ある日お姫様になってしまった件について ルーカス 正体。 ある日、お姫様になってしまった件について 1巻 AKIKO

ある日お姫様になってしまった件についてという漫画にどハマりしてし...

ある日お姫様になってしまった件について ルーカス 正体

出典元:「ある日、お姫様になってしまった件について」21話、24話、37話 本作の主人公。 アタナシア(Athanasia 、不滅という意味の名を持つ。 不死の意味を持つ名前は、後に皇帝となる正式な後継者にしか許されないが、彼女の母ダイアナが死に際に名付けた。 愛称はアーティ。 クロードの唯一の実子。 直系の皇族の証である宝石眼を持ち、ダイアナそっくりの容姿をしている。 本来の彼女は孤児院出身で、貧しい暮らしを送る地球の社会人だったが、ある日突然、異世界のオベリア帝国・皇帝の一人娘として転生していた。 前世では、前日に睡眠薬を飲んで眠ったため、睡眠薬のせいで死んだ可能性がある。 彼女は、仕事先で客が忘れていったロマンスファンタジー小説「かわいらしいお姫様」の内容と一致する世界に来てしまい、しかも実の父である皇帝クロードに愛されることなく、濡れ衣で彼に処刑されてしまう悲劇の姫・アタナシアとして転生してしまった。 小説の内容では、9歳で初めてクロードに会い、18歳で処刑される。 なので、生き残るためにこっそり逃走資金を貯め、クロードに会わずにして皇宮から脱出しようと計画する。 だが実際は5歳でクロードに出会ってしまった上に、どういうわけか頻繁に会うようになってしまう。 いつクロードの機嫌を損ね殺されるか戦々恐々と過ごすうち、ある程度の慣れが彼女を強くする。 現在、彼女の身体に収まりきらない魔力が、黒い子犬の神獣となって彼女の傍にいるようになった。 クロード・デイ・エルジェア・オベリア• 出典元:「ある日、お姫様になってしまった件について」24話、30話 オベリア帝国の現皇帝。 アタナシアの実の父。 帝国を救った英雄と称される。 後継者であった兄を殺し、今の地位につく。 そのため、クロードの名は不死に関するものではない。 宝石眼を持つ。 冷血な性格で、感情の起伏がない。 日々4時間くらいしか寝る時間がないので、いつも眠そうである。 愛した女性ダイアナがアタナシアを産んだ直後死んでしまったので、後宮のルビー宮にいる者たちを皆殺しにした。 生まれたばかりのアタナシアも殺すつもりだったが、ダイアナが名付けた不死の意味をもつ帝王の名を聞き、踏みとどまる。 だが、その後ルビー宮に立ち寄ることをせず放置し、アタナシアが5歳になるまで一度も会うことがなかった。 そのため、子育てに関してやや無知である。 小説内では、クロードの前婚約者との間にできた、彼に隠され育てられていたジェニットという可愛らしい娘と出会ってから、ジェニットだけを溺愛するようになる。 そしてアタナシアを一度も愛すことなく、濡れ衣でアタナシアを殺す。 実際には、無愛想ながらなんだかんだアタナシアを構うようになり、彼女が血を吐き気を失ったときは、ひどく動揺していた。 ジェニット• 出典元:「ある日、お姫様になってしまった件について」23話、31話 原作の正ヒロイン。 隠され育てられたクロードの娘という設定。 天真爛漫で純真な彼女は、アタナシアとは違いクロードに愛され、さらにイゼキエルという優秀な婚約者と幸せに暮らすと原作には書かれている。 クロードの元婚約者フェネロペ・ユディットが生みの親だが、クロードの兄アナスタシウスとの不倫で産まれた子なので、クロードの実子ではない。 その上、アナスタシウスの実験により黒魔力を吹き込まれたという、混ざった子だ。 出産の際、フェネロペは死亡。 クロードの実子ではないことは、クロードと原作を知るアタナシア以外、誰もいない。 現在はアルフィアス公爵家で、身分を隠した状態で保護されている。

次の

韓国マンガ 悲運のプリンセスのアタナシアの皇宮生存期が漫画に再誕生! 「ある日、お姫様になってしまった件について:超豪華限定版」(4種1択)

ある日お姫様になってしまった件について ルーカス 正体

しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、クロードとジェニットは出会ってしまうが、彼女がアルフィアス公爵が保護している子で、さらにあることに気づいただけで、特に彼女に興味を持つこともなく、アタナシアと帰る。 アルフィアス公爵には、他に実子がいればアタナシアのように可愛がるだろうと言われたが、アタナシアが二人いない限りはあり得ないと言い切るほど、アタナシアを大切に思っているからだ。 そして馬車に乗るときに、デビュタントと誕生日おめでとうとアタナシアを祝うのだった。 詳しくはにてまとめてあります 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」34話のネタバレ その晩、アタナシアが上機嫌でベランダから外を眺めていると、泣いているかと思ったのに楽しそうだなとの声がした。 ルーカスが空からやってきたのだ。 なんで泣くのと彼女が聞き返すと、もう二度とダンスしたくないと父親にいわれなかったのかと言われる。 クロードの足踏むの予想していたのかとドキっとする彼女は、そんなこと誰も言っていないと答える。 他にも踊った相手がいるのかと言い、彼はぐっと顔を近づける。 これも他の奴につけられたのかとアタナシアのおでこを指で弾き、彼女の体を軽くする。 何か良くないものが彼女についていたようだ。 お前はメンテがなかなか面倒だ、さっさと寝ろと言い、魔法でアタナシアをベッドに寝かせ、子守歌まで流す。 彼は泣いているかと思ったと言っていたが、心配してきてくれたのだろうか。 アタナシアは、いい夢見てねと彼に言い、眠りに落ちた。 優しく微笑む彼。 彼女を眺めるルーカスは、放っておけば溢れる魔力ですぐ死ぬだろうが、まだ傍に居続けるべきかと思い、彼女の髪を指でクルクルとまわす。 そして、もう少し傍にいようと決め、その場を離れるのだった。 一方アルフィアス公爵邸。 勝手に動いたことについてジェニットは公爵に叱られていた。 公爵は、何の考えもなしにお姫様を追いかけ皇帝に会うなんてと、かなりご立腹のようだ。 イゼキエルが割って入り、今日はジェニットのデビュタントでもあるじゃないですかと助け船をだす。 アルフィアス公爵は、クロードのアタナシアへの思いや、あの黒髪の紳士に根回しが無駄だったなと言われたことで、だんだん悪い状況に進んだ気がして頭を悩ませるのであった。 ジェニットは自室に戻ると、満月を見上げながら、アタナシアがとても美しかったことを思い出し胸をときめかせる。 そしてクロードを思い出し、エヘと笑うのだった。 夜も遅くなり、貴族達は馬車で帰り始めた。 その様子を会場の屋根の上から眺めているのは、あの黒髪の紳士。 アタナシアやクロード、ジェニットやアルフィアス公爵を思い浮かべ、楽しくなってきたようだと笑う。 すると突然痛みで呻く。 そして、まずは魔力回復が必要だなと呟くのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」34話の感想 クロードはアタナシアをとても大事にしていますが、ルーカスも同じようです。 なんだかんだ誕生日に顔を出したり、魔力を払い、あれこれと彼女のケアをしています。 まだ自分の感情がよく理解できていないようですが、ここからどのように彼女に恋心を抱いていくのかが楽しみです。 アタナシアは自分を大切に思ってくれる人に囲まれ楽しい一日を終えましたが、ジェニットは公爵に叱られていました。 でも根が明るいので、くよくよしそうではないですね。 イゼキエルもいますし。 クロードについてどのような感情を持ったのでしょうか。 実の父親だともう聞いているでしょうから、美しいアタナシアやクロードと家族になれるのだと、胸がときめいていたのでしょうか 正確にはクロードの兄ですが アタナシアの知る原作と全く違う内容になってきましたが、登場人物も違う者が現れました。 黒髪の紳士です。 隠してるようですが宝石眼を持つようです。 皇族の一人のようですが、一体どんな繋がりがあるのでしょう。 ちなみにですが、クロードの兄アナスタシウスと髪型が一緒で、クロードに攻撃されたところも、黒髪の紳士が痛がった腹部と同じです。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」42話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある日お姫様になってしまった件について ルーカス 正体

王道のファンタジー系作品として大人気の『 ある日、お姫様になってしまった件について』。 作画の奇麗さやフルカラーである点から話題の作品です。 今回は『ある日、お姫様になってしまった件について』3巻のネタバレ記事です。 『ある日、お姫様になってしまった件について』3巻のネタバレ! 3巻では本来の物語のヒロインである ジェニット、そして男主人公であるアルフィアス公爵の息子 イゼキエルが登場します。 本来の物語ではデビュタントの日に現れるジェニットにクロードの娘として立場を奪われ、罪の濡れ衣を着せられて殺されてしまうアタナシア(通称;アーティ)。 変わらず自らが死んでしまう未来を変えるために日々奮闘する彼女に新しく友人として魔法使い ルーカスがあてがわれます。 本来の彼はとうに成人を越した男性なのですが、アーティの友人として見かけは幼い少年の姿です。 そんなルーカスが戯れにアーティをアルフィアス公爵邸に魔法で転送させてしまうことで、アーティはイゼキエルと出会ってしまいます。 そして本来の物語の主人公であるジェニットの姿も見つけてしまいます。 イゼキエルは突然空から会わられたアーティを天使と呼び、その出会いが忘れられず数年間彼女の姿を思い続けることになります。 そして時は流れ、アタナシアのデビュタントが近づいてきました。 本来の物語ではアタナシアは誰からもデビュタントで手を引いてもらうこともなく、ジェニットの登場に打ちひしがれてしまいます。 ところが、今までのアーティの努力の結果すっかり娘に甘くなった父親である皇帝クロードはアーティからの提案「デビュタントでエスコートしてほしい」というお願いを快諾し、ついにデビュタントの日がやってきます。 『ある日、お姫様になってしまった件について』3巻の感想 今まで幼かったアタナシアが時を経てデビュタントを迎える美しい少女へと変わっていくのがとても目を引きます。 また、今までアタナシアと父親である皇帝クロードの話が中心でしたが、今巻からは新しくイゼキエル、そしてルーカスというアタナシアのお相手になりそうな少年たち二人が登場します。 特に幼い頃出会ったアタナシアの姿を忘れられず待ち続けたイゼキエルと、彼とアタナシアが近づくことが自分でもなぜか面白くないルーカスの三角関係に発展しそうな展開はドキドキが止まりません。 美しく成長したアタナシアのデビュタント編はその話だけで一見の価値があるほど綺麗です。 本来のデビュタントでは一人きりでみすぼらしい姿で参加するはずのアタナシア。 その描写とは反比例するようにデビュタントを迎えるアタナシアは美しく描かれています。 父親に手を引かれ世界一美しい姿で微笑むアタナシアの姿は、物語が大きく変わり始めていることの象徴のようで続きが気になってしまいます。 また、この巻ではついに本来のメインヒロインであるジェニットも登場しますが、デビュタント当日を迎え彼女がどのような立場で現れるのか、続きか気にならずにはいられないラストでこの話は終わっています。 本作はフルカラーで奇麗な絵柄で描かれています。 その分値段はやや高いのですが、以下のサイトならお得に読めます。 ebookjapanならお得に読める? は日本最大級の品揃えを誇る電子書籍サイトで、あの ヤフー株式会社が運営するサービスです。 ebookjapanでは初回限定で 50%OFFクーポンが獲得できます。 購入金額 税込 の50%分 最大500円分 が値引きされます。 初回ログインから 60日後まで有効で、期限内であれば 6回まで使えます。 割引額は最大500円分なので、合計額が1000円以上になるように買うといいでしょう。

次の