場の1通の内容は次のようだった。 「復讐の機会は3年前から狙っていた。 きょう決行の動機は、自分に背いて嫁いだ女が里帰りしていたからだ。 日ごろから復讐すべく考えていた村人は大体思い通りやっつけた。 しかし、中には心なくも良い人を殺している。 これはものの弾みだから許してもらいたい。 祖母を一人残して死ぬのは心残りなので道連れにした。 いま思えば涙が出る。 世間の人々よ、孤独の人間や不治の病に悩む若い人々にはいま少し同情の涙を注いでほしい」。 記事には現場の貝尾地区の写真と都井睦雄の小学校時代の顔写真が付いている。 そして、東日の報道もここで途絶える。 一足早く掲載がなくなった東朝と併せ、被疑者が死亡したとはいえ、これほどの大事件の報道がこの程度かと驚く。 当時、東京周辺で新聞を読んでいた人がこの事件を知らないのも当然かもしれない。 大朝は社会面5段で「二十九人殺し 何がこの凶劇を生んだか?」の見出し。 犠牲者のうち18人の顔写真を載せている。 記事は、岡山地裁津山支部から予審判事と検事らが現場に出張。 実地検証を行っているとして、現場の模様を書いている。 「加害者の祖母のごときは手おのでメッタ切りとされ、首は血まみれとなって消し飛び、胴体にはダムダム弾を無数に撃ち込まれて凄惨な地獄図絵を現出している」。 さらに「愛人漁りから悪鬼へ 病気を嫌ひ(い)彼から去る女・村人 遺書に綴る怒りの文字」の見出しで、睦雄が残した3通の遺書の記述から地区の女性との関わりなど、犯行に至る過程を記している。 「小学卒業後間もなく肋膜炎に冒された。 これが彼の不幸の第一歩で、その時は3カ月ばかりで一応治癒し、早熟の彼はやがて部落の多くの女たちと関係を持ち始めた。 19歳の時、今度は肺結核に冒され始めた。 病勢は次第に進み、間もなくこの事実を知った女たちはたちまち手のひらを返すように彼から遠ざかったばかりか、彼が結核患者だということを部落の人々に触れ回った。 こうして彼の憎悪をかった女は2人」。 憎悪は殺意にまで発展し、睦雄は猟銃などを手に入れ始めた。 「ところが、彼の気配を知った部落の人たちは一層彼を警戒し、邪魔者扱いしだしたので、彼の殺意は意外にも部落全体に及び」、彼を恐れた女の1人は「今春津山市方面に転住してしまった。 しかし、彼の怪しい気配は親戚の者も感づくところとなり、本年3月、加茂駐在所で厳重説諭を受けて、猟銃だけ残して苦心して用意した凶器一切を取り上げられたのである。 だが、堅く殺意を決した彼は駐在所から帰った翌日から再び周到な準備を始め、間もなく日本刀、短刀などを整え」、18日に狙った女2人が「結婚先から帰ったことを知った彼はここでいよいよ殺意を決めたものである」。 かなり詳しいが、睦雄の立場に立った解釈だ。 村の人々が語った「睦雄の人物像」は 実は大朝は5月22日付で2ページの号外を出している。 しかし、1面の見出しが「戦慄の卅人殺し」で、犠牲者18人の写真が載っていることから分かるように、内容は22日付朝刊の続報。 なぜこの段階で号外なのかは分からない。 1面は「周到を極めた 犯行の足取(り)」(見出し)が判明したことを記述。 「不治の病から 性格一變(変)」の小見出しの記事では「近隣の人々は口をそろえて語る」として、睦雄の人物をこう表現している。 「村の女たちは人妻、娘の区別なく追い回し、執拗に迫り、ある時は暴力を振るったりし、漸次部落から指弾され始め、また親しい人々はいろいろ忠告したのですが、一向反省をしませんでした。 指弾されるのは当然のことです。 それを、当人はすっかりひがみ、部落民に食ってかかり、いろいろ嫌がらせをしますから村人から嫌われました。 最近は形相まですっかり変わっておりました。 村からこんな恐ろしい殺人鬼を出したことは実に残念です」。 こちらはあくまで住民側の言い分だ。 2面には「犯人の使用した凶器」「犯人自殺の現場」など写真4枚を載せている。 大朝のこの事件の報道もここで終わる。 合同は社会面トップで「猟銃凶魔後聞」として「一年間人射ちの練習 銃四挺(ちょう)に弾丸五百發用意」という記事。 銃4丁を買い入れ、犯行の1年以上前から2キロ以上離れた密林で、松の木を目標に秘密の射撃訓練をしたという話題。 