住信sbiネット銀行 スマート認証 qrコード。 ご利用方法|すでに住信SBIネット銀行口座をお持ちの方へ|JAL Global WALLET

【朗報】PayPayは住信SBIネット銀行でチャージ可能【還元率最大1.5%】 | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

住信sbiネット銀行 スマート認証 qrコード

スマート認証とは? スマート認証とは、 スマートフォンを使って取引の承認や、住信SBIネット銀行へのログインにロックをかけることができる無料のセキュリティサービスです。 スマート認証を設定することで不正送金などのさまざまな金融犯罪から資産を守ることができます。 例えば、パソコンやスマホのCookieが有効の場合、住信SBIネット銀行にアクセスをすると自動的にユーザーネームとWEBログインパスワードが入力された状態になるため第三者にログインされる危険性があります。 ですが、スマート認証を導入しておけば、ユーザーネームとWEBログインパスワードが第三者にバレていても、アプリでロックを解除しない限りログインができないので安心です。 スマート認証アプリでログインロックを解除したら、有効時間内であれば住信SBIネット銀行ログインできます。 有効時間が過ぎた場合や、ロック解除をしていない場合では住信SBIネット銀行にログインはできないため、第三者からお金を盗み取られる危険性がありません。 逆に言えば、スマホを無くすとご自身もログインできなくなります(笑) スマート認証はお一人様につき、 スマートフォン1台のみ登録が可能です。 機種変更をされる場合は変更前の端末でスマート認証の登録を解除し、変更後の端末で再登録をしてください。 万が一ログインロック機能を有効にした状態で機種変更などをしてしまった場合は、登録した電話番号またはメールアドレスを使って解除する形になります。 スマート認証の設定方法 住信SBIネット銀行のスマート認証はスマホ1台のみでも設定できますが正直面倒です。 できるならパソコンとスマホを準備した方がスムーズに設定できます。 スマート認証アプリをダウンロード まずは、住信SBIネット銀行のスマート認証アプリをダウンロードしておきましょう。 \スマート認証アプリをダウンロード/ 暗証番号カードを準備する スマート認証設定には「 暗証番号カード」の裏面に記載されている暗証番号表が必要になります。 住信SBIネット銀行にログインをしたら各種お手続きの「 登録情報変更」をクリック。 各種設定の欄のスマート認証登録状況の「 登録」をクリック。 スマート認証ご登録の前の準備の画面が表示されるので、「 同意する」をクリック。 本人確認をする スマート認証を設定するために本人確認をします。 「 WEB取引パスワード」と暗証番号表に記載されている指定された「 番号」を入力し「 次へ」をクリック。 続いて「 認証コードを送信」をクリック。 携帯電話番号宛にSMSが届きますので「 認証コード」を入力し「 送信」をクリック。 QRコードを読み取る 送信をクリックすると、下記のQRコード画面が表示されます。 最初にダウンロードした住信SBIネット銀行のスマート認証アプリを起動し、上記の「 QRコード」を読み取ります。 ワンタイムパスワードを認証する QRコードを読み取ると画面が切り替わり、下記のワンタイムパスワードの画面が表示されます。 表示された「 ワンタイムパスワード」をスマート認証アプリに入力し「 送信」をクリック。 登録を完了する 最後に「 登録を完了する」をクリックすればスマート認証設定の完了です。 これでログインロックや取引の認証などのセキュリティ設定が利用できるようになります。 スマート認証は、住信SBI銀行が特許を取っているセキュリティサービスです。 ネットバンクを安心して利用したい方に住信SBIネット銀行をおすすめします。 住信SBIネット銀行はポイントサイト経由がお得 住信SBIネット銀行の新規口座開設、あるいは開設済みの方もポイントサイトを併用するとお得です。 住信SBIネット銀行の口座を開設する場合、ポイントサイト「」を経由して開設をするだけで3,000ポイント(1,500円相当)が貰えます。 ちょびリッチとは、運営実績15年、累計会員数330万人以上の株式会社ちょびリッチが運営する業界最高水準のポイント還元率を誇る稼げるポイントサイトです。 当サイト経由でちょびリッチに入会後に1ポイントを獲得するだけで翌月に500ポイント(250円相当)が無料で貰えます。 換金は500円からので実質250円貯めるだけで交換できます。 \ここから登録で 500ポイントもらえる/ 直接、公式サイトから口座開設しても1円も貰えませんが、ちょびリッチを経由すれば1,500円も貰えるので、これから開設をされる方はポイントサイトを経由するようにしましょう。 ちょびリッチでは住信SBIネット銀行にも、楽天銀行やジャパンネット銀行、新生銀行などさまざまなネットバンクの案件が掲載されています。 また、口座開設済みの方も、ちょびリッチで獲得したポイントを住信SBIネット銀行に換金することができるので、ネットでお小遣い稼ぎをしたい人にもちょびリッチはおすすめです。 私自身、ちょびリッチで獲得したポイントは全て住信SBIネット銀行に交換しています。 ちょびリッチと住信SBIネット銀行は相性がいいので是非活用されてみてはいかがでしょうか。 まとめ 住信SBIネット銀行のスマート認証の設定方法のご紹介でした。

次の

住信SBIネット銀行の「スマート認証」をインストール ちょっとしたトラップをかいくぐって、ネットバンキングのセキュリティを強化しましょう

住信sbiネット銀行 スマート認証 qrコード

もくじ• スマート認証登録解除ページへアクセス 住信SBIネット銀行ではスマホアプリで ログインに鍵をかけれるスマート認証アプリ(解除中の30秒だけログインできる)があります。 この ログインロック機能をオンにしておけば、ほぼ不正アクセスを防ぐ事ができます。 そんな最強セキュリティ機能ですが、もちろんスマホ壊れると使えなくなります。 って事で私ももれなくログインできなくなってしまったんですねぇ。 ですが、対処法はアプリインストール時に確認してたので焦らず対処できました。 って事で解除方法どぞ。 まず、以下SBIネット銀行の認証解除ページへアクセスします。 リンク スマホも壊れてないしアプリもあるけど認証解除したい方は以下ページより。 リンク 必要事項を入力する キャッシュカード記載の、支店番号と口座番号、生年月日を入力しましょう。 WEB取引パス、認証番号を入力 WEB取引パスワードと、キャッシュカード裏にある認証番号表の対応番号を入力しましょう。 メールに届くワンタイムパスを入力 SBIネット銀行に登録しているメールアドレス宛にワンタイムパスワードが発行されます。 それを入力して「解除」をクリック。 以上であっさり スマート認証解除できます。 簡単でしたね。 ウェブで完結できるのもありがたい。 簡単だとセキュリティが不安になりがちです。 ですが、本人しかわからない認証番号が必要な事と、登録メールアドレスへのワンタイムパスワードが必要なことを考えるとセキュリティ面では十分じゃないでしょうかね。 ということでトラブルの際は、住信SBIネットバンクのページから解除手続きを進めましょう。 スマホ復活後は再度設定しておきましょう 新しいスマホにしたあとは、再度スマート認証の設定はしておきましょう。 ロック中は誰にもアクセスできないので、万全のセキュリティ強度となります。 まだスマート認証を利用していない方はこの機会に是非どうぞ。 サイト内検索 カテゴリー• 328• 226• 111• 108• 138• 13 アーカイブ•

次の

よく分かる「スマート認証」のはじめかた~登録からご利用までの流れ~

住信sbiネット銀行 スマート認証 qrコード

住信SBIネット銀行のセキュリティアプリに「スマート認証」を別のスマホに設定し直しました。 要はスマート認証の機種変更設定です。 (実は大分前に機種変更していたのですが、このアプリはずっと古いスマホに設定したまま使っていました。 ) 今回はその概要を紹介します。 以前使っていたスマホはiPhoneでした。 それに対して、新しい方のスマホはアンドロイドです。 それでは実際に行った手順を紹介します。 今回私はパソコン(とスマホ)を使って設定しました。 スマート認証とは住信SBIネット銀行のスマホ使ったセキュリティのためのアプリです。 これを使うと次のようなことがスマホで設定できます。 ログインロック• ログインの時間制限• 振り込みや設定変更時などの2段階認証 はじめに、機種変更に伴うアプリ設定の準備をします。 認証番号表を手元に準備しておく。 (設定するときに必要になります。 認証番号表とはスマート認証を使わないときのカードに番号が記載されたものです。 新しいスマホにスマート認証のアプリをインストールしておく。 (アンドロイドの場合は「googl Playストアで『スマート認証』と検索すれば出てきます。 iPhoneの場合はAPPストアで『スマート認証』と検索します。 ) この時、新しいスマホのアプリでカメラとマイクのアクセスを許可するメッセージが出ます。 許可をしないと後に表示されるQRコードが使えないので許可します。 パソコンからログインします。 そのメールには認証コードが記載されています。 それを新しいスマホで読み取ります。 試しに新しいスマホのスマート認証アプリでログインロック解除ができるか試してみます。 無事ログインできれば成功です。 ちなみに古い方のスマート認証は使えなくなっているはずです。 このようにQRコード読み取りの画面になっていたら、このアプリは使えなくなっている、つまり解除されているということですね。 QRコードを読み込む画面が出るのは、新しく認証登録をするときだけです。 つまり、これが出るということはアプリが使えない状態という事です。 一方、新たに設定したいときにはQRコードを読み込めば新たに設定できます。 設定できるのは1人1台の端末だけなので、どれかの端末に設定すればこれまでの設定は自動的に使えなくなります。 もし、また古いスマホにアプリを設定し直したい場合は同じ動作を繰り返せばいいですね。 今回、このアプリはiPadで使えないのかと調べてみましたが、どうやらアプリがiPadでは設定できない様です。 というのもこのアプリはショートメールも使えることが前提だからなのでしょう。 それから先ほどアプリを設定するときにスマート認証アプリでカメラとマイクの許可をしました。 設定が済んだら許可は外しても大丈夫みたいです。 私は許可を不可に戻しておきました。 もし必要な時は再度許可すればいいだけですね。 試しに不可に設定してログインしてみましたが、ログインできました。 これはアプリ設定で端末を設定するために初回だけ配信されるQRコードのためと思われますので、以後は許可しないでも問題ないと思われます。 これで長らく古いスマホに設定したままだったセキュリティアプリを、新しい(というわけではないのですが)スマホに設定が済みました。 新しいスマホで設定が済めば、後は古いスマホのアプリを削除しても問題ありませんね。 chakuma2017.

次の