からぱいあ。 カラパイア : 知的好奇心を刺激するカラパイア公式アプリ 1.0.3 APK Download

カラパイア : 知的好奇心を刺激するカラパイア公式アプリ 1.0.3 APK Download

からぱいあ

地球に接近する軌道を持つ天体「地球近傍小惑星」の中でも、地球より軌道半径が大きい地球横断型小惑星を「アポロ群」という。 地球に大きく接近することから潜在的に脅威があるとされるグループだ。 今年の9月初旬頃、このグループに属す小惑星「2011 ES4」が月よりも近い距離を通過するそうだ。 7メートル、秒速8. 5キロで宇宙をぶっ飛んでいる。 NASAによれば、そんな代物が9月1日23時49分(日本時間)に地球をフライバイする予定だという。 そのときの地球との距離は0. 地球と月との距離が38万4400キロなので、どれだけすぐそばを掠めていくか分かるだろう。 サイズが小さいため脅威とはみなされていないが、その距離だけなら「潜在的に危険」とNASAがみなすものだ。 3AU未満の軌道を持つ小惑星・彗星」なのだという。 専門家は今回の接近で再び目にできるのではないかと期待しているそうだ。 また9月の接近によるリスクはないそうだが、2011 ES4は2055年にも再び地球に接近するようだ。 このときは7万1000回に1度衝突するリスクがあると推定されている。 ちなみに2020年、潜在的脅威を持った地球横断型小惑星(アポロ群)は2011 ES4を含めて3つあり、9月10月、11月と3か月連続となっている。 2020年に地球に大接近する小惑星(通過日は変動する可能性あり) 2011 ES4:2020年9月1日 2001 GP2:2020年10月3日 2010 JL88:2020年11月6日.

次の

華麗なるリベンジ 韓国ドラマ

からぱいあ

net 地球に接近する軌道を持つ天体「地球近傍小惑星」の中でも、地球より軌道半径が大きい地球横断型小惑星を「アポロ群」という。 地球に大きく接近することから潜在的に脅威があるとされるグループだ。 今年の9月初旬頃、このグループに属す小惑星「2011 ES4」が月よりも近い距離を通過するそうだ。 7メートル、秒速8. 5キロで宇宙をぶっ飛んでいる。 NASAによれば、そんな代物が9月1日23時49分(日本時間)に地球をフライバイする予定だという。 そのときの地球との距離は0. 地球と月との距離が38万4400キロなので、どれだけすぐそばを掠めていくか分かるだろう。 サイズが小さいため脅威とはみなされていないが、その距離だけなら「潜在的に危険」とNASAがみなすものだ。 3AU未満の軌道を持つ小惑星・彗星」なのだという。 専門家は今回の接近で再び目にできるのではないかと期待しているそうだ。 また9月の接近によるリスクはないそうだが、2011 ES4は2055年にも再び地球に接近するようだ。 このときは7万1000回に1度衝突するリスクがあると推定されている。 ちなみに2020年、潜在的脅威を持った地球横断型小惑星(アポロ群)は2011 ES4を含めて3つあり、9月10月、11月と3か月連続となっている。 net.

次の

華麗なるリベンジ 韓国ドラマ

からぱいあ

未来型ウェアラブルセンサーは紙と鉛筆で image by:University of Missouri 未来のウェアラブルセンサーの使用感は、紙に落書きをするような感じなのかもしれない。 紙も鉛筆も一世代前のものだが、逆にその利点が生かされることとなる。 こんな場面を想像してみてほしい。 ふと夜にきちんと眠れているのか確かめたくなった。 あるいは1日の心拍数をちょっと調べてみたくなった。 そんなとき、おもむろに紙と鉛筆を取り出して、不思議な図形を描いては腕に貼り付ける。 するとモニターで心拍数がリアルタイムで表示されるのだ。 ミズーリ大学(アメリカ)の研究者が考案したのは、そんな風にして使う体調管理用のウェアラブルセンサーだ。 その店はマフィアによって不正に買収されていた疑いが持たれていた。 店内には容疑者と目される人物がおり、カウンターの裏からは、他にもマフィアが買収したチェーン店が2店あることを裏付ける書類が見つかった。 3店の取得金額は84万ユーロ(約1億円)で、契約が結ばれたのは1月前のこと。 ちょうどイタリアがコロナ禍で都市封鎖を実施しており、大勢の事業主が資金繰りに苦しんでいた時期だ。 店を買収したマフィアは、ナポリに拠点を置く「」で、イタリア4大マフィアに数えられる犯罪組織だ。 コロナウイルスのせいで、イタリアは苦境に陥った。 不況になり、失業者や貧困が激増。 マフィアにとって、そうした状況を作り出した都市封鎖は大きなビジネスチャンスであった。 プラスチックゴミが深刻な環境汚染を招いているのは周知の事実である。 世界各国では「脱プラスチック」が掲げられ様々な取り組みが行われている。 スーパーやコンビニなどで使用されるレジ袋(ビニール袋)の削減もその1つで、日本でも7月1日よりレジ袋が廃止(有料化)され、その弊害もいろいろでている。 日本では、家庭ごみを捨てる袋に利用している人も多いし、レジ袋よりも削減すべきプラスチックゴミがあるといった声もあり、賛否両論あるわけだが、カナダのとあるスーパーでは、ちょっとユニークなアイデアでレジ袋削減に取り組んでいる。 それはレジ袋に、とても恥ずかしい文言をプリントするというもの。 これを持っているのを見られたら、気まずい思いをすること請け合いだ。

次の