おしり の 筋肉 を ほぐす。 お尻のコリをソフトボールで改善!冷え性を治す!名医のThe太鼓判|BIG EFFECT

凝り固まったお尻を緩めるのにオススメのテニスボールストレッチ

おしり の 筋肉 を ほぐす

筋肉をほぐすコツってありますか? 筋肉というのは不思議なもので、強い圧をかけたからほぐれる…というわけでもなければ、長い時間ほぐしたから柔らかくなる…というわけでもありません。 今日は 「筋肉をほぐすコツ」についてまとめてみたいと思います。 筋肉を柔らかくする3大ポイント 筋肉の硬さ(緊張の度合い)は、大きく分けて以下の3要素によって決められます。 筋温(血流)の問題• 張力の問題• 神経の問題 では1つずつ見ていきましょう。 冷えたステーキが徐々に硬くなるのと同様に、人間の筋肉も温度が下がると粘度が上がり、硬くなります。 また冷えて硬くなることで、血流の悪化にもつながります。 なるべく筋肉の温度は高めていきましょう。 筋肉はストレスがかかって疲労すると、硬くこわばることによって張力が高くなります。 筋肉を柔らかくするためには、この張力をゆるめる必要があります。 この時に注目したいのが 「腱紡錘:けんぼうすい」とよばれる固有受容器(いわゆるセンサー)です。 (引用:より).

次の

腰痛の原因はお尻のコリ!整体師が教えるたった10分で驚く程改善する方法とは?

おしり の 筋肉 を ほぐす

なんとなく腰がいたい…。 デスクワーク後にズシンと腰が重たい…。 腰に生じた辛さの解消のためにマッサージ店に通ったり、マッサージ器などで腰回りをマッサージしてみる経験がある方も多いのではないでしょうか? マッサージなどで一時楽になっても数日経つとまた元通りになってしまうことも……。 どうしても腰の痛みとなると腰ばかりに注目してしまいがちですが、お尻周辺の筋肉のコリから姿勢の悪化などを生じ、痛みや辛さが増長してしまっていることもあります。 身に覚えのある方は 一度お尻周辺の筋肉(大臀筋・中殿筋・小殿筋など)のストレッチを行なってみてください。 自宅でお手軽に出来るセルフケアで症状によっては腰の重さが取れたり、フットワークが軽くなるなど辛さの解消に役立ちます。 ヒップアップ目的やダイエット目的でも筋肉の柔軟性を高めておくことは大切ですので特に痛まないという方でもお尻のエクササイズとして行なってみましょう。 腰痛と関わりのあるお尻周辺の筋肉 当サイトでは体幹トレーニングの特集〜おしり編としまして大臀筋・中殿筋・小殿筋などの筋肉を鍛える方法をご紹介してきました。 鍛えることももちろん大切ですが、運動後の筋肉の疲労を取り除くためにも、歩き疲れや座り疲れなどの日常生活の疲労を取り除いて上げる必要があります。 今回は腰の痛みの原因ともなりやすいこれらの筋肉とお尻周辺のインナーマッスル(梨状筋など)をほぐすストレッチ方法をご紹介します。 まずはおさらいとしてその他の記事でもご紹介しましたお尻周辺の筋肉図をご紹介します。 図中では大臀筋・中殿筋・小殿筋が記載されていますが、股関節周辺の筋肉(股関節外旋筋群:梨状筋など)も腰の痛みと関わりがあります。 これらのお尻周辺の筋肉は「走る」、「歩く」、「ジャンプする」などの動きの他、「バランスをとる」、「姿勢の保持」、「股関節の回旋」など下半身の複雑な動きに対応している大切な筋肉です。 大臀筋・中殿筋をほぐすストレッチ それでは実際にお尻の筋肉をほぐすためのストレッチをご紹介します。 まずは大臀筋・中殿筋・小殿筋をほぐすためのストレッチ方法をご紹介します。 そのまま上体を前へと突き出します。 左右それぞれを10秒程度行いましょう。 上体が反りすぎると腰へ負担をかけてしまうので図のようになるべく背筋を伸ばし、ヒザに胸をなるべく近付けるように行いましょう。 足を使うスポーツを行う方や学校で体育前の準備運動などを定期的に行なっている方には比較的お馴染みの運動ではないでしょうか? こちらのエクササイズでも股関節周辺の筋肉(股関節外旋筋群:梨状筋など)もほぐすことが出来ますので腰に疲れを感じる方などは行なってみて下さい。 職場ではちょっとやり辛い…、かもしれません。 残業中にこっそり行なったり、自宅で行なってみましょう。 股関節の可動域を大きくしつつお尻の筋肉を伸ばすことが出来ます。 1)背筋を起こして足を横に出します。 今までの筋肉は大殿筋を伸ばすものばかりでしたが、このストレッチは中殿筋と小殿筋を中心にストレッチすることができますので、必ず他のものとセットで行うようにして下さい。 歩くと固くなってしまうこれらの筋肉は、日頃メンテナンスして欲しい筋肉です。 腰が痛い肩はここが固まっているケースが多々ありますので、心当たりのある肩は是非お試し下さい。 サイドベンドというエクササイズを御存知でしょうか?脇腹や身体の側部をストレッチしたり、鍛える事が出来るエクササイズなのですが、実は中殿筋や小殿筋のストレッチにもなります。 1)まず、足を肩幅に開いて準備します 2)まず右手を上げて、上体を左に曲げていきましょう 3)体重は挙げた手の方(今回は右手)の足に乗せるようにします 4)もし、お尻の側部にストレッチを感じないようであれば、左足を右足の前に交差させ、よりお尻の側部がストレッチされるよう工夫してみてくださいね 梨状筋をストレッチする方法 下図のように仰向けに寝た状態で立膝を立てます。 立膝を建てた状態から片足を倒します。 下図のように倒した側の足の裏をもう片足に交差させることで更に効果的になります。 倒している側の足を下図のように地面へと近づけます。 この倒した状態で3秒ほどキープします。 逆側も同様に行います。 以上です。 立ち仕事の方、一日中デスクワークの方は特にお尻周辺の筋肉に疲れがたまり、知らぬうちに腰の痛みへとつながってしまっていることがあります。 ストレッチなどでほぐしつつ、余裕のある休日などには過去記事などでご紹介したお尻周辺のトレーニングなども実践してみてください。 ヒップアップ効果などもあります! 今回は腰痛などとも関わりの深い、お尻の筋肉のストレッチ方法をご紹介しました。 体幹トレーニングの効果や体の部位別でのやり方をまとめた記事をご紹介しましたので参考にしてみてください! ストレッチをダイエットに活かすためのコツや部位別のやり方を詳しく解説したまとめ記事もご用意しています! カテゴリー• 107• 109•

次の

腰痛の原因はお尻のコリ!整体師が教えるたった10分で驚く程改善する方法とは?

おしり の 筋肉 を ほぐす

著者: 腰や首の脊柱管狭窄症による足腰・首・肩の痛みやしびれは、筋肉に生じたトリガーポイントが原因である可能性があります。 トリガーポイントを放置していると、しだいに周囲の筋肉を巻き込んで新たなトリガーポイントを生み、痛みやしびれを拡大・重症化させる可能性があります。 そうなると、ささいな動作でも強い痛みが生じるようになります。 もしもトリガーポイントが原因なら、できるだけ早く取り除くことが重要です。 そこで、トリガーポイントを取り除く自力療法として、私の治療院では「三角もみ」や「テニスボールほぐし」をすすめています。 この記事では、腰の脊柱管狭窄症に効く「テニスボールほぐし」のやり方を解説します。 トリガーポイントができる仕組みや首の脊柱管狭窄症に効く「三角もみ」については、以下の記事をご覧ください。 腰の脊柱管狭窄症によく効くテニスボールほぐし テニスボールほぐしを行うときのポイントは以下の通りです。 痛みやしびれの原因となるトリガーポイントを放っておくと、どんどんと重症化してしまう可能性があります。 みなさんもぜひ、このテニスボールほぐしを行って、どうしても取れない痛みやしびれの改善を目指しましょう。 ・記事の内容は安全性に配慮して紹介していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して専門医にご相談ください。 ・医療機関にて適切な診断・治療を受けたうえで、セルフケアの一助となる参考情報として、ご自身の体調に応じてお役立てください。 ・本サイトの記事は、医師や専門家の意見や見解であり、効果効能を保証するものでも、特定の治療法・ケア法だけを推奨するものでもありません。 1999年 ジャパンカレッジオブオステオパシー 卒業 1998~2004年 高野台松本クリニック 同 練馬 でリハビリテーションに携わる。 2003年 明星大学通信教育部心理教育学科 卒業 2004~2005年 医療法人 愛全会 札幌市 でケアマネージャーとして勤務。

次の