合同葬の雑観記事もあり、写真も「犯人使用の凶器」や標的とした松の木などが掲載されているが、特筆すべきは、現在も事件関連で登場する成人してからの睦雄の顔写真を載せたこと。 「凶行直前の犯人都井」と説明があるが、実際の撮影時期は不明という。 この後、この事件の報道は合同の「稀(希)代の殺人鬼・都井睦雄」という連載企画だけになる。 5月24日付夕刊(5月23日発行)から5回続き。 生い立ちから小学校時代、結核との闘病、女性への思いと恨みなどを描いた。 こうして津山三十人殺しの新聞報道は幕を閉じた。 この事件のドキュメントとして有名な本がある。 1981年9月に出版された筑波昭「津山三十人殺し 村の秀才青年はなぜ凶行に及んだか」(草思社)。 その中には事件記録として「津山事件報告書」が何度も登場する。 表紙の写真も載っており、「司法省検事局」が事件から約1年半後の1939年12月に出した「極秘」文書だ。 国会図書館にも収蔵されておらず、石川清「津山三十人殺し最後の真相」によればアメリカのスタンフォード大図書館に収蔵されてあり、事件研究所編著「津山事件の真実第3版」にほぼ全編が収録されていた。 そこに収録されている鹽田末平・岡山地裁検事が調査・執筆した「津山事件の展望」で事件の全容が分かる。 それに沿って経緯を見よう。 「頭脳明晰、常に優秀な学業成績をあげ、将来を嘱望されていた」 睦雄の父は「睦雄が2歳の時、感冒(あるいは肺結核)が原因で38、9歳で死亡した」。 母は病弱で「自らは慢性気管支カタルだと言っていたそうだが、実は肺結核を患っていたものと思われる」。 その母も夫の後を追って世を去った。 睦雄の血族中に精神障害者がいないことは確認できた。 「彼に片親なりともあったならば、本件のごとき凶事は絶対に惹起されていないと確信する。 彼が親の愛に欠けていたことが本件の有力なる一原因を形成することは否めない事実だと思う」。 両親が死亡した時、1町3段(反)の田畑と約8反の山林が残されており、相当裕福な農家だったことが想像できるという。 彼が6歳の時、彼と姉は祖母に連れられて、祖母の郷里である貝尾地区に移住。 姉弟は「ただ祖母を頼りに、その盲目的愛のうちに養育せられて成長したため、自然睦雄はわがままな性質となってしまった」。 満14歳で小学校高等科2年を卒業。 病弱で欠席が多かったが、「頭脳明晰、常に優秀な学業成績をあげ、将来を嘱望されていた」、「同級生らの気受けもよく、常に級長または副級長に選挙せられ、まさに模範的小学生であった。 ただ家庭的事情によるか、はたまた病弱のゆえか性格陰性であって快活明朗を欠いていた」、「何となく寂しさのある生徒だったということである。 生来孤独の質で先輩、親族、友人間には指導者となったり親交を結んだりした者もなく、その他、本人の性格に特別の影響を与えた人物は全くない」という。 が、その卒業の春、肋膜炎(胸膜炎=主として結核菌によって起こる胸膜の炎症)を患い、約3カ月ぶらぶらした。 身体的にも農業を続けることが難しいのを自覚したが「確固たる志望を立ててこれに邁進せんとするだけの気力もなく」、「何の目的も何の希望もなく、毎日毎日を過ごしていくにすぎなかった」。 肋膜炎も小康を得たので、旧制中学・高校に進まなかった農家の子弟を教育する実業補習学校と、徴兵検査まで軍事演習や実業教育を施す青年訓練所に入ったが、いずれも病気を理由に欠席しがち。 「かくするうち、その陰鬱性は次第に深刻化し、外出を好まず、部落の青年団、及び隣人たちとの交際に無関心となり、親族らより注意しても青年団の会合や夜警などにもあまり出ず、また近隣の寄り合いごと、法会、葬式などにも顔を現さず、入営兵の見送りなども怠りがちで、次第に孤独に陥り、終日家に閑居してこたつにあたり、雑誌を読む程度で他になすこともなく、徒食を続けていた」。 1934年3月、睦雄が満17歳の時、姉が他地区の男性と結婚して家を出た。 「語るべき相手もなく、一層孤独の癖を増し、ますます放縦怠惰に陥り、労働を嫌い、家業の農は老いたる祖母の手一つに任せて、自らは時折その手伝いをなすにすぎない状態であった」 へ続く (小池 新) 外部サイト.

次の