うるま 市 コロナ 給付 金。 自営業者なら押さえておきたいコロナ対策給付金4点|コロナウイルス関連

うるま市が現金給付を開始 飲食・宿泊業者へ20万円の支援

うるま 市 コロナ 給付 金

Contents• 1:【個人向け】新型コロナウイルス給付金3選 個人が利用できる給付金(支援金)はないのか? 新型コロナウイルスの影響で、家計に悪影響を及ばされているのではありませんか。 「仕事ができない・仕事がなくなった」このような理由であれば、国から 給付金を受け取ることが可能です。 会社勤務・フリーランスなどの働き方ごとに、利用できる給付金が異なります。 さっそく 3つの給付金を紹介していきましょう。 上記3つの給付金について、詳しく紹介していきましょう。 1-1:現金の給付 1つ目の給付金は、現金の給付です。 政府では2020年3月18日、 現金給付案を検討中と発表しています。 詳しい金額・対象者については現在調整中ですが、近日中に現金給付案の詳細が発表されるでしょう。 日本では2008年のリーマン・ショック時に、全世帯を対象とし 1人あたり1万2千円(子ども・高齢者は2万円)の定額給付金を配った例があります。 今回の新型コロナウイルスでも、現金給付案が実行される可能性は十分に考えられるでしょう。 参考: 追記(2020年4月7日):政府は4月7日、一世帯あたり30万円の現金給付案を決定したと発表したのです。 給付対象者は以前の全世帯対象ではなくなり、2月以降の収入が1月以前と比べて下記2点に該当する世帯に限られます。 減少した住民税非課税世帯であること• 半分以下に収入が減り、収入が年収換算で住民税世帯の2倍以下に減った世帯 新型コロナウイルス感染症拡大前に比べ、世帯主の月収が減り、住民税が非課税になる水準まで落ち込んだ世帯を対象に一世帯あたり現金30万円を支給予定と発表しています。 フリーランスを含む個人事業主は、最大100万円支給予定です。 以前発表された条件とは大幅に変更があり、一般世帯では給付されることが難しい条件となりました。 参考: 1-2:個人向け緊急小口資金 2つ目の給付金は、個人向け緊急小口資金です。 個人向け緊急小口資金とは、コロナウイルスの影響によって 「収入減少」があった世帯を対象とした貸付制度になります。 生活福祉貸付制度に特例を設けたことで、一時的に資金が必要となった方へ 10万円の貸付が可能です。 さらに、学校等の休業の影響を受けた世帯に関しては 最大20万円の貸付を得ることができます。 コロナウイルスの影響で失業をした場合には、総合支援資金の特例措置を利用することが可能です。 総合支援資金の条件• コロナウイルスの影響で収入減・失業により、貸付を要する世帯• 貸付上限:(単身)月15万円以内(2人以上)月20万円以内• 措置期間:1年以内• 償還期限:10年以内• 貸付利子:無利子 参考: 1-3:新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応支援金 3つ目の給付金は、新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応支援金です。 この支援金は「 個人事業主・フリーランス」を対象としています。 小学校等の臨時休業等に伴い、お子さんの世話をするため、個人で契約している仕事ができなくなった場合に支援金を受け取ることが可能です。 令和2年2月27日~3月31日の期間において、仕事ができなかった日、1日あたり 定額4,100円が支給されます。 申請期間は令和2年3月18日~6月30日までです。 個人事業主・フリーランスで仕事をしている保護者の場合には、チェックしておきましょう。 主な条件• (1)保護者であること• (3)臨時休業等前に業務委託契約等を締結していること• (4)臨時休業等の影響で、業務を行うことができなくなったこと 参考: 2:【経営者向け】新型コロナウイルス給付金6選• 今後の経営が不安• テレワークを導入したいが、経費が足りない コロナウイルスは企業にも大きな影響を与えつつあります。 企業の中には、コロナウイルスの影響で経営が回らなくなり倒産してしまった会社も出現し始めているのです。 この非常事態を回避すべく、国は 6つの給付金を用意しています。 ご自身の事業内容や補助してほしいお金ごとに活用してみて下さい。 さっそく上記6つの給付金について紹介していきます。 2-1:新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金 1つ目の給付金は、新型コロナウイルス感染症による 小学校休業等対応助成金です。 小学校等に通う子どもの保護者を(正規雇用・非正規雇用を問わない)小学校等が臨時休業等をした場合に、休職に伴う 所得減少を回避するため、労働基準法上の年次有給休暇とは別に 有給休暇を取得させた企業に助成金が給付されます。 