洗濯 機 選び方。 洗濯の省力化!高齢者、シニア向け洗濯乾燥機の選び方2019

【タテ型乾燥付き】洗濯乾燥機の選び方とおすすめ品 ドラム式とどっちを選ぶべき?

洗濯 機 選び方

歳を重ねると、新しい物を試したり、新しいことを始めたりするのが億劫になりがちです。 だから、元気なうちに、便利な家電などをうまく活用して家事をする方法を身に付けておくことが、将来、役立ちます。 今回は洗濯の省力化について考えてみます。 洗濯の省力化 洗濯は毎日のことなので、何気なくやっていると思いますが、具体的な作業を書き出してみると、非常に多くの工程があることが分かります。 「洗う」ためには、素材や汚れ具合によって洗濯物の仕分けが必要です。 そして、汚れ具合や、素材によっては手洗いが必要になることもあるでしょう。 その後、衣類を洗濯機の中に入れます。 洗濯が終わったら、衣類のシワを伸ばし、ハンガーに掛けるなどして干します。 最後に、洗濯物が乾いたら、取り込んで畳み、片付けるという作業がまっていますね。 「干す」工程で、ハンガーに掛ける作業が不要になり、「片付ける」工程では、取り込んでハンガーから外す作業が不要に。 乾燥させる衣類によっては「シワを伸ばす」作業も必要もなくなるので、ここの負担も軽減できます。 これらの作業は洗濯の中でも重労働なので、助かりますね。 さらに効率化を目指すなら、シワを伸ばさないといけないよう洋服は極力購入しない、そういった服はクリーニングに出すと割り切ってしまうのもひとつです。 ちなみにシワになりにくい素材は、ウールやポリエステルで、シワになりやすいのは、麻やレーヨン、綿です。 残る工程で負担が大きいのは「畳んでタンスに片付ける」作業。 ここも少し工夫すると、だいぶ楽になります。 洗濯機のそばにタンスを置く。 全ての衣類を入れるほどのスペースを確保できなくても、タオルや靴下などだけでも、傍に片付けられるようにしておくと、洗濯機の中から取り出しつつ、そのままパパっと片付けていけるのが便利です。 洋服類は、畳むのが苦手な方は、ハンガーに掛けて、掛ける収納にするのもひとつでしょう。 高齢者向け!洗濯乾燥機の選び方 洗濯機は、大きく分類して、タテ型とドラム式の2タイプ。 一般にタテ型は洗浄力が高く、ドラム式は少ない水量で洗え、電気代を抑えつつ素早く乾燥できると言われています。 どちらのタイプも良い商品が出ていますので、使い勝手で決めるのもいいでしょう。 タテ型は奥まで手を入れて、洗濯物を引っ張り上げる必要がありますし、ドラム式はかがんで作業しないといけません。 今、元気であれば、敢えて今までとは違うタイプを使ってみるのもおすすめです。 一度経験しておくと、後々どちらも選びやすくなります。 店頭で実際にどんな動きが必要になるのかシミュレーションしてみてください。 あとはお手入れのしやすさも要チェックです。 洗濯機の容量は、ひとり暮らしなら5キロタイプ、2人暮らしなら6キロタイプを。 シーツなどを洗うことを考えると、小さめよりは大きめを選ぶことをおすすめします。 もし省力化よりも、洗濯物を気持ちよく乾燥させることを優先したいなら、ガス式の乾燥機もご検討いただくといいと思います。 弊社は創業50年以上、埼玉県入間市を中心に給湯器、ビルトインコンロなどのガス機器の販売・設置を行ってきました。 現在はこれらに加え、お宅のニーズに合ったホームセキュリティの販売・設置も行っています。 お客様のご要望に応じて機能変更や追加が比較的簡単に行えるオリジナルの見守りシステムもご用意しておりますので、遠慮なくご相談ください。

次の

洗濯乾燥機の選び方、メリット、節約術!すべて解説!

