食べてすぐ寝る。 「食べてすぐ寝ると太る」はウソ!? いま知るべきダイエットの新常識

食後に寝ると太る?「横になる」のと「眠る」のでは大違い! | 日々是好日

食べてすぐ寝る

もくじ(クリックで飛びます)• 寝る前に食べると良くないのはなぜ? よく、 寝る前に食べるのは良くない!と言いますよね。 いったい、なぜ良くないのでしょうか? 「単に太るから?」 いいえ!それだけではありません! 実は、 怖い病気になるからです! どういうことか? 詳細をご説明しますね^^ 寝ているとき、胃腸はあまり動かない 寝ているときは、胃腸はあまり働いてくれません。 なので、完全に消化せずに未消化という状態が起こってしまうのです。 なぜ、寝ているときは胃腸はあまり働かないのか? 人間の体は、いろんな働きがあります。 体を一つの会社と考えた場合、いろんな部署にわかれるて仕事をしているのです。 食べてすぐ寝ると、これらの病気になります。 糖尿病 ( とうにょうびょう )• 慢性胃炎 ( まんせいいえん )• 胃潰瘍 ( いかいよう )• 逆流性食道炎 ( ぎゃくりゅうせいしょくどうえん ) 食べてすぐに寝ることは、代謝が下がったり、腸内環境が悪化するだけではありません! 食べてすぐ寝ると 病気にもなるのです! 例えば、起きているときの食事の後は、インスリンというホルモンが 血糖値を調節しますが、 食べてすぐ寝る行為を続けていると、インスリンが出ないために 糖尿病になるリスクが上がります。 また、胃酸も上手く分泌出来ないので、 慢性胃炎や 胃潰瘍になるリスクが上がります。 さらに、横になることで胃酸が逆流しやすくなり、 逆流性食道炎にもなるのです。 最後に、、、 いかがでしたか?これらが、「食べてすぐに寝てはいけない理由」です。 ただ単に、太るからという理由ではないのです。 できれば、最低でも 寝る前3時間は空けたほうがいいです。 夜、お腹が空いて誘惑に負けそうになったら、、、 お腹が空いたときに、食べないようにする方法としては、 歯磨きをすると良いです。 歯磨きをすると、口の中を刺激するので多少の 満足感が得られます。 それだけでなく、「この後、食べるとまた歯磨きをしなくてはならない」という思いが、食べる気を抑えるのでぜひ試してみてください。 このページのまとめ• 寝る前に食べると、胃腸はあまり働かずに未消化になってしまう• 未消化になると代謝が下がるので、老化の原因・だるさの原因・病気の原因となってしまう• 代謝が下がるだけでなく、直接的に「糖尿病・慢性胃炎・胃潰瘍・逆流性食道炎」の原因となってしまう。 最低でも寝る前3時間はなにも食べないほうが良い.

次の

食べてすぐ寝ると太るって本当?食べて寝ることのメリット・デメリット

食べてすぐ寝る

スポンサーリンク 食後に寝るまでの時間はどの位がベスト? まず結論から言うと、 食後3時間は寝るのを控えた方が良いと言えます。 頭が寝ている間も胃や腸は常に消化作業をしているので、エネルギーの廻りが悪くなって 疲労感やダルさが残ってしまうんですね。 一度や二度だけでは起こりえないですが、そういう悪い習慣が身に付いている人は次第に脳へのダメージが溜まってしまい、結果的に 脳卒中などのリスクが高まってしまうんですね。 そして血液は栄養分だけでなく、人体に欠かせない酸素も同時に運んでいるため、• 冷え性が進行してしまう• 食欲がなくなってしまう• 特にマズいのが、 深夜に食べてすぐ寝るという行為。 脂肪を蓄積する成分の活動時間が深夜になるので、遅い程そのリスクが高くなるというワケですね。 消化に時間がかかるとなると、それだけで 胃の中に滞在する時間が長くなるため、胃に負担がかかってしまいます。 消化し切れてない時間帯に横になってしまう事で、 大量に出ている途中の胃酸が食道の方に登ってきてしまうためと言えます。 まだ発症していない人も、すぐ寝てしまう事でこの病気になる可能性があるので注意して欲しいんです! 既に発症している人の場合! スポンサーリンク 実は横になるのは健康的だった!? 食後すぐに寝るのは先ほど説明したように、お世辞にも健康的とは言えませんが、 寝ずに体勢だけ横になるのは良いと言えるんですね! 具体的な時間は30分で、この間は運動などをせずに安静にして上げてください。 「すぐ寝る=体に良くない」というイメージが強いので、コレは意外と思うかもしれませんが、キチンとした医学的な根拠もあるんです! 消化をサポート出来る! 一言で言うと、 胃の消化の手助けになるからと言えます。 何も活動をしない事で、消化作業をサポート出来るというワケ。 通常何かを食べた後は、食べ物を消化するので胃や腸に血液が集まるのですが、ココで運動などをしてしまうとそちらに血液が使われてしまうため、消化不良気味になってしまうワケです。 なので無駄に動き回らずに横になる事で、胃腸の機能をサポート出来るんですね! 何かするのは面倒ですが、『何もしなくて良いよ!』というのは、すぐに実践しやすいかなと思います。 横になる時の向きでも変わる? ただ横になると言っても、仰向けになったらつい寝落ちてしまうモノですが、 傾ける体の向きを意識する事でより効果的に消化が出来るようになるんです! それが 体の右側を下にするという体勢。 胃の出口は右側にあってそこから腸に繋がっているので、 右を下にする事でより消化が良くなるというワケ。 お手軽に出来る上に、体に良い事をしているという感覚も味わえるので、知っておいて損はしないですよね! ただし途中でも説明したように、逆流性食道炎になっている人は逆効果なので、横になる事は控えてください。 正しい習慣を身に付けよう! 当たり前ですが夕食は毎日食べるモノなので、 「その後どう行動するか?」も決まったパターンがある人が多いと思います。 皿洗いをして次の日の朝食の仕込みをする• TVを見ながらダラダラする• シャワーを浴びて、お風呂に浸かる• 音楽を聴きながらまったりする などなど。 食べた後にはあまり動かずゆっくりと過ごす人も少なくないと思いますが、今まで見てきたように、 その方が体に良いと言えるのでその習慣を続けて欲しいと思います! 逆にマズいのが悪い習慣が身に付いている人。 すなわちすぐ寝ちゃう人ですね!こういうクセは 意識しないとなかなか直りにくいので、今日からすぐに実践して欲しいなと思います。 そういう人向けのちょっとしたテクニックがコチラ! 実践的な裏ワザ! 個人的にオススメなのが、 あらかじめ食後にする内容を決めておくというモノ。 お気に入りの音楽• 好きな雑誌• 観たい映画 などを用意しておくと、睡魔に打ち勝てるのでオススメです! 心地良いと動く気がなくなりますからね(笑)ただ注意点としては、 あまりに楽しみ過ぎて急いで食べないという事。

次の

小山内博先生『食べてすぐ寝ると太るの意味』

食べてすぐ寝る

意味 食事をした後に、すぐ、横になったり、眠ったりするのは、行儀が悪いので、 そのことをいましめた言葉。 解説 牛は、草を食べた後に、食べたものを、口の中に戻して、再び噛みなおすのが、 あたりまえのようです。 このことを反芻と言います。 食べ物を口へ戻すには、体を横にすると重力が小さくなり、食べ物が口のほうへ 戻りやすくなるのだと思います。 このため牛には食べた後、すぐに横になる習性があるのではないかと思います。 このことわざには、食べた後、すぐに横になると、牛のようになってしまい、 行儀も悪いので、このことを注意して、しかる意味があるようです。 昔は、 子供のしつけの意味で、用いられていたようです。 実際、 食べたすぐあとは、なるべく横にはならずに、少し休憩を取ってから 軽く体を動かしたり、歩いたりしたほうが、健康にもいいようです。 重要語の意味 食べる=食べ物などを口に入れ、かんだ後、飲み込むこと。 寝る=体を横にしたり、眠ったりすること。 牛=哺乳動物の一つ。 頭に角が2本あり、4本足で立ち、食べ物を反芻する動物。 行儀=「ぎょうぎ」と読み、よりよく生きるために人が守らなければ ならない日常の行いや、動作などのやりかた。 もとは、仏教語で、浄土教の善導作、観無量寿経疏に記述がある。 噛む=「かむ」と読み、食べたものなどを口の中で飲み込みやすいようにする。 反芻=「はんすう」と読み、食べて飲み込んだものを、口の中へ戻して、再び、かむこと。 重力=「じゅうりょく」と読み、ものが下のほうへ落ちていくちから。 習性=「しゅうせい」と読み、動物が普通に持っている行動のようす。 いわれ(歴史)と重要度 江戸時代、芭蕉の弟子、各務支考(かがみしこう)の句。

次の