主な条件• 特例措置は、コロナウイルスの影響によって事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、 雇用維持を図るための休業手当を要した費用に対して助成金を給付します。 特例措置では、通常の雇用調整助成金のクーリング期間要件・被保険者期間要件を撤廃した内容で活用することが可能です。 また、他地域に比べて感染者が一定数以上かつ集中的に発生している地域の事業主の場合には、さらなる特例措置を受けることができます。 主な条件• 対象資金:経営安定資金• 保証割合:80%保証• 保証限度額:一般保証とは別枠で2億8,000万円 参考: 3:単発利用に有効!安全な会社5選 どうしても今すぐ資金が必要! 助成金や融資などの給付金は、受け取るまで時間がかかります。 今すぐに資金をどうにかしたいという場合、 有効的な先とは言えないでしょう。 即日でする方法は複数ありますが、借りないとして「 」をおすすめします。 は未回収の売掛債権(請求書)を譲渡することで、 売掛金の90%前後を早期現金化することが可能です。 融資に比べると手数料は割高ですが、単発的な目的であれば経営に影響を及ぼす可能性は低いと言えます。 スピード感のある取引方法が魅力なの中でも、優良と呼べる 5つの会社を紹介します。 1 上記5つの中でも、おすすめはウィットです。 少額から利用することができ、非対面方式で契約を結ぶことができます。 コロナウイルス感染拡大の中、外出を控えたいところです。 ウィットなら 自宅から申込・契約することができます。 上記5つの会社について詳しく解説していきましょう。 3-1:ウィット• 株式会社ウィット• 東京都新宿区西新宿7-7-28第二山本ビル5階• 03-6380-2277 ウィットは業界内でも珍しい「 小口専門」のファクタリング会社です。 最小30万円から利用することができ、 非対面式(来店不要)で即日利用することができます。 小口専門だからこそ実現できるスムーズな取引方法が魅力的で、緊急時でも安心してファクタリングを利用することが可能です。 3-2:事業資金エージェント• 株式会社モンキーパッド• 東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル5F• 03-5473-3555 事業資金エージェントは、 業界内でも手数料が安いと評判のファクタリング会社です。 業界最安水準の1. 5%~利用することができ、500万円までの申込なら 来店・面談の必要がありません。 最短3時間で資金調達することができ、緊急時にも十分活用できる優良店なのです。 また、 最大3億円までの大口案件にも特化しているので、企業の大型資金調達としても利用することができるでしょう。 まずは気軽に相談・問合せをしてみることをおすすめします。 3-3:anew• anew合同会社• 東京都千代田区外神田3丁目12番8号• 050-3205-1008• 手数料2%~9% anewは、新生銀行とOLTAが届ける新しいファクタリングサービスです。 法人専用のファクタリングサービスとなっており、数百万円~数千万円規模の大口案件に特化しています。 24時間ネット上で受付・手続きを行うことができ、いつでも利用することが可能です。 手数料は2%~9%と業界最安水準で提供されており、2社間ファクタリングでも資金調達コストをかけずにファクタリングを利用することができます。 中小企業・小規模事業者であれば、anewを利用しない手はないと言えるでしょう。 3-4:アクセルファクター• 株式会社アクセルファクター• 東京都新宿区高田馬場2-14-9アティレビル6F• 0120-542-471 アクセルファクターは、ファクタリング会社の中でも スピードが速いと評判のファクタリング会社です。 手数料は 2%~20%までと上限が明記されているので、安心して利用することができます。 また法人だけでなく個人事業主も利用することができ、審査通過率93%という高水準です。 「他で断られちゃった…」という場合でも、アクセルファクターに相談してみてはいかがでしょうか。 最短即日で利用することのできる優良店と言えます。 3-5:株式会社NO. 株式会社No. 東京都豊島区池袋4丁目2-11 CTビル3階• 03-5956-3670 No. 1は、 建設業特化型のファクタリング会社です。 建設業に特化しているからこそ、建設業者によりそったファクタリングサービスを提供することが出来ます。 50万円~5,000万円までなら、最短即日で資金調達することが可能です。 建設業に詳しい会社で資金調達したいな~という場合には、No. 1を利用することで実用的に活用することができるでしょう。 まとめ コロナウイルスで影響を受けた 「個人」「企業」向けの給付金について紹介してきました。 政府は今後も様々な角度から、サポートを行うでしょう。 給付金やサポートをうまく活用し、コロナウイルス終息時に備えておく必要があります。 一刻も早い終息を願いましょう。 syatyo3.

