宅地建物取引士 過去問。 宅建試験過去問題 平成19年試験 問31|宅建試験ドットコム

一般財団法人 不動産適正取引推進機構

宅地建物取引士 過去問

インデックス 宅建(宅地建物取引士)の過去問に解説を付与しました。 「不幸にして落ちたが、新たに過去問を買い換えたくない人」向けです。 リベンジにご利用ください。 そのほか、通勤・通学時のおさらいに、ご利用ください。 なお、勉強法や各種情報については、「」や「」、「」を参考願います。 なお、当時の過去問に、当時の解説です。 法改正には対応していないので、参考程度にご活用ください。 令和元年度 平成30年度 平成29年度 平成28年度 平成27年度 平成26年度 独学向け教材 宅建の独学向け教材には、「2系統」あります。 はじめて法律を学ぶ方は「」を、参考にしてください。 んで、法学部卒等で、ある程度の素養のある人は、「」を、参考にしてください。 PDF過去問に一言 PDFの閲覧は、スマホだと画面が小さくて見難く、PCだとキーボードやマウス、配線等が邪魔で、かなりイライラします。 PDF過去問の演習には、「タブレット」が最も勝手がよくて、ストレスも少ないです。 手許に「タブレット」がない人は、最もコスパの高い、アマゾンの「 」を推薦します。 他のタブレットと性能が遜色ないくせに、値段は数割安く、もちろん、PDF過去問の閲覧も可能で、費用対効果が秀逸です。 受験が終わっても、他の試験で使え、サブ機としても使えます。 受験を機に「 」を検討するのは、損はないです。 宅建のこまごましたもの 試験勉強については、「」を、参考にしてください。 「宅建」という資格を、より知りたい方は、「」を、一読願います。 ブログに試験勉強に関する記事を投稿しています。 興味のある方は、「」を、お目汚しください。

次の

宅建(宅地建物取引士)試験の配分と出題傾向を徹底分析!

