タクシー 配車 予約。 タクシーを呼ぶ

タクシーのご案内|西武ハイヤー

タクシー 配車 予約

スポンサーリンク タクシーの配車の予約方法は? タクシーの配車予約方法は、大きく分けて2つあります。 ひとつは電話予約、もうひとつはスマホアプリでの予約です。 どちらでも予約することは可能ですが、どちらかというとアプリでの予約をおすすめします。 タクシーの配車予約アプリの方が優れている点は2つあります。 1つ目は、タクシーの配車位置をマップでピンポイントで指定できるところです。 電話だと、口頭で配車位置を指定しなければいけないので、何か目印になるポイントを指定しないといけません。 住所を指定したとしても、例えば門が2つある集合住宅だったりすると、そのどっちの門にすればいいのかも細かく指定しないといけないので面倒くさいです。 ですが、アプリならマップでポイントを選ぶだけなので、早いし確実です。 2つ目のメリットは、クレジットカードを登録して自動支払いにすることができるという点です。 タクシーを降りるときの支払いの手間は、なくせるのであればなくしたいところですよね。 アプリであれば、事前にクレジットカードを登録しておくことで、会計の手間をなくすことができるのです。 これは早朝に急いでいるときなんかは特に便利ですよね。 これら2つのメリットから、タクシーの配車予約にはアプリをおすすめしているのです。 さて、ではどのアプリを使えばいいのかというと、「全国タクシー」というアプリが最も有名で安心です。 このアプリをインストールすると、最初にユーザー登録画面になりますが、ここで下記のクーポンコードを入力すると、なんと初回限定1000円割引になりますので活用してみてください。 スポンサーリンク そして、配車してもらう場所を地図上で選択します。 このアプリに対して位置情報の取得を許可していると、自動的に現在地の近くにカーソルが合うので便利ですよ。 次に、タクシーを降りる場所を地図上で選択します。 これだけで予約完了&目安の料金も分かります。 予約するときに、先ほど登録の際にもらった1000円引きクーポンを使うのも忘れずに! タクシーの予約の料金はどれくらい? 基本的には通常のタクシー料金とほぼ同じですが、配車料と予約料を別で取られることがあります。 今回の私のケースの場合、配車料として300円、予約料として400円ほど取られることがわかりました。 なので、通常のタクシー料金に加えて、+700円くらいですね。 これはタクシー会社によって違うようなので、気になるようでしたらいろいろなタクシー会社を比較してみるのがよいでしょう。 まあ、私は会社の出張費から出るので、配車料や予約料がかかっても関係ありませんが……。 タクシーの予約は早朝や深夜でもできる? タクシーの予約は早朝や深夜の呼び出しでも可能です。 私も早朝にタクシーに乗る予定があったので、5時頃に配車をお願いしましたが、普通に予約できました。 アプリ自体も24時間対応しているので、いつ予約してもOKです。 ただ、タクシーがよく使われている都市部の場合は、前日くらいには予約をしていないと、配車できるタクシーがいなくなってしまうかもしれません。 そこだけは注意しておきたいポイントですね。 まとめ 今回は、タクシーの配車予約をアプリで行う方法について紹介してきました。 面倒な電話対応をしなくても、ボタンをポチポチ押せば好きな日時にタクシーが配車できるなんていい時代になったものです。 是非アプリを活用して、タクシーを予約してみてくださいね。

次の

主な配車可能タクシー

タクシー 配車 予約

タクシー配車アプリ種類ありすぎ!比較してみた 色々なものをアウトソーシングすることで、有意義なことに時間を使う取り組みをしてきました。 その中で「移動時間」を削減するために、誰かにぼくを輸送してもらうことにしたのです。 そこで利用したのが、 タクシー・ハイヤーの配車アプリ です。 このタクシーアプリを駆使すれば、移動時間がなかったかのような快感が得られて時短につながることがわかりました。 徹底比較!タクシー配車アプリおすすめの種類6選 今日は、これまで使ってみたタクシーの配車アプリをまとめて比較してみました。 インストールでさらに500円割引 運営会社 株式会社DeNA 詳細URL QRコード DeNA が運営するタクシー配車アプリ。 このアプリの強みはなんといっても、 乗車前にドライバーと連絡が取れるという点 でしょうね。 メッセージだけでなく、電話でやり取りできるのです。 「ちゃんとタクシーが私を見つけてくれるかしら」 といった心配は0に等しいです。 自分の特徴をドライバーに知らせることができるので、ドライバーから見つけてもらいやすいですね。 デメリットとしては 対応エリアの狭さ。 2020年1月では、• 神奈川県• 兵庫 でしか稼働していないので日本全国利用できるわけではありません。 今後エリアの拡大に注目したいところです。 スライドするだけでタクシーを配車できる という面白いコンセプト。 実際に使ってみたところ、 配車のスピードをすこぶる速くてびっくりしました。 スライドしてから3分後にタクシーが到着すると表示されて、実際に3分以内にタクシーに乗れてしまいました。 あとは、予測機能がすごい。 タクシーを呼ぶ前に、• 予想到着時間(目的地に)• 予想料金• 迎車到着予想時刻 がわかるので、タクシーを使うかジャッジしやすくてむちゃくちゃ良心的です。 さらに、2019年10月から「 事前確定運賃サービス」もスタート。 これは走行ルートを事前に選ぶことで運賃が確定した状態でタクシーに乗れるサービスですね。 「降りるまでいくらになるかわからない」というタクシーへの恐怖を和らげてくれます。 デメリットをあげるなら、• クーポンがない• 迎車料金はタクシーに乗るまでわからない• 東京・名古屋しか対応していない という点ですかね。 何と言っても 日本全国47都道府県で使える唯一のタクシーアプリになります。 東京や大阪、名古屋と言った人口密集地だけでなく、幅広いエリアに対応していることが強みであります。 デメリットは、配車前にドライバーの情報が分からないので、乗車前に不安が残ることぐらいですね。 ただ、配車の予約ができたり、支払い方法がアプリ決済に対応していたりなどの魅力もあります。 まずはJapan Taxiからタクシーアプリレビューするのがいいかもしれません。 海外の多くの国では、一般のドライバーパートナーによるライドシェアが使えるのですが、現状、日本では規制されていて利用できません。 日本で使えるのは• Uber Black(東京)• Uber Taxi(東京以外) の2種類。 東京で使えるUber Blackは プロのハイヤーを配車できるサービスになります。 タクシーではなくハイヤーというだけあって、かなり高級感がありました。 僕が乗った時は「トヨタのクラウン」で黒光りの高級車が迎えに来てくれましたからね。 タクシーとは違った体験が楽しめるので、デートやビジネスで誰かを驚かせたい時に使うのもいいかもしれません。 東京以外のエリアではUber Taxiが使え、Uberが連携している会社のタクシーを配車できます。 Uber Blackのデメリットは、タクシーではないので乗車料金が高いこと。 ただ、乗車料金に迎車料金も含まれていて、乗る前にどれくらいお金がかかるのかわかるので安心して利用できました。 しかも、ハイヤーなら最大4名まで、ブラックVAN指定を選べば最大6名まで乗れますよ。 2020年2月現在、対応エリアは23都道府県で利用できますね。 エリアの拡大スピードが早いのでまだまだこれから広がっていくでしょう。 特徴は 乗車前の体験がとてもスムーズなことですね。 ドライバーとやり取りできることはもちろん、到着予想時刻が正確で、タクシーに乗るまでの時間を有意義に使えてストレスフリーでしたね。 ドライバーの情報も事前にわかっているので乗る前の不安がありませんでした。 また、他のアプリと比べて迎車料金が100円安かったのも微妙に嬉しかったです。 デメリットは、予想料金がタクシーから降りるまでわからなかったことぐらいですね。 スマホを振って、自分の現在位置をタクシーに知らせて、タクシードライバーが迎えに来てくれる仕組みになってますね。 ただ、「迎車」ではないので、タクシーが来てくれるかは運次第。 