次の

生活再建支援金給付事業 【終了しました】

うるま 市 コロナ 給付 金

2020年06月25日• 2020年06月25日• 2020年06月25日• 2020年06月25日• 2020年06月25日• 2020年06月24日• 2020年06月23日• 2020年06月22日• 2020年06月22日• 2020年06月22日• 2020年06月22日• 2020年06月22日• 2020年06月18日• 2020年06月17日• 2020年06月17日• 2020年06月16日• 2020年06月16日• 2020年06月16日• 2020年06月15日• 2020年06月15日• 2020年06月12日• 2020年06月12日• 2020年06月11日• 2020年06月11日• 2020年06月11日• 2020年06月25日• 2020年06月25日• 2020年06月25日• 2020年06月25日• 2020年06月25日• 2020年06月24日• 2020年06月23日• 2020年06月22日• 2020年06月22日• 2020年06月22日• 2020年06月18日• 2020年06月17日• 2020年06月17日• 2020年06月16日• 2020年06月16日• 2020年06月15日• 2020年06月10日• 2020年06月09日• 2020年06月09日• 2020年06月08日• 2020年06月05日• 2020年06月04日• 2020年06月04日• 2020年06月03日• 2020年06月03日• 2020年06月22日• 2020年06月16日• 2020年06月15日• 2020年06月12日• 2020年06月12日• 2020年06月11日• 2020年06月11日• 2020年06月11日• 2020年06月04日• 2020年06月02日• 2020年06月02日• 2020年06月02日• 2020年05月27日• 2020年05月21日• 2020年05月13日• 2020年05月11日• 2020年05月01日• 2020年04月01日• 2020年03月31日• 2020年03月12日• 2020年02月19日• 2020年02月18日• 2020年02月04日• 2020年01月20日• 2019年12月01日• 2020年06月22日• 2020年05月07日• 2020年04月03日• 2020年03月24日• 2020年03月13日• 2020年03月03日• 2020年03月02日• 2019年11月27日• 2019年09月12日• 2019年09月11日• 2019年07月17日• 2019年03月06日• 2019年01月25日• 2019年01月08日• 2018年10月05日• 2018年09月07日• 2018年07月05日• 2018年05月07日• 2018年04月23日• 2017年03月16日• 2017年03月01日• 2017年02月14日• 2016年09月20日• 2015年07月30日•

次の

コロナ定額給付金手続き

うるま 市 コロナ 給付 金

【うるま】新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急支援策として、うるま市は12日、売り上げが減少した飲食・宿泊業の事業者を対象に1事業所当たり一律20万円の現金給付を手渡しで始めた。 県社会福祉協議会の「緊急小口資金」の貸付制度を利用する市民にも1世帯当たり一律10万円の給付を始めた。 どちらの給付も事前予約が必要で申請期間は6月15日まで。 うるま市の独自事業で、国の地方創生臨時交付金を活用している。 事業者向けの「飲食店等緊急支援金給付事業」は1億8千万円、個人向けの「生活再建支援金給付事業」は8691万円の予算を充てる。 急を要するため、市議会での議決を経ずに島袋俊夫市長の専決処分で1日に決定した。 市の「新型コロナウイルスに関するコールセンター」に電話で予約を取った後、市生涯学習・文化振興センターゆらてくで本人確認書類や営業許可証などを提示し受け取る。 市によると、12日午後4時時点で575事業所、232人が予約している。 12日は事業所と個人への給付がそれぞれ約70件ずつあった。 市の「新型コロナウイルスに関するコールセンター」は(電話)098(923)7124。

次の