大分 クレーン 事故。 【事故】国土交通省三重河川国道事務所 高さ30mクレーンが2t鉄筋吊り上げ転倒 男性作業員が重傷

塩釜市のクレーン横転事故の件で…

大分 クレーン 事故

災害概要 まず、災害の第一報ね。 12月18日朝、宮城・塩釜市の工事現場で大型クレーン車が横転した。 この事故で、1人が死亡、5人がけがをしている。 車の上に倒れたクレーン車のアーム。 アームの先端があたった車は、完全に押しつぶされている。 事故があったのは、宮城・塩釜市のホームセンターの新築工事現場。 18日午前7時40分ごろ、荷物をつり上げていた大型クレーン車が横転し、複数の工事関係車両が下敷きになった。 警察と消防によると、この事故で、1人が死亡、5人がけがをしたという。 現場は、塩釜港に近い国道沿いにあり、事故当時、風速3メートル以下と風は弱い状態だった。 警察は、工事関係者に話を聞くなどして、事故の原因を調べている。 横転したクレーンのブームの下敷きとなり 1人が死亡、5人がケガとの事で… 不運にも被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。 85tクレーンじゃねぇし!! モノ申したいポイントなんですけどもね… まぁね ホントちっさい事なんだけどさ… 報道によっては85tクレーンなんて報じてるトコもありますけど、厳密に言っちゃうと85tクレーンじゃないんですよね。 アレ、KATOのSL-850よ。 80tクレーンなんですね。 いい機械ですよ。 〇 の トコ、カウンターウエイト背負って無いでしょ。 このKATOのSL-850ね、5tのカウンターウエイトを 背負って80tクレーンだからね。 カウンターウエイトを背負って無いので、50t~70t代車とかで現場にはオーダーされてたんじゃないかな? と推測してみる。 ちょっと気になったトコです。 クレーンが横転する要素 自分の経験上、クレーンが横転する要素って大雑把にくくったら3つ位じゃね? って思うワケですよ。 最近の機種は、魔法のカギを使っても能力以上の荷重は吊り上げられない仕様になっている機種もありますよね。 確か… クレーンって、能力の125%までは耐えられる構造にはなってるんですよね。 最近、リミット切って作業しないから記憶が曖昧ですが… 合図者 『オペさん!! あと2mなんだよな~ もう少しブーム倒せない? 』 オペさん 『いや、もう赤ランプ回ってんすよ…。 』 KATOレディ『転倒シマス。 転倒シマス。 』 こんな場面… 現場ではよくあるんですよね…。 ワタクシも何度も経験あります。 で、魔法のカギを回して制限解除… で、ズドーン!! ってパターン。 オペ 『風がメチャ強いんだけど、作業中止にならないの? 』 監督 『…』 オペ 『おい!! スルーしてんじゃねぇよ!! 』 って事よくあります…。 風速が10m以上吹いてて、ジブ出して作業してたらま~あ気持ち悪い事気持ち悪い事…。 瞬間的な突風に煽られて横転するってケースも少なからず有り得ます。 なんてったって大型トラックだって風で煽られて浮いちゃったりするんだからね。 クレーンだって風で煽られて横転しますよ。 それとね、地震ね。 余談なのですが、あの東日本大震災の日の夜… ワタクシ、夜勤だったんですよ。 余震がすごくてね、自分が荷を揺らせてるのか地面が揺れてるのかわからなかったからね。 そんな経験もしております。 アウトリガーが地面にもぐった オペ 『ココ、すんげぇぬかるんでるけど埋め戻したりしてない? 』 現場の人『あ~ だいじょぶだいじょぶ。 