宅地建物取引士 過去問

無料テキストへのリンクを貼っていますので、そのまま勉強に入れます この分析は、2018年用です。 2019年版については、で公開中です。 問1~問3 過去5年を考察すると、問1~3では、 代理、 制限行為能力者、民法の規定を問う問題等がよく出題されています。 この他には、 占有、 賃貸借契約、未成年者、通行権、権利の取得等について出題されています。 占有と賃貸借契約については、問4以降でも出現したことがありますから、債権・代理と同じくらいの重要度と見ても良いかもしれません。 問1~3までの対策としては、「 代理・所有権移転」を先に学習しましょう。 次に、「 占有・賃貸借契約」です。 未成年者・後見人制度・制限能力者等については、該当箇所を読み流しておく程度で良いと思います。 ここでは、最大で2問の正解を目指しますが、実際の目標は 1問獲得です。 出題の可能性が広範囲ですので、時間に余裕がない人は優先部分以外は捨てた方が良いと思います。 民法についての詳しい分析と出題予想については、別記事で紹介しています。 参考記事「」 問4~問6 問4~6で最も出題されているのは、 抵当権についてです。 抵当権に関する問題は、5年間で6回も出題されています。 不動産売買に関連性が深い部分という事もあり、 必ず出題されると思って良い科目だと思います。 次に出題が多いのが、 債権譲渡と 売買契約についての問題です。 その他、 瑕疵、連帯保証 についても出題されており、売買と関連の深い内容が多いようです。 ここでは、 抵当権の問題で確実に 1問を獲得しましょう。 念の為、 債権譲渡と 売買契約についても勉強しておき、補助的に得点できるように備えると良いと思います。 時間に余裕のある人は、連帯保証についても追加してください。 ここでの目標は、3問のうち 2問の獲得です。 スポンサーリンク 問7~8 この数年、問7では、 賃貸借契約、 請負契約、 連帯債務等の問題が多いです。 その他、 保証債務、契約の解除、不法行為、抗弁権、賠償責任について出題されています。 こうして並べてみると、 契約に関連する問題が多い事に気付きます。 そして、少し賃貸業務に関連の高い問題が出ている感があります。 ここでは、 賃貸借契約、請負契約、 契約の解除等を優先して勉強しておきたいところです。 勉強の範囲を広げる際には、賃貸に関連の深い部分に重点を置くのが良さそうな個所です。 ここは、1問とれれば上出来と思って、まずは「 賃貸借契約・ 契約の解除」を重視しましょう。 賃貸系としては、「 転貸・占有」についても出題頻度が上昇する可能性があるかもしれませんね。 時間に余裕のある人は、追加で学習しておくと良いと思います。 問9~10 税制改正によって相続税の対象者が増加したせいか、相続に関する問題が増加傾向です。 遺言についての問題を含めると、相続関連の問題は過去5年で6回も出題されています。 相続については、毎年出題されるものと考えた方が良さそうですね。 次に出題が多いのは、 損害賠償についての設問です。 ここは、この2つに絞って良いと思いますので、その他については後回しです。 目標は相続で 1問獲得です。 上手くすれば損害賠償も含めて2問とれるかもしれませんが、ここはどちらかで1問とるという設定にしておきます。 問11~12 過去5年間、全て 借地借家法についての設問となっています。 借地借家法は、理解するまで少し大変なところもあると思いますが、暗記量に対しての成果が大きい法令でもあります。 余談ですが、賃貸系の会社に就職する人は、将来に必ず役立つ知識になる部分だと思います。 ここは、しっかりと 2問の正解を目指しましょう。 無料テキスト 「」 「」 問13 毎年同じように 区分所有に関する問題が出題されています。 確実にとれるところですので、しっかり勉強して 1問獲得しましょう。 無料テキスト 問14 過去5年、全て 不動産登記法から出題されています。 不動産登記法は、頑張れば攻略しやすい科目だと思います。 確実に得点源にできますので、ここも 1問獲得を想定します。 無料テキスト 問15~18 主に、 都市計画法と 建築基準法から2問ずつ出題されています。 勉強量は多い法令になりますが、本試験ではそれほど難しい事を聞いてきません。 基本的な事をしっかりと覚えて、過去問中心に学習することで、3問の正解はできるはずです。 ここは、目標 3問正解でいきましょう。 無料テキスト スポンサーリンク 問19~22 ここは、 土地区画整理法、 宅地造成等規制法、 農地法、 国土利用計画法、 その他法令からの出題で、全4問になります。 近年の土砂災害の増加から考えると、 宅地造成等規制法の設問は外されることが無さそうです。 農地法については、田園住居地域の新設に伴って未出題の肢が出て来るかもしれませんね。 国土利用計画法については、その他法令(河川法、道路法、景観法等)との組み合わせ問題が出題されることがあります。 この1問をとるために多くの法令に目を通さなくてはならない為、捨ててしまうのも一考です。 ざっと読み通すだけで1問とれることもありますので、その程度の感覚で良いと思います。 大事なのは、目標を定めた箇所でしっかり得点する事です。 ここは4問中 3問正解を目指しましょう。 土地区画整理法、 宅地造成等規制法、 農地法で1問ずつ獲得してください。 無料テキスト 問23~24 ここは、税金関連の法律からランダムに2問が出題されています。 