洗濯 機 選び方

ドラム式洗濯機の選び方 1. 洗浄力で選ぶ 洗浄力で比べた場合、「縦型の方が良い」とお聞きになったことはあるでしょうか?洗浄の仕方はドラム式と縦型で全く異なるため、ドラム式は縦型と比較して洗浄力が弱いと言われることがあります。 ほとんどの場合は、縦型は洗濯物同士をこすり合わせて洗うため泥汚れなどのガンコな汚れに力を発揮するのです。 一方、ドラム式は、横や斜めになっているドラムを回して少量の水で洗うことができ、皮脂汚れなどには強いと言われています。 ドラム式でも、水温を調整してきちんと汚れを落としてくれるものや、湿度を調節しておしゃれ着洗いができるものなど、多種多様な機能や種類があります。 ご自分のライフスタイルにフィットする洗浄力や機能のあるものをセレクトしてください。 乾燥方法をチェック 乾燥機能は、縦型よりもドラム式が優れていると考えられている機能の1つです。 乾燥方法はヒーター乾燥とヒートポンプ式乾燥の2種類が存在します。 ほとんどの場合は、ヒートポンプ式の方が省エネで衣類も傷みにくいと評判です。 しかしながら、近頃ではヒーター乾燥でも省エネのものが販売されています。 その他の機能とも合わせ、乾燥方法がヒーター乾燥なのかヒートポンプ式なのかもチェックすることをお薦めします。 大きさに注意 大容量であることもドラム式の大きな特徴だと考えられますが、同時に大きすぎて予想以上に幅を取ってしまい困ってしまうということがありえます。 そういうことがないように購入にあたってはしっかり洗濯機を置くスペースをチェックしておきましょう。 洗濯機のドアと部屋の壁の位置なども計測しておくと良いでしょう。 その他、実際に置くスペース意外にも、マンションのエレベーターや玄関を通せるサイズかどうかも重要なポイントです。 いっぺんに洗濯できる容量は、4kgや10kg、12kgなど商品によって多種多様です。 独り暮らし、二人暮らし、大家族など、家族形態に応じて使い勝手が良いサイズの洗濯機をセレクトしてください。 掃除がしやすいかを確認 ご自身で洗濯機をメンテナンスしやすいか、という点も忘れずにリサーチしておきましょう。 洗濯機は家電の中でも際立って異常動作しやすいと言われているため、常日頃のお手入れが肝心です。 洗剤フィルターと乾燥フィルターのお掃除は欠かすことは出来ません。 この2つフィルターのお掃除をおろそかにすると故障に結びつきやすいと考えられていますから、お掃除しやすいかを確認してみて下さい。 シャツやブラウスといった、白物のおしゃれ着洗いをするシーンで大活躍します。 また、洗剤と柔軟剤を前もって入れておくことができる「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」機能も利点。 衣類の量に合わせ洗剤や柔軟剤がひとりでに投入されるため、洗濯の度に洗剤を計量する手間を省くことができるのです。

次の

洗濯乾燥機の選び方とは?生活スタイルに合った機能や容量をチェック

洗濯 機 選び方

5kg(ひとりの一日分の選択物量)」が基本。 それ以下だと、洗濯物の回数が増えたり、無理に洗濯物をして洗濯機の寿命を縮めかねません。 逆に、ゆとりをもった容量にすれば、毛布やシーツといった大物洗濯もカンタン! お洗濯の回数も少なくてすみます。 タオルやシーツなどを洗うことも考慮すると +1kg以上がオススメです。 また、2人暮らしだけれど週末にまとめて一気に洗濯する、家族がスポーツをしていて洗濯物が多いという方にも大容量が便利ですよ! ドラム式とタテ型の違い 洗濯機を選ぶ上で重要なのが、洗濯物の種類に合わせること。 衣服が汚れることが少なく、洗濯物を手間無く済ませたい方には「ドラム式」が、仕事や子供の部活で汚れ物が多いご家庭には「タテ型」がオススメです。 そのほかにも、電気代を見据えた乾燥方式や静音性に優れた設計など、洗濯機を選ぶ上で注目したい機能をご紹介します。 衣類にやさしい洗濯・乾燥&節水もバッチリ「ドラム式タイプ」 衣類にやさしい洗濯・節水性・乾燥機能など、優れた性能が魅力のドラム式。 洗濯物の取り出しやすさ、デザイン性なども人気の一因です。 機能 衣類を持ち上げて落とす「たたき洗い」で、洗濯物同士のからみが少なく衣類を傷めずに洗い上げます。 また、少ない水で洗うので、泡の濃度が高く、皮脂汚れにも効果的で、節水性にも優れています。 乾燥機能も充実しており、干す手間が省けます。 デザイン 取り出し口が低く、奥まで届きやすくなっています。 また、上部のスペースが使えるので、収納場所が確保しやすく、スッキリ見せることが出来ます。 乾燥方式 ガンコな汚れに強い!慣れ親しