おう し 座 いつ。 おうし座

南極観測船「宗谷」が見た、突然の流星群

おう し 座 いつ

「電車の中でのマナー」 について、 日々多くの人が議論しています。 たくさんの人が狭いスペースを分け合い、 心地良くすごすには、知恵が必要です。 妊婦さんやお年寄り、 病気やケガをしている人には席を譲る、とか、 リュックサックは背負ったままにせず、 前に抱えるか足元に降ろすか網棚にあげる、とか、 様々なルールやマナーが存在します。 電車の中で子ども達が暴れ回っているのに、 父親とおぼしき男性は子どもに注意もしないでいる、 という光景を見て、 多くの人が苛立っていました。 ある人が見かねて、男性に 「あなたの子どもなら、 ちゃんとしつけをすべきだ」 と注意しました。 すると男性は、 はっとしたように注意した人の顔を見て 「すみません、 今日、この子達の母親が重病で倒れて、 呆然としていたものですから」 と応えました。 乗客達のピリピリした雰囲気はがらりと変わり、 注意した人も驚いて、 態度を変え、彼を励ましました。 このエピソードは、 他の記事でご紹介したこともありますし、 かなりポピュラーです。 父親がどんな状況であろうと、 「暴れる子どもを放置する」 というのは、ルール違反です。 ですがこの場面では 「ルール」を超える、 もっと上位の「知恵」が適用されました。 頼りにしていたパートナーが倒れ、 悲しみとこれからの生活への不安に圧倒されている人に、 小さなルールを守るよう要請することは、 「あり得ない」ことです。 「正しさ=ルール」が適用できない場面で 私たちは「優しさ」という、 より高度な知的選択をすることになります。 私たちは日常生活において 他者や自分に「優しくするかどうか」を選べます。 「自分に厳しく人に優しいのがただしい」 等という考え方もあります。 ただ「世界」については、どうでしょうか。 「世界」は、私たちに優しくしてくれるでしょうか。 それが信じられないのが「現実社会」で、 それを信じさせようとするのが 宗教的な世界や、精神世界である というような気もします。 現代社会では特に、 「誰も頼りにすることは出来ないのだから、 自分で何とかしなければならない」 「少しでも間違ったことをすれば、 厳しく責任を問われ、糾弾されるのだから、 気をつけなければならない」 というふうに、 ことさら「受け取れる優しさ」が否定されているようにも思われます。 世界は厳しい。 だから、亀が甲羅に首を引っ込めるように、 自分を守り、気をつけて生きなければならない。 そういう考え方が たとえば「生きづらさ」というような思いに つながっているのではないかという気もするのです。 優しくすることは、 難しいことです。 解りやすい「ルール」を適用するほうが、 よほど簡単なのです。 私たちの心はつい、 簡単なほうへ簡単なほうへと流れます。 優しさは、 たとえば前述の父親の立場のような、 複雑な状況を理解し対応しようとする態度のことです。 失敗した人を責めたり、 違反した人を処分したりすることは、 ごくわかりやすく、簡単です。 彼らの事情に耳を傾け、 彼らの気持ちや未来について考えることは、 高度な知的態度を必要とします。 優しさは、そうした知的態度から生まれるものなのです。 2020年、牡牛座の人々は、 「世界が自分に優しくしてくれる」という、 その感触を見いだすのではないかと思います。 たとえば、心から信頼できる「師」に出会う、 というのも、そうした現象だと思います。 自分が研究すべきテーマに出会うとか、 自分に助けを求めてくれる人に出会う、といったことも、 ごく広い意味で、 この世界に普遍的な「優しさ」がある、 ということの発見ではないかと思います。 私たちが思いきって自己表現したり、 多くの人とは違ったものを選択したり、 新しいことに挑戦したりできるのは、 「世界は、それを優しく受け止めてくれるだろう」 「誰かが理解してくれるだろう」 との思いがあるからです。 これは、 賞賛されるとか、儲かるとかではなく、 「それをやって、たとえ不成功に終わっても、 ちゃんとこの世界に受け入れられ、 生きていけるだろう」 というくらいのことです。 許されるだろう、 次のチャンスを得られるだろう、 お互いの違いを許容してもらえるだろう、 という想定です。 これはつまり、上記のような、 「他者の知性」への信頼です。 他人の理性や知性を信じることが、 「この世界は、優しい場所であるはずだ」 という前提につながります。 このことこそが、 2020年の牡牛座の人々が発見するテーマなのだろうと思うのです。 「世界の優しさ」は、 「人々の優しさ」であり、 「人の優しさ」です。 2020年、あなたは自他の深い優しさを発見し、 そこに、生きる場を作る力を見いだすでしょう。 たとえば、 海外に旅行したとき、 文化を異にする人々とのやりとりでは、 優しさが是非とも、必要になります。 言葉やルールが 「わからない」 ということを、 相手に理解され、受け止めてもらって、 初めて異文化圏を旅行できます。 異文化での経験を積むと、 人は他者に対して優しくなれます。 複雑さへの想像力が強まり、 理解度が増すからです。 「優しさ」は考え深く、経験知にあふれ、 継続的で、一貫性があります。 たとえば詐欺師の優しい態度は、 どこかで必ず終わります。 つまり、一貫性がありません。 精神的な強さと知恵がなければ 本当の優しさは実現できません。 優しいということは、 心が優れている、 ということであるはずです。 この時期のあなたは、 本当の優しさを実現するために必要なことを、 たくさん学ぶことになるでしょう。 そして、急激な成長を遂げることになるでしょう。 人からの提案に「乗って」動いたり、 仲間から協力を求められたりと、 人と一緒に動く場面が多いはずです。 素敵なチャンスが巡ってくる時ですが、 人とそのチャンスを 「分かち持つ」ような形になりやすいかもしれません。 2月半ばから3月にかけて、 大移動をする人もいるはずです。 大旅行、大冒険、 大勉強をする人もいるかもしれません。 「ここではない、どこか」 を目指すことは、 2020年の牡牛座の一大テーマですが、 その最初の熱い加速がここで起こります。 3月はとても「自分らしく」なれる時でもあります。 いろいろな事が楽しく感じられますし、 新しいことも次々と始まるでしょう。 2019年中に取り組んだことの 「続編」のような展開もあり得ます。 4月から8月頭にかけては、 経済面でとても嬉しいことが起こりそうです。 収入が増えたり、 イイ買い物が出来たりと、 色々な意味で「豊かになれる」時です。 とても生産的な時期です。 中でも4初から5月前半は 仕事や対外的な活動において 「勝負」を欠けるタイミングとなっています。 さらに、5月後半から6月は、 仲間との緻密なコミュニケーションが必要となるでしょう。 新しい仲間が増える気配もあります。 6月末から年明けに跨がっての半年強、 人からは見えない所で、 「隠れた敵を倒す」 ようなプロセスが展開しそうです。 長年の悩みの種だったことを解決したり、 自分自身の内面的な問題に取り組んだりと、 深く根をはった課題を解消して、 真の精神的自由を取り戻せる時期となっています。 この作業に協力してくれる人にも恵まれるでしょう。 「過去と向き合う」場面もあるはずです。 8月から9月頭は素晴らしいコミュニケーションに恵まれます。 朗報が飛び込んできたり、 ずっと話したかった相手と話せたり、 といった、嬉しいことが多いでしょう。 9月から10月頭は、 「居場所」に関して得るものが多そうです。 家族や身近な人と過ごす時間が とても大切なものとなります。 10月は懐かしい人に再会できる気配があります。 あなたがずっと気になっていた人が、 心を開いてくれるかもしれません。 10月末から11月中旬は、 比較的調子のいい、爽やかな時期となります。 ただ、11月は日を追うほどに、 人間関係がバタバタしてきそうです。 人から刺激を受ける場面もあれば、 人と動く事で変化が多くなり、 ちょっとストレスを感じることもあるかもしれません。 「一人で過ごせる場所」を確保し、 一人の時間をしっかりとるようにすると、 ストレスを上手く分解できそうです。 12月は仕事や対外的な活動の場で、 大きな変化が起こるタイミングです。 転職や重要なポジションへの抜擢、 独立や起業など、 重要な決断をする人も少なくないでしょう。 人生でそう何度も巡ってこないような、 重要なスタートラインに立つ節目です。 ひとつは 「精神的な成熟」です。 もうひとつは 「経済的価値観」です。 2020年のあなたは、 精神面・知性の面で、 飛躍的な成長を遂げることになります。 ですから、 「人を見る目」も変化するはずなのです。 愛を探している人は、 今までとは違った目で人を見るようになるでしょうし、 カップルも、相手への理解のありかたが 非常に深いものに変わっていくでしょう。 あなたの内なる変化が、 お互いの関係性の変化をもたらすのです。 それは概ね、前向きなものとなるでしょう。 一方、 所謂「腐れ縁」のような関係は あなたの内なる成長によって、 解消に向かう可能性があります。 これまで見えなかったものが見えてきたとき、 執着の鎖が自動的に消えていく、 という現象も起こりうるはずです。 もうひとつの 「経済的価値観」は、 文字通り、 お金の使い方や稼ぎ方に関することです。 経済的な理由で別れるカップルは 決して少なくありません。 「結婚して初めてわかった!」 というような経済的現実や相手のクセは、 できれば事前に知っておきたいものです。 話題に上らせにくいテーマではあるのですが、 この2020年の愛では特に、 経済面での価値観については、 すりあわせていく必要があります。 カップルも、 お互いの経済活動について深く知り合ったり、 経済的な役割分担を変えたりすることで、 関係が改善する、 と言ったことが考えられます。 「一緒に料理をする」 「一緒に買い物をする」 など、 物質的な体験をシェアすることは、 互いの関係を持続させる上で、 結構、大事なことなのかもしれません。 愛に追い風が吹くのは、 1月半ばから2月頭、 3月、10月から12月前半です。 経済的理由で夢を諦めたり、 立場上、言いたいことが言えなかったり、 ということを、 多くの人が経験しています。 でも、お金も立場も、 本来は 「人が用いるもの」 です。 立場を(いい意味で)利用して、 社会を大きく改善する人がいます。 お金の稼ぎ方や使い方を通して、 大きく成長する人もいます。 牡牛座の人々はもともと、 物事の価値を「用いる」ことが上手です。 その才能を2020年は、 あなた自身を自由にするために 使うことになるようです。 2020年、牡牛座の人々の中には、 輝くような立場を得る人もいれば、 豊かな財を得る人もいるはずなのですが、 その捉え方や使い方は、 以前とは、かなり違ったものになりそうです。 それらは「守るもの」ではなく、 現状を変えるためのカギであり、 未来に進むための扉となっています。 「自由」は、 2019年からの牡牛座の一大テーマですが、 2020年はそのテーマに、 お金や社会的立場といった、 かなり現実的な切り口から取り組んでゆくことになるはずです。

次の

おうし座と相性の良い星座は?独占欲の強い性格を示す神話を解説!2019年運勢も!

おう し 座 いつ

「電車の中でのマナー」 について、 日々多くの人が議論しています。 たくさんの人が狭いスペースを分け合い、 心地良くすごすには、知恵が必要です。 妊婦さんやお年寄り、 病気やケガをしている人には席を譲る、とか、 リュックサックは背負ったままにせず、 前に抱えるか足元に降ろすか網棚にあげる、とか、 様々なルールやマナーが存在します。 電車の中で子ども達が暴れ回っているのに、 父親とおぼしき男性は子どもに注意もしないでいる、 という光景を見て、 多くの人が苛立っていました。 ある人が見かねて、男性に 「あなたの子どもなら、 ちゃんとしつけをすべきだ」 と注意しました。 すると男性は、 はっとしたように注意した人の顔を見て 「すみません、 今日、この子達の母親が重病で倒れて、 呆然としていたものですから」 と応えました。 乗客達のピリピリした雰囲気はがらりと変わり、 注意した人も驚いて、 態度を変え、彼を励ましました。 このエピソードは、 他の記事でご紹介したこともありますし、 かなりポピュラーです。 父親がどんな状況であろうと、 「暴れる子どもを放置する」 というのは、ルール違反です。 ですがこの場面では 「ルール」を超える、 もっと上位の「知恵」が適用されました。 頼りにしていたパートナーが倒れ、 悲しみとこれからの生活への不安に圧倒されている人に、 小さなルールを守るよう要請することは、 「あり得ない」ことです。 「正しさ=ルール」が適用できない場面で 私たちは「優しさ」という、 より高度な知的選択をすることになります。 私たちは日常生活において 他者や自分に「優しくするかどうか」を選べます。 「自分に厳しく人に優しいのがただしい」 等という考え方もあります。 ただ「世界」については、どうでしょうか。 「世界」は、私たちに優しくしてくれるでしょうか。 それが信じられないのが「現実社会」で、 それを信じさせようとするのが 宗教的な世界や、精神世界である というような気もします。 現代社会では特に、 「誰も頼りにすることは出来ないのだから、 自分で何とかしなければならない」 「少しでも間違ったことをすれば、 厳しく責任を問われ、糾弾されるのだから、 気をつけなければならない」 というふうに、 ことさら「受け取れる優しさ」が否定されているようにも思われます。 世界は厳しい。 だから、亀が甲羅に首を引っ込めるように、 自分を守り、気をつけて生きなければならない。 そういう考え方が たとえば「生きづらさ」というような思いに つながっているのではないかという気もするのです。 優しくすることは、 難しいことです。 解りやすい「ルール」を適用するほうが、 よほど簡単なのです。 私たちの心はつい、 簡単なほうへ簡単なほうへと流れます。 優しさは、 たとえば前述の父親の立場のような、 複雑な状況を理解し対応しようとする態度のことです。 失敗した人を責めたり、 違反した人を処分したりすることは、 ごくわかりやすく、簡単です。 彼らの事情に耳を傾け、 彼らの気持ちや未来について考えることは、 高度な知的態度を必要とします。 優しさは、そうした知的態度から生まれるものなのです。 2020年、牡牛座の人々は、 「世界が自分に優しくしてくれる」という、 その感触を見いだすのではないかと思います。 たとえば、心から信頼できる「師」に出会う、 というのも、そうした現象だと思います。 自分が研究すべきテーマに出会うとか、 自分に助けを求めてくれる人に出会う、といったことも、 ごく広い意味で、 この世界に普遍的な「優しさ」がある、 ということの発見ではないかと思います。 私たちが思いきって自己表現したり、 多くの人とは違ったものを選択したり、 新しいことに挑戦したりできるのは、 「世界は、それを優しく受け止めてくれるだろう」 「誰かが理解してくれるだろう」 との思いがあるからです。 これは、 賞賛されるとか、儲かるとかではなく、 「それをやって、たとえ不成功に終わっても、 ちゃんとこの世界に受け入れられ、 生きていけるだろう」 というくらいのことです。 許されるだろう、 次のチャンスを得られるだろう、 お互いの違いを許容してもらえるだろう、 という想定です。 これはつまり、上記のような、 「他者の知性」への信頼です。 他人の理性や知性を信じることが、 「この世界は、優しい場所であるはずだ」 という前提につながります。 このことこそが、 2020年の牡牛座の人々が発見するテーマなのだろうと思うのです。 「世界の優しさ」は、 「人々の優しさ」であり、 「人の優しさ」です。 2020年、あなたは自他の深い優しさを発見し、 そこに、生きる場を作る力を見いだすでしょう。 たとえば、 海外に旅行したとき、 文化を異にする人々とのやりとりでは、 優しさが是非とも、必要になります。 言葉やルールが 「わからない」 ということを、 相手に理解され、受け止めてもらって、 初めて異文化圏を旅行できます。 異文化での経験を積むと、 人は他者に対して優しくなれます。 複雑さへの想像力が強まり、 理解度が増すからです。 「優しさ」は考え深く、経験知にあふれ、 継続的で、一貫性があります。 たとえば詐欺師の優しい態度は、 どこかで必ず終わります。 つまり、一貫性がありません。 精神的な強さと知恵がなければ 本当の優しさは実現できません。 優しいということは、 心が優れている、 ということであるはずです。 この時期のあなたは、 本当の優しさを実現するために必要なことを、 たくさん学ぶことになるでしょう。 そして、急激な成長を遂げることになるでしょう。 人からの提案に「乗って」動いたり、 仲間から協力を求められたりと、 人と一緒に動く場面が多いはずです。 素敵なチャンスが巡ってくる時ですが、 人とそのチャンスを 「分かち持つ」ような形になりやすいかもしれません。 2月半ばから3月にかけて、 大移動をする人もいるはずです。 大旅行、大冒険、 大勉強をする人もいるかもしれません。 「ここではない、どこか」 を目指すことは、 2020年の牡牛座の一大テーマですが、 その最初の熱い加速がここで起こります。 3月はとても「自分らしく」なれる時でもあります。 いろいろな事が楽しく感じられますし、 新しいことも次々と始まるでしょう。 2019年中に取り組んだことの 「続編」のような展開もあり得ます。 4月から8月頭にかけては、 経済面でとても嬉しいことが起こりそうです。 収入が増えたり、 イイ買い物が出来たりと、 色々な意味で「豊かになれる」時です。 とても生産的な時期です。 中でも4初から5月前半は 仕事や対外的な活動において 「勝負」を欠けるタイミングとなっています。 さらに、5月後半から6月は、 仲間との緻密なコミュニケーションが必要となるでしょう。 新しい仲間が増える気配もあります。 6月末から年明けに跨がっての半年強、 人からは見えない所で、 「隠れた敵を倒す」 ようなプロセスが展開しそうです。 長年の悩みの種だったことを解決したり、 自分自身の内面的な問題に取り組んだりと、 深く根をはった課題を解消して、 真の精神的自由を取り戻せる時期となっています。 この作業に協力してくれる人にも恵まれるでしょう。 「過去と向き合う」場面もあるはずです。 8月から9月頭は素晴らしいコミュニケーションに恵まれます。 朗報が飛び込んできたり、 ずっと話したかった相手と話せたり、 といった、嬉しいことが多いでしょう。 