僕も利用してみましたが、結局違うタクシーに乗ってしまうというハプニングが起きましたからね笑 タクシー密度の高い場所で使ってしまうと、ただ手を上げて流しのタクシーを捕まえるのと変わらなくなってしまいます。 タクシーが少ないエリアで使うといいかもしれません。 あとは、迎車ではないので迎車料金がかからないという点が嬉しいですね。 >>詳しくは「」へ タクシーアプリ 比較のまとめ ここまで好き放題にタクシーアプリを紹介してきましたが、 結局、自分にどのタクシーアプリがあっているのか? がしっくりきてない方がいるかもしれません。 最後にポイントごとにおすすめのタクシーアプリを紹介します。 対応エリアの広さ タクシーアプリを使うときに気になってくるのが対応エリア。 お住まいの地域で使えるのか?ということですよね。 その対応エリアの広さで見ると、 圧倒的にが群を抜いています。 全国47都道府県に展開している唯一のアプリなので、都市圏以外でもタクシーアプリを使いたい時はジャパンタクシーに限ります。 また、エリア拡大に力を入れているのは。 あまりにもエリア拡大スピードが速く、47都道府県をカバーする日は近いと思います。 高級ハイヤーなら 高級車種のハイヤーを配車したい方は間違いなくがおすすめ。 東京エリアで使えるUber Blackならばハイヤーを呼べるので、タクシーよりも一つ上の乗車体験が可能。 デートやビジネスなど特別なシチュエーションで活躍するタクシーアプリだと思います。 2019年9月からDiDiも「」という高級ハイヤー配車サービスを開始しました。 安さ 乗車料金の安さで言ったら、 ですね。 他のタクシーアプリと比べて迎車料金が100円安かった笑(東京の場合)。 さらに、今なら迎車料金無料のキャンペーンをやってますからね!最高に安いです。 使いやすさ アプリの使いやすさでいうと、• がおすすめですね。 共に乗車前の体験が優れていて、ドライバーと連絡を取れることはもちろん、乗車位置の決め方がわかりやすかったです。 予測機能 タクシーを呼ぶ前に色々な予測ができると便利ですよね。 例えば、予想乗車料金とか、到着までの予想時間などなど。 この予想機能が進化していたのは、• の3アプリ。 タクシーを呼ぶ前にだいたいの乗車料金がわかるので、乗るか乗らないかの判断がしやすいと思います。 RIDE」では事前確定運賃サービスを利用できます 配車のスピード タクシーの配車の速さで言うと、が群を抜いていました。 スライドするだけでタクシーを呼べるアプリなんですが、スライドから3分ほどでタクシーが来てしまい、逆に焦った記憶があります。 コンセプトがユニーク 面白いコンセプトで選ぶなら• ですね。 フルクルはスマホを振ってタクシーに自分の現在地を知らせることができるアプリ。 RIDEはタブをスライドしてタクシーを呼ぶというアプリになっています。 決済手段の多さ 決済手段の多さで言ったら間違いなくが一番ですね。 クレジットカード決済、現金決済に加えて、 アプリストア決済 が使えます。 このアプリストア決済はオンライン決済になりますので、お金を払わずにタクシーから降りれます。 「クレジットカードを持っていないけど、オンライン決済してみたい!」 という方はジャパンタクシーを使ってみましょう。 クーポン 初回利用の割引のクーポンで選ぶなら、• がおすすめですね。 それぞれのアプリでは次のような割引額になっています。 という感じで、 自分がタクシーアプリに何を求めるのか? によってアプリを選んでみると良いかもしれません。 それでは ! Lin.

次の

タクシーのご案内|西武ハイヤー

タクシー 配車 予約

この度、弊社ホームページ内で提供してまいりました「タクシーWEB予約」サービスを2015年10月10日をもちまして終了しました。 ご利用のお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 お客様には長い間ご利用いただき、誠にありがとうございました。 今後は、より便利になった 「JapanTaxi for WEB」をご利用いただきたくお願い申し上げます。 ご予約も今すぐの配車も可能となっており、これまでの「タクシーWEB予約」以上に充実したサービスの提供に努めてまいります所存でございます。 今後ともご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 また、スマートフォンアプリ「JapanTaxi」からもタクシーをご注文いただけます。 カードレス・サインレスで、スピーディーにタクシー利用が可能な「ネット決済」にも対応しております。 アプリは各ストアより無料でダウンロードいただけます。 【JapanTaxiアプリ】 App Storeよりダウンロード(無料) Google Playよりダウンロード(無料) 今後ともご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

次の