埋め戻した箇所や地盤が悪い・柔らかいを知らずに・教えずにクレーンをセットしてアウトリガーが地面に潜ってクレーンが横転した。 ってパターン。 今回の事故に関しての印象って、どうもコレっぽいんですよね。 いくつかの疑問 ナゼ敷板を敷かなかったのか? ネット上で様々な事故画像がアップされてますね。 そこから推測される事と、いくつかの疑問があるんですよね。 右側のアウトリガーは前後ともに全張り出しと思われます。 〇 の部分ねクレーンに備え付けのアルミの敷板と思われます。 右前のアウトリガーの養生に設置してたハズ。 コレ、現場で設置した敷き鉄板の上に乗せる様にセットした。 で… ワタクシの疑問はココから… 〇の部分なんですけども、クレーン備え付けのアルミ敷板を格納する架装っぽいんですよ。 敷板を収められるようなアングルが立ってますよね? クレーン備え付けのアルミ敷板はアウトリガーの本数分の4枚なんですね。 1枚は右前のアウトリガーの養生に使用した。 残りの3枚はクレーンに乗ったままだったのではないか? 横転の勢いでアルミ敷板3枚が車外に投げ出されたのではないか? と思えてしまうんですね。 もしそうだとするならば… アルミ敷板1枚敷くなら、残りも敷けばよかったのに… って思ってしまう。 1枚敷くなら4枚敷くのも時間はたいしてかからないよ。 アルミ敷板を敷く事に対して 時間が無いから? めんどくさいから? で、その辺にあった角材を敷いたのかな? なので… 宮城・塩釜市のクレーン車横転事故 アウトリガー補強に角材使用か 18日、宮城県塩釜市内でクレーン車が横転した事故で、クレーン車を支えるアウトリガーを、通常用いられる鉄板ではなく強度の弱い角材で補強していたことが工事関係者への取材で分かりました。 警察が、安全管理に問題がなかったか調べています。 地盤の弱い場所では「アウトリガー」と呼ばれるクレーン車を安定させるための装置を左右に伸ばして、その下に鉄板を敷いて補強し事故を防ぎますが、その後の工事関係者への取材で、左右のアウトリガーの一方が通常用いられる鉄板ではなく 角材で補強されていたことが新たに分かりました。 警察は、鉄板よりも強度が弱い角材を使ったことが事故を引き起こした可能性もあるとみて、現場の安全管理に問題がなかったか調べを進めています。 という見解が出たのかな? と思われます。 角材で養生はいけないの? いけなくないですよ。 ワタクシも現場で角材をアウトリガーの下に敷いて作業する事はありますよ。 備え付けの角材ね。 コレ、結構固いのよね。 でね… クレーン備え付けの角材が砕けたとしてもさ ここまで潜らないんじゃない? ガッツリ潜っちゃってんじゃん。 地面もぬかるんでいる様には見えない。 仮に備え付けのアルミ敷板を使っていても潜ってたんじゃないかな? とも思えてしまう。 なんでそっちに旋回したの? ここからがワタクシの疑問の本題なんですけどね… その前に… 中間張り出しについて ちょっとコレも見て欲しいんですけどね 〇のトコねアウトリガーが中間張り出しなんですね。 で、コレね 左側のアウトリガー幅はこの性能だったのかなと。 で… ブーム長さなんですけども24mブームじゃないかな~? ブームロックの穴が3つ出てたから…。 でね、 重量と作業半径によっては中間張り出しでも作業できるんですね。 という情報も出てきました。 フック重量込みの10tか、機械モノが10tなのかはここではわかりませんが、仮にフック重量込みで10tとしたら… 真横を向いた状態で作業半径6mまでは作業できるんですね。 なので… 中間張り出しで作業した事がいけないんだ!! っていうのは間違いなのね。 