9月から10月頭は、 「居場所」に関して得るものが多そうです。 家族や身近な人と過ごす時間が とても大切なものとなります。 10月は懐かしい人に再会できる気配があります。 あなたがずっと気になっていた人が、 心を開いてくれるかもしれません。 10月末から11月中旬は、 比較的調子のいい、爽やかな時期となります。 ただ、11月は日を追うほどに、 人間関係がバタバタしてきそうです。 人から刺激を受ける場面もあれば、 人と動く事で変化が多くなり、 ちょっとストレスを感じることもあるかもしれません。 「一人で過ごせる場所」を確保し、 一人の時間をしっかりとるようにすると、 ストレスを上手く分解できそうです。 12月は仕事や対外的な活動の場で、 大きな変化が起こるタイミングです。 転職や重要なポジションへの抜擢、 独立や起業など、 重要な決断をする人も少なくないでしょう。 人生でそう何度も巡ってこないような、 重要なスタートラインに立つ節目です。 ひとつは 「精神的な成熟」です。 もうひとつは 「経済的価値観」です。 2020年のあなたは、 精神面・知性の面で、 飛躍的な成長を遂げることになります。 ですから、 「人を見る目」も変化するはずなのです。 愛を探している人は、 今までとは違った目で人を見るようになるでしょうし、 カップルも、相手への理解のありかたが 非常に深いものに変わっていくでしょう。 あなたの内なる変化が、 お互いの関係性の変化をもたらすのです。 それは概ね、前向きなものとなるでしょう。 一方、 所謂「腐れ縁」のような関係は あなたの内なる成長によって、 解消に向かう可能性があります。 これまで見えなかったものが見えてきたとき、 執着の鎖が自動的に消えていく、 という現象も起こりうるはずです。 もうひとつの 「経済的価値観」は、 文字通り、 お金の使い方や稼ぎ方に関することです。 経済的な理由で別れるカップルは 決して少なくありません。 「結婚して初めてわかった!」 というような経済的現実や相手のクセは、 できれば事前に知っておきたいものです。 話題に上らせにくいテーマではあるのですが、 この2020年の愛では特に、 経済面での価値観については、 すりあわせていく必要があります。 カップルも、 お互いの経済活動について深く知り合ったり、 経済的な役割分担を変えたりすることで、 関係が改善する、 と言ったことが考えられます。 「一緒に料理をする」 「一緒に買い物をする」 など、 物質的な体験をシェアすることは、 互いの関係を持続させる上で、 結構、大事なことなのかもしれません。 愛に追い風が吹くのは、 1月半ばから2月頭、 3月、10月から12月前半です。 経済的理由で夢を諦めたり、 立場上、言いたいことが言えなかったり、 ということを、 多くの人が経験しています。 でも、お金も立場も、 本来は 「人が用いるもの」 です。 立場を(いい意味で)利用して、 社会を大きく改善する人がいます。 お金の稼ぎ方や使い方を通して、 大きく成長する人もいます。 牡牛座の人々はもともと、 物事の価値を「用いる」ことが上手です。 その才能を2020年は、 あなた自身を自由にするために 使うことになるようです。 2020年、牡牛座の人々の中には、 輝くような立場を得る人もいれば、 豊かな財を得る人もいるはずなのですが、 その捉え方や使い方は、 以前とは、かなり違ったものになりそうです。 それらは「守るもの」ではなく、 現状を変えるためのカギであり、 未来に進むための扉となっています。 「自由」は、 2019年からの牡牛座の一大テーマですが、 2020年はそのテーマに、 お金や社会的立場といった、 かなり現実的な切り口から取り組んでゆくことになるはずです。

次の

幻の「ほうおう座流星群」の構造と母彗星の活動度を解明

おう し 座 いつ

夜空におうし座が輝く季節は? 星占いでおうし座生まれの人の誕生日は、4月20日頃から5月20日頃にあたります。 季節は春の盛りから新緑がまぶしい初夏へと移り変わるとき。 ですが、その時期に夜空を見上げても、おうし座を探すことはできません。 というのも、星占いで「私はおうし座生まれです」というとき、それは「生まれた日に、おうし座のあたりに太陽がいた」ということを意味しているから。 おうし座に限らずどの星座でも、毎年誕生日がめぐってくる頃になると、誕生星座は太陽の背後にいて、昼の空の中を太陽と一緒に移動しているのです。 それでは、誕生星座が見頃を迎えるのはいつかというと、誕生日から3~4ヵ月ほど前になります。 おうし座の場合は、 冬の夜空がベストです。 ガイド役はオリオン座におまかせ 12月末から2月の宵、南の空を見上げると、おうし座がちょうど見やすい高さに昇ってきています。 おうし座を探すためのガイド役になってくれるのはオリオン座です。 夜空にオリオン座を見つけたら、星が3つ並んだ「三つ星(みつぼし)」の並びにそって、視線を右上へうつしていきましょう。 すると、周辺の星々よりひときわ明るく、オレンジ色に輝く星に行き着くはず。 それがおうし座の 1等星・アルデバランです。 星座絵を見ると牡牛の右目にあたり、まるで目を血走らせているかのよう。 星の光から牡牛の猛々しさが伝わってきます。 星の並びに星座絵を重ねると、こんな感じ。 勇者オリオンが牡牛に戦いを挑んでいるようにも見えますね ヒアデス星団は、アルデバランを先端に、星々がV字の形に並んでいるあたり。 さらにヒアデス星団から西方向へ視線をうつしていくと、星が寄り添うようにして集まっているのがわかります。 それがプレアデス星団です。 星座絵では、ヒアデス星団は牡牛の顔、プレアデス星団は牡牛の肩と覚えておきましょう。 「おうし座」は大神ゼウスの化身 神話によれば、この牡牛は、フェニキアの王女・エウロパに恋してしまった大神ゼウスの化身。 エウロパの気を引くために、真っ白な美しい牡牛に姿を変えたゼウスは、警戒心を抱くことなく近づいてきた彼女を背中に乗せると猛スピードで海の中に駆け込んで連れ去ってしまいました。 星座絵をよく見てみると、牡牛の胴体から後足にかけて描かれていませんよね。 それは、牛の下半身が海水に浸っているからといわれています。 海を渡ってたどり着いた新しい土地で2人はめでたく結婚。 ゼウスはその土地をエウロパと呼び、それがのちにヨーロッパになったと伝えられています。

次の