メイン クーン 猫。 メインクーンのネコちゃん販売情報 子猫一覧 ブリーダー直販のCats

画像で見るメインクーンの大きさや体重、毛色や目の色の種類

メイン クーン 猫

地域 : 茨城県• 毛色(毛質): ブラウンマッカレルタビー&ホワイト• 金額 : 180,000 円• 引渡可能予定時期 : 即日可能• 見学について : 完全予約制です。 土日・祝日のみとさせて頂いております。 見学はご希望日の4~7日前までにご予約ください(当日不可)。 人数制限がございます。 必ずお越しになる人数様をお知らせください。 猫カフェさんやペットショップさんのソレとは異なりますので、その辺ご理解くださいますよう宜しくお願い致します。 血統書の種類 : 国内血統書(ICC)は別途5,000円 血統書不要の場合は無料• 掲載日 : 2020年07月09日.

次の

メインクーンはどんな猫?特徴や性格、飼い方などを紹介

メイン クーン 猫

画像で見るメインクーンの大きさ メインクーンは純血種の猫の中でも最大の大きさを誇ります。 一緒に写ってる人も抱っこするのが大変そうです(笑) どれくらい大きいかは画像からもわかりますが、参考としてメインクーンは様々なギネス記録も保持している猫種なのです。 画像出典: 上記の画像は 「最も長い体の猫」、「最も長いしっぽを持つ猫」の2つのギネス記録を持つメインクーンのストゥーウィーちゃんです。 どっちの記録も身体の大きさを表すような記録ですね(笑) ストゥーウィーちゃんは2013年に亡くなってしまっていますが、存命中は老人ホームに触れ合いに行くなどしてお年寄りからも人気者だったようです。 メインクーンの体重 メインクーンの体は純血種の猫の中でも最も大きいため、体重もその分重くなります。 メインクーンの平均体重は以下になります。 オス 4~7kg• メス 3.5~7kg これはあくまで平均体重であり、 大きい子だと10kgにもなります。 猫の平均体重は4kgあたりなので、大きいメインクーンは平均の2倍~2. 5倍もの重さにもなります。 10kgもの体重があったらもはや猫というよりは、中型犬と同じくらいの重さですね(笑) 一説には体重15kgが最大(繁殖の限界)であるとも言われていますが、具体的な根拠は出ていません。 最も人気があるのは定番のブルーシルバーパッチドタビーです。 他にも茶色のメインクーンやブラウンタビー&ホワイト、真っ白のメインクーンなども人気です。 実際にどんな姿か画像で見ていきましょう。 メインクーンの目の色 メインクーンのはブルー、グリーン、ゴールド、カッパー、オッドアイのいずれかです。 メインクーンの目の色で最も多いのはゴールドとカッパーになります。 ただ白猫のメインクーンに関しては、ブルーやグリーンが多いようです。 サファイヤブルー(メインクーンはいません)• ブルー• アクア(メインクーンはいません)• グリーン• ヘーゼル(メインクーンはいません)• イエロー(メインクーンはいません)• ゴールド• オレンジ(メインクーンはいません)• カッパー• オッドアイ メインクーンの平均寿命 メインクーンの平均寿命は11~14歳と言われています。 猫の平均寿命は15歳であるため、それよりは若干短いようです。 ただメインクーンは健康的な生活をさせることで、長生きする猫としても知られています。 メインクーンを飼う際に最も注意するべきなのは何といってもです。 大きいメインクーンが見たいからと言って、たくさん食べさせて運動させないのは肥満の元になります。 成長している際は高たんぱく・高カロリーな食事が必要になりますが、同時に運動もしっかりとさせるようにしましょう。 まとめ アメリカ生まれのメインクーンはとてもたくましくハンサムな大柄な子が多いです。 長毛種であることから被毛もボリュームがあり、抱き心地は最高です。 性格も穏やかで優しい子が多く、しつけもしやすいです。 初心者が猫を飼う際にはかなりおすすめの猫種と言えます。 メインクーンについてより詳しく知りたい場合は、下の記事も確認してみてください。 はじめまして、ミツバと申します。 以前「猫カフェ」+「ペットショップ」+「ペットホテル」の店員でした。 店員だったときの経験を活かして、現在は『ネコワラ!』の管理人をしています。 プライベートではラグドールのわたげを飼っていましたが、2019年1月17日腎不全や腹水、黄疸などの症状から眠りにつきました。 1歳と11カ月のことです。 当サイトでは管理人が「仕事」「プライベートでの飼育経験」から得た猫に関する知識を、余すところなく公開していきます。 全ての猫好きが笑顔になれる場所を目指して、情報提供をしていきます。 ぜひ気軽に楽しんでいってください: 所持資格: ・少額短期保険募集人資格 ・アニコム損保ペット保険募集人資格 わたげが膀胱結石になり、40万円の治療費がかかったときの話はから.

次の

【猫の品種】メインクーンが1ページでまるわかり~特徴・歴史から性格・お手入れの仕方まで

メイン クーン 猫

メインクーンは猫種の中でもかなり大きく成長します。 個体差はありますが、成猫になると体長は1m、体重は3kg~9kgになるといわれて、成長するとともに食事量も変わります。 メインクーンにとって適切な食事量はどれぐらいになるのでしょうか?子猫・成猫・老猫の年齢別に食事量やおすすめの与え方などについてご紹介します。 一般的な猫の場合は、1年ぐらいで体の成長が止まりますが、メインクーンは3年ぐらいかけて成猫の体格になります。 ただし、メインクーンの成長スピードは個体差があり、5年ぐらいかけて成長する猫もいます。 成猫の体に成長するまで長く時間がかかりますが、急激に成長するのは1年ごろまでの時期です。 この時期にしっかりと骨格や体を作っておくためには、栄養価の高い食事をたっぷりと与えましょう。 特に子猫の頃は成長期であるため、多くの栄養を必要とします。 そのため、与える食事も高カロリーで栄養価が高い子猫専用のキャットフードがいいでしょう。 キャットフードによって表記してある目安が違うので必ず確認してください。 子猫の頃は消化器官が弱く、1度に大量の食事をすると上手に消化しきれないことがあります。 食事を与える回数は、消化器官に負担がかからないようにするために、1日に3回~4回ぐらいに分けて消化しやすいように少しずつに与えましょう。 子猫の時期は、骨格づくりもあるので食事量も気になりますが、カロリーも気になるところです。 下痢などをしていないかなど注意しながらこまめに食事を与えてください。 ですが、個体差があるので1年を過ぎたからといってすぐに切り替える必要はありません。 骨格や体重などを見て切り替えるタイミングを決めましょう。 体重は成長を図るバロメーターになるので、飼い主さんは日頃からこまめに体重を測定する習慣をつけるのをおすすめします。 メインクーンの成猫のサイズは、身長は1m、体重はオスで6kg~9kg、メスは3kg~6kgです。 この身長と体重に近づいてくると、成長具合もゆるやかになります。 子猫の時期が終わると考えていいでしょう。 キャットフードを変更する場合、いきなり食事の味が変わって食べなくなる猫もいます。 そういうことにならないように子猫用のキャットフードと成猫用のキャットフードを混ぜながら与えるといいでしょう。 そして、徐々に成猫用のキャットフードにしていってください。 猫も味の変化に気づきにくくなります。 食事量も子猫の時期の半分の量になるように少しずつ減らしていきましょう。 食事を与える回数は、1日2回が目安です。 食事と食事の感覚が空きすぎると肥満になりやすいのです。 できるたけ朝・夜の2回に分けて与えましょう。 個体差があるため、基本はキャットフードに表記してあるカロリーを参考にするといいでしょう。 また、立派な体を作るために運動も必要となってきます。 たくさん食べて、たくさん動けるようにキャットタワーなどを設置して、しっかりと運動ができる環境を飼い主さんが整えてあげましょう。 この老猫の時期の食事の大切なことは「食べやすいこと」「消化のいいこと」です。 食事量が減ると十分な栄養が吸収できないことも多いです。 基本的には、シニア専用のキャットフードを選ぶようにしましょう。 10年を超えたら、食事を与える回数を1日3回~4回に増やし、食事量は減らしましょう。 そうすることで、消化器官や体に負担がかからないようにします。 適切な食事管理や健康管理でより長生きできるので飼い主さんは是非気をつけてください。 個体差があるので、より食べる猫もいれば、少ししか食べない猫もいます。 食事量が適切なのか心配な場合は、動物病院で獣医師さんと相談するのもいいでしょう。

次の