固定資産税と 不動産取得税が交互に出題されていて、順番的に考えれば平成30年度は 不動産取得税の年になります。 時間の無い人は、平成30年の受験に限り、固定資産税を捨てるのも作戦の一つです。 その他、 印紙税、登録免許税、贈与税、所得税等から出題されており、対策が講じにくい状況です。 平成30年度の対策としては、 不動産取得税を中心に学習し、それ以外は軽く読み流す程度でも良いかもしれません。 余裕が出たら、少し力を入れていくことにし、税法での目標は 1問獲得とします。 無料テキスト スポンサーリンク 問25 近年は、毎年のように 地価公示法から出題されていますが、平成28年度には 不動産鑑定評価基準 からの出題がありました。 基本的には、地価に関する問題が出るわけです。 不動産の実務においても、土地の価格や評価は重要な部分です。 実務で役立ちそうな部分という観点から学習すると良いかもしれませんね。 毎年、地価公示法か不動産鑑定評価基準から出題されているので、「確実に1問」と言いたいところではありますが、ここは得点できたらボーナス!という扱いにしておきましょう。 勉強は、1問獲得するつもりで取り組む価値があります。 無料テキスト 問26~45 宅建業法からの出題となる部分で、全部で20問です。 但し、問45については、「 特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」からの出題で定着しています。 宅建業法と関係の深い法律ですので、市販テキスト等では宅建業法の一部として扱われる事が多いかもしれません。 ( 未確認) 厳密に言えば、宅建業法自体からは19問の出題ということになります。 宅建業法はこの試験のメイン法令ですから、19問中17問を目指していきます。 毎年同じところから出題される問45を攻略することで、 18問獲得を目標としましょう。 無料テキスト 問46~47 独立行政法人住宅金融支援機構と、不当景品類及び不当表示防止法から、毎年1問ずつ出題されています。 ここも確実に出る箇所としてマークが必要ですね。 しっかり 2問を獲得しにいきましょう。 住宅金融支援機構については、捨てる事を選ぶ人もいます。 しかし、確実に出題される部分なので、他で得点するよりも簡単だと感じる人はトライすべきですよね。 将来、売買の仕事に就く予定の人は、この機会に住宅支援機構についての勉強をしておくことをお勧めします。 かなり実務に密接な部分ですので、役に立つ知識として貴方の基礎になるはずです。 だからこそ、毎年出題されているわけですが、賃貸系の進路をとる人には民法等の勉強をした方が有意義なのも確かです。 無料テキスト スポンサーリンク• 民 法 10 ( 4)• 借地借家法 2 ( 2)• 区分所有法 1 ( 1)• 不動産登記法 1 ( 1)• 都市計画法 2 ( 2)• 建築基準法 2 ( 1)• 土地区画整理法 1 ( 1)• 宅地造成等規制法 1 ( 1)• 農地法 1 ( 1)• 国土利用計画法等 1 ( 0)• 税 法 2 ( 1)• 地価公示法 1 ( 0)• 宅地建物取引業法 19 ( 17)• 特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律 1 ( 1)• 独立行政法人住宅金融支援機構 1 ( 1)• 不当景品類及び不当表示防止法 1 ( 1)• 統 計 1 ( 0)• 土地の知識 1 ( 1)• 宅地建物取引士を取得した後に、賃貸系の仕事に就く人もいれば、売買系の仕事に就く人もいますよね。 また、コンサル系の仕事や、金融業界で宅建の知識を求められる場合もあります。 こんな視点で本試験の出題傾向を分析してみると、各ジャンルで重要とされる部分がきちんと出題されている事に気づきます。 宅地建物取引業法についても、賃貸部門で役立つ知識と、売買部門で役立つ知識のバランスが考えられているように感じます。 民法についても、同じです。 売買系と賃貸系の問題がバランスよく配合されています。 例えば、民法の中で「抵当権」や「売買」は、売買に欠かせない知識ですが、賃貸系の仕事ではあまり使いません。 どちらかといえば、「代理」とか「区分所有」等の知識が実務で必要になります。 よく出題されている「相続」については、売買業務・コンサル・賃貸業務の全てのジャンルで必要となり得る基礎知識です。 つまり、すべてのジャンルに共通する部分は頻出している部分なのです。 近年、賃貸借から2問も出題されている年があります。 民法で、同じ部分から2問分も出題されるのは珍しいことですよね。 この2問は、賃貸借と転貸借から1問ずつ出題しています。 賃貸借は、収益物件の売買等にも関係しますから、全ジャンル向けです。 転貸借は、賃貸系に縁が深い部分です。 このように、出題の意図を推察してみると、全体のバランスを考えていることが伺えます。 まとめ 今回ご紹介したプランは、宅建業法を得意分野にして、その他は毎年確実に出題される部分でしっかりと得点する作戦です。 合格得点配分は、自分の得意分野等に合わせて微調整してください。 賛否両論だとは思いますが、 統計、地価公示法、国土利用計画法等で確実に得点し、その分だけ宅建業法の手を抜くというプランも有効かもしれません。 各自の好みに合わせて良い部分だと思いますが、宅建業法は、得意分野にしておくと将来に実務で役立と思いますよ。

次の

宅建過去問題・宅地建物取引士過去問題ダウンロードPDF印刷

宅地建物取引士 過去問

宅地建物取引士資格試験(宅建試験 とは 宅地建物取引業を営もうとする者は、宅地建物取引業法(以下「宅建業法」といいます。 )に基づき、国土交通大臣又は都道府県知事の免許を受ける必要があります。 免許を受けるに当たり、その事務所その他国土交通省令で定める場所ごとに、事務所等の規模、業務内容等を考慮して、国土交通省令で定める数の成年者である専任の宅地建物取引士を置かなければならないとされています。 宅地建物取引士になるためには、まず、宅建業法で定める宅地建物取引士資格試験(平成26年度までは、宅地建物取引主任者資格試験)に合格しなければなりません。 試験は、宅建業法第16条の2の規定に基づき、昭和63年度から当機構(一般財団法人不動産適正取引推進機構)が、国土交通大臣より指定試験機関として指定を受け、各都道府県知事の委任のもとに実施しています。 宅地建物取引士とは 定義 宅地建物取引士とは、試験に合格し、試験を実施した都道府県知事の資格登録を受け、かつ、当該知事の発行する宅地建物取引士証の交付を受けた者をいいます。 (国土交通省のホームページへ移行します。 ) 宅地建物取引業免許との関係 宅地建物取引業者は、その事務所その他国土交通省令で定める場所ごとに、事務所等の規模、業務内容等を考慮して国土交通省令で定める数の成年者である専任の宅地建物取引士を置かなければならないとされています。 宅地建物取引士の業務 宅建業法第35条に定める重要事項の説明、重要事項説明書への記名押印及び同第37条に定める書面(契約書等)への記名押印は、宅地建物取引士が行う必要があります。 試験実施の概要 試験実施主体及び指定試験機関 都道府県知事が、国土交通省令の定めるところにより行うこととされています。 昭和63年度から、国土交通大臣が指定した指定試験機関(一般財団法人不動産適正取引推進機構)が、すべての都道府県知事の委任を受けて実施しています。 試験委員 試験の基準及び内容 宅地建物取引業に関する実用的な知識を有するかどうかを判定することに基準が置かれています。 (宅建業法施行規則第7条) 試験の内容は、おおむね次のとおりです。 (同第8条)• 土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。 土地及び建物についての法令上の制限に関すること。 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。 宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。 宅地及び建物の価格の評定に関すること。 宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。 試験の一部免除 国土交通大臣の登録を受けた者(以下、「登録講習機関」といいます。 )が行う講習を修了し、その修了試験に合格した日から3年以内に行われる試験を受けようとする者(以下、「登録講習修了者」といいます。 )は、上記1号及び5号については免除されます。 実施公告等 原則として、毎年6月の第1金曜日に、次の方法により発表します。 1 官報への掲載• 2 一般財団法人不動産適正取引推進機構ホームページへの掲載 試験の方法 50問・四肢択一式による筆記試験です。 受験資格 年齢、性別、学歴等の制約はありません。 誰でも受験できます。 試験地 原則として、現在お住まいの試験地(都道府県)での受験となります。 詳しくは、を参照してください。 試験日 毎年1回、10月の第3日曜日に、次の時間で実施します。 合格発表 原則として、12月の第1水曜日又は11月の最終水曜日に、都道府県ごとに発表します。

次の