大和 カルバリー チャペル。 東京カルバリーチャペル

教会が感染源にならないために プロテスタントの大和カルバリーチャペルはユーチューブ礼拝

大和 カルバリー チャペル

礒川道夫 ライフ・ミュージック チーフプロデューサー 2005年9月3日(土)大和カルバリーチャペルにて故井澤 豊のメモリアルコンサートが行われた。 井澤 豊は高校2年生の秋、お母さんを亡くし、不安と悲しみから、新宿、渋谷の盛り場へ足を踏み入れてしまう。 ある時、新宿の街を歩いていると、外国人の女性がチラシを配っていた。 それは当時「シオン」という喫茶店で伝道会が行われていた案内だった。 イエス・キリストの愛を知った井澤 豊は、音楽の賜物を活かし、そのころキリスト教界のドラム、エレキギターを使ったバンドとしてパイオニア的存在だった「メッセンジャーズ」に加わる。 その後、1973年奥様になった井澤美智子と「NEW LIFE」を結成、ブルーのジャケットの1stアルバムのカセット 当時はCDはなかった は、飛ぶように売れた。 山之内修一の「友よ歌おう」から始まったギターを使ったクリスチャンミュージックは、まだまだ開拓期で、セキュラーの音楽からすれば、幼稚だった。 クリスチャンが集まる場所では歌えても、一般の音楽に慣れた人々にとってはどことなく恥ずかしい音楽だった。 その点、井澤夫妻の作り出すメロディや歌詞は日本人の感性を十分捉えた楽曲で、言葉の美しさとセキュラーな音楽、アレンジに耳を傾けていた井澤の音楽が、とにかく新鮮で、多くの若者の心を捕らえた。 その証拠に、彼の音楽、スピリチュアルな影響を受けたメンバーたちが、今回のメモリアルコンサートに駆けつけてくれた。 久保田早紀として活躍した「久米小百合」東京シティプレイズで活躍中の「スリヤ佐野」、CDざわめきシリーズの「滝本開・典子夫妻」、また「ジョシュア佐佐木」、「粟野めぐみ、Piano KOJI夫妻」、一緒に活動していた「伊藤真嗣」たち。 そして、副牧師として仕えていた「大和カルバリーチャペル」のクワイアのメンバー。 コンサートは、「NEW LIFE」の曲、井澤 豊が作った曲一色だった。 それぞれが彼から受けた音楽面、暖かい思い出について証をして歌った。 そして娘「RUKA」と「井澤美智子」が登場。 一時は、『NEW LIFE』の歌はもう歌わない、すべてを捨ててしまおうと思ったそうである。 とんでもない。 神様はRUKA&MICHIKOの新しい『NEW LIFE』に期待していらっしゃることでしょう。 コンサートとしての演出も一流だったメモリアルコンサート。 音響のMAGの「鈴木幹夫」も制作のゴスペル東京リンキングの「伊藤治哉」も『NEW LIFE』の影響を受けた人たちだ。 2004年5月18日に天に召された「井澤 豊」。 あまりにも早く天に帰られた「井澤 豊」。 天国に行ったら、一番先に主イエスにその理由を尋ねてみたいと思う。

次の

大川従道

大和 カルバリー チャペル

大川従道さん(自身のフェイスブックから) このことについて、同教会牧師の大川従道(おおかわ・つぐみち)さんは次のように話す。 「使徒言行録で、使徒たちが『民衆全体から好意を寄せられた』(2:47)とあるように、教会は社会的に評判がよく、地域の人たちにも理解できるものでなければいけません。 私たちは命をかけて礼拝を守らなければいけませんが、キリスト教会が感染源になってしまっては証しになりませんし、宣教もできなくなります。 神の御言葉に従って礼拝を守るため、今回、を使って新鮮な賛美とメッセージを伝えることにしました。 ユーチューブを使っての礼拝は、この時代における主日礼拝の守り方だと思います。 今後、東日本大震災のような大規模災害の発生や戦争などによって、教会の礼拝に出られないことがあるかもしれません。 そのためにも教会員には、ユーチューブを見られる環境を持つことを勧めています。 ただし、ユーチューブ配信で礼拝を守ることを奨励しようとしているわけではありません。 今回、教会に集まって礼拝をできないことに、一人ひとりが寂しさを感じるのではないでしょうか。 それは大きな恵みです。 すべてのマイナスは必ずプラスになります」 また、日本バプテスト連盟・常盤台バプテスト教会(東京都板橋区)や日本福音ルーテル東京教会(東京都新宿区)などでは、教会の閉鎖、主日礼拝の中止を決定している。 (友納靖史主任牧師)ではそれまでも、2月25日から3月15日を感染防止重要期間とし、水曜祈祷会や金曜祈祷会を休止にする対策をとってきたが、協議に協議を重ねた結果、29日より教会を閉鎖し、すべての礼拝、祈祷会、教会学校、その他の集会を休止することを28日に決定した。 同教会では次のようにで呼びかけている。 今回の新型ウイルスにより亡くなられた方、治療中の方を覚えるとともに、これ以上感染が広がらないように祈ります。 当面の間、毎日正午に教会の鐘を鳴らしますので、共に祈りを合わせて参りましょう。

次の

大和カルバリーチャペル

大和 カルバリー チャペル

生い立ち [ ] の両親を持つ。 (父は大川博道、義兄は) 、、卒。 ミニストリー [ ] テレビ、ラジオ、インターネット放送を行っている(など)。 ベテスダ神学大学名誉神学博士(米国非地域認定校 、シェパード大学(非認定校。 5月の名誉会長を務め、初日のセレブレーションでは教派を超えたクリスチャンの一致を求め、そのための本としての『』を紹介した。 肯定派として知られる。 系のであるについて、公の場での各教派について祈祷する際に同時に祈り、に含める態度を繰り返し表明している。 経歴 [ ]• 1942年、東京生まれ。 1981年、座間カルバリーチャペル献堂• 1992年、大和カルバリーチャペル(森チャペル)献堂• 2000年、大和カルバリーチャペル(泉チャペル)献堂• 2015年、東京カルバリーチャペル(西新宿)開所 脚注 [ ]• 著書 [ ]• 『教会成長うらおもて』いのちのことば社 1983年• 『風は己が好む所に吹く』新生運動• 『「石の枕」で二十二年』 大和キリスト教会 1992年• 『あなたにも夜がある』 NCM2Japan 1993年• 『現代における聖霊行伝』マルコーシュ・パブリケーション 1995年• 『「バカの壁」を超えるもの』 教文館• 『ですから、聖書に戻るのです』教文館 2006年• 『足の裏で470歩』 いのちのことば社• 『イエス様の消しゴム』 いのちのことば社• 『非まじめ牧師のジョーク集』 大和カルバリーチャペル• 『アダムのパンツ』 いのちのことば社 2007年 外部リンク [ ]•

次の