それは置いといて… 旋回方向にすんげぇ疑問 防犯カメラが横転の一部始終を捉えていたって動画も出てましたね。 その動画を確認すると… 10tのモノを吊り上げて、トラックに積み込む予定だったんでしょうかね? クレーンの旋回体を確認しても左に旋回してるんですね。 なぜ中間張り出し側に10tも重量のあるモノを旋回させたのだろうか? なぜ中間張り出し側に10tも重量のあるモノを旋回しなくてはいけなかったのだろうか? 先ほども書きましたが、 中間張り出しでも能力内ならば作業できますよ。 けどね、自分が当事者だとしたらですよ… 心理的には アウトリガー幅が全張り出ししてる右側に旋回したいんですよ。 だってさ、アウトリガーを全張り出ししてる側のアウトリガーって、アルミの敷板と鉄板で養生してたじゃない? アウトリガー全張り出し側の能力としては、作業半径10m位までの余裕はあったんですよ。 アウトリガー中間張り出し側の能力って6mだったじゃない? その差4mもあるワケですよ。 わざわざ 作業半径に余裕の無い中間張り出し側に旋回させた事がワタクシが思うこの事故の一番の疑問なんですね。 それに、乗用車が多い側に旋回したってのも疑問なんですよね。 アウトリガーが潜らなくても、乗用車の上を吊荷が通過する事になりますよね? ワタクシ達は、吊荷の落下も常にリスクとして考えて作業してますからね。 ブームの下にも書いてあるでしょ? 吊荷の下に入るな!! ってね。 仮にね、 吊荷からボルトや部品が落下して乗用車に当たった~ なんて事になったら色々と大変だしね。 始業前の一仕事みたいだったんですけど、乗用車の中には作業員さんが乗ってるのも見えてたハズなんですよね。 最後に… なぜ中間張り出し側かつ乗用車の多い側に旋回させたんだろうか…? 現場責任者の指示なのか、玉掛合図者の指示か、オペの判断なのかはわかりませんがね…。 当事者でも関係者でも無いので勝手な事は言えませんがね。 結果論なのかもしれませんが、アウトリガー全張り出し側に旋回してさえいれば… もしかしたらではありますが、この災害は防げたのかもしれませんね…。 明日は我が身と思いながら、今日も限界へとレバーを入れる日々を送っている全国のオペの一人として、自分と皆様の運が尽きない事をお祈りいたします。 現場を見る限り、吊り荷は屋根の折板用の加工機で恐らく8t前後くらいです。 吊り位置が高い事から分かるように、支保工で組んである屋上へのステージ上の乾いた部分の形と大きさから加工機はそこに据えてあったのでしょう。 クレーンの設置位置からして、躯体側に旋回するには介錯がしづらいのと足場の立ち上がりを交わすのがブーム長と起伏角から難しい為左に旋回したんでしょうね。 あと4軸の落とし穴で、前方性能めっちゃ強いけど、旋回した瞬間に赤ランプみたいな感じで、特に旋回フリーにしてると限界超えても惰性でイッてしまうんですよね 転倒時の旋回から見ても左前脚に荷が集中した時点で転倒している様に見えるので、おそらく正面辺りから少し左に旋回した時点でアウトリガーが地面に潜行して行き転倒したと思われます。 あとステージ上に転倒する瞬間まで介錯ロープを持った人がいる事から合図通りだったんではないでしょうか? 何にせよ重量物を吊る時はアウトリガーの張り出しとしっかりとした養生がされてないと危険極まり無い事は確かですね。 自分もソレ思ったんですけど、さすがにあのクラスを乗ってて、その特性を知らないって事はないんじゃないかなぁ~って… 全張りでも正面からミラーの辺りを越えると2t程能力落ちますよね…。 なんで? ごもっともです…。

次の

塩釜市のクレーン横転事故の件で…

大分 クレーン 事故

鹿沼市クレーン車暴走事故 場所 樅山町 () 座標 : 日付 (平成23年) 7時45分頃() 原因 てんかん発作による意識喪失 運転免許の取得、更新の際の持病の未申告 治療薬の内服を怠ったため 死亡者 6名 損害 民家の垣根と作業小屋の一部 犯人 当時26歳の男 容疑 動機 持病の劣等感を克服するため 対処 自動車運転死傷行為処罰法 が施行 政令に定める特定の疾患を有する状態で起こした交通事故に危険運転致死傷罪を適用 刑事訴訟 懲役7年 民事訴訟 1億2500万円の賠償(男とその母親、勤務していた企業への請求) 鹿沼市クレーン車暴走事故(かぬましクレーンしゃぼうそうじこ)とは、に樅山町(もみやままち)で患者の男がを運転中、てんかんのが起きたのが原因で発生した。 事故概要 [ ] 2011年4月18日午前7時45分ごろ、にて中だった児童の列(約20 - 30人)に10トンクレーン車()が突っ込み、直後に民家の垣根と作業小屋の一部を破壊して停車した。 児童のうち6人がはねられ全員が死亡した。 単独事故での6人死亡は、後に発生した東山区でてんかんが原因とされるで8人が死亡した事故に次ぐ惨事となった。 被疑者とその家族 [ ] クレーン車を運転していた男(当時26歳 以下、男)はてんかんの持病があった。 免許を取得したころから事故を起こしており、今回の事故の前にも小学生をはね重傷を負わせる事故を起こしている。 この事故で有罪判決を受け中だった(この時は居眠り運転として処理された )。 過去10年間に12回の事故を起こしていた。 事故を起こしているのにもかかわらず男は運転免許の取得、更新の際に持病を申告せず、薬の服用を怠り、事故前日には深夜までをしており、睡眠時間は約3時間半程度だった。 医師からは何度も運転をしないように注意を受けていた。 男は母親と同居しており、相次ぐ事故にもかかわらず男に自動車を買い与えていた。 事故当日男が内服していないことを知っていながら母親は注意をしていなかった。 裁判 [ ] 刑事裁判 [ ] 男はで、された。 重大な結果をもたらした交通事故であり、治療薬の内服を怠った結果であるので、法定刑の上限が懲役20年のの適応が検討された。 同罪の対象は「故意」による無謀運転であるので、治療を怠っていたのを「故意」と認定するかが問題となった。 男が同様の案件で交通事故を繰り返していたことも重要視されたが、最終的に検察側は「故意」の立証を断念し、上限7年の自動車運転過失致死罪の適応に留まった。 は男が薬の服用を怠ったこと、過去にも事故を起こしていることを踏まえ、男がてんかんの発作を予兆していたと認定。 2011年12月19日に、自動車運転過失致死罪で7年の実刑判決を言い渡した。 翌年1月5日までに控訴せず刑が確定した。 遺族らは男が同様の罪で執行猶予中でありながら今回の重大な事故を起こしており、あまりにも軽すぎる罪であると指摘した。 民事裁判 [ ] 事故の遺族11人は男とその母親、勤めていた会社に対し3億7770万円のを求め宇都宮地裁に提訴した。 2013年4月24日、宇都宮地裁は、被告3者の責任を認め、合計1億2500万円の賠償を命じた。 母親に対して、成人である男の内服管理責任を認めた点は特筆的であった。 母親側は「薬を服用するかどうかは本人の責任で、親に注意義務は無い」、「仮に制止しても、本人はクレーン車の運転を決行していただろう」と反論していたが認められなかった。 遺族らの運動 [ ] 男がてんかんの持病を有しているのにもかかわらず、それを申告せず運転を続けた結果、今回の事故に至ったとして遺族は「 持病を有し、それを申告せず免許を取得、更新した場合の事故」に危険運転致死傷罪を適用すること、てんかん患者が病気を隠して不正に免許を取得できないようにすることを求める署名をに提出した。 その後法務省は危険運転致死傷罪と自動車運転過失致死傷罪の中間罪の法案を公表した。 これには遺族が望んでいる持病を有する状態での運転で生じた事故を適用条件に入れているが 、遺族らは、中間の罪が新設されたことにより逆に危険運転致死傷罪の適応が見送られるケースが増える可能性を指摘する声もあった。 2014年5月20日には、 自動車運転死傷行為処罰法 が施行され、自動車の運転に支障を及ぼすおそれがある病気として政令で定めるものの影響により、その走行中に正常な運転に支障が生じるおそれがある状態で、自動車を運転し、その病気の影響により正常な運転が困難な状態に陥り、人を死傷させた場合に、危険運転致死傷として被害者死亡の場合で1年以上20年以下の有期懲役に問えるようになった。 関連書籍 [ ]• 伊原高弘『あの日 〰鹿沼児童6人クレーン車死亡事故遺族の想い〰』 脚注 [ ] [].

次の

大型クレーン倒れ男性死亡、大分 機械メーカーの工場内で

大分 クレーン 事故

13日午後5時前、大分市にある三井E&Sマシナリー大分工場で大型クレーンが転倒し、一部が海に水没しました。 この事故で、クレーンを操作していた大分市の会社員・工藤俊吾さん(46)が病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。 「バリバリというすごい音がしたから、見たときはもう斜めになっていて、そのまま海の方に倒れた」(目撃者) 転倒した大型クレーンはコンテナの積み下ろしをするクレーンを製造するもので、およそ300トンを持ち上げる能力があるということです。 警察が事故原因を調べています。 みんなの意見 転倒というか折れてるからな… 過荷重なら先にフックとかワイヤーがやられる コンテナ積み下ろし用のクレーン組立用…特に重い部品と言ってもカウンターウェイトくらいじゃないのかなぁ 年次でも月例でも、駆動部とかワイヤーとかはしっかり点検するんだよな…柱の腐食かな… とにかくオペが気の毒だ 劣化や整備不良・・原因はいろいろ考えられるけど、こういう事故が起こらないと会社や社長らは、本気でメンテナンスの事を考えない。 こういう機器の維持費は、最小限度にしたいから。 亡くなった作業員の方はまだ若いし、本当に気の毒だ。 オーバーロードなら警報器が鳴るが・・・・ フレームの経年劣化 金属疲労や腐食 か・・・・ 15年位前までクレーンの点検やっていたが、古い物は怖かったな ここの保守点検していた者より この近辺の工場は、昔も時々この様な大きな事故で労働者が亡くなる事故起こしてたよな。 日頃の点検不足かな。 まさに忘れた頃に発生してる。 若くして亡くなったこの方の残された御家族が、一生困らないようなきちんとした補償しないと家族はたまったもんじゃないよ。 小さなお子さんとかいたらどうすんだ。 お父さんを奪った責任大きいぞ。 倒れ始める瞬間、考えただけでも怖い。 表向き、金属部分は塗装がされて綺麗だが潮風で中の方が腐食していたのかな・・・ 亡くなったオペレーター、まだまだ働き盛り。 家族もいただろうに。 定期点検はきちんとされていたはずなんだけど、途中で折れてるようですから海辺に近い現場のようですし長年潮風にさらされていたのもひとつの原因でしょうか? 25年海上コンの運転手してますけど,こんな事故,聞いたことないな…作業員が可哀相だ。 自分もクレーンオペレーターですが想像すると本当に怖いです!おそらくこの事故の水平展開もしなければならないので真面目に取り組みたいです!安全第一! これは恐い! 運転室からは逃げる事もできないし、どうする事もできないので不運でしかない。 ジブクレーンなのかな? 何かを吊っていたのか分からないけど、普段の月例点検や年次点検、劣化診断などメンテナンスを担当している所もこれから大変そう。 二度とこのような事は起きてほしくない! ガントリーか。 本船荷役で欠かせないガントリーだが、本船作業中にこんな事故が起きたら想像もつかない大惨事だな。 今回は製造過程中の事故で作業員の方が亡くなったとの事でご冥福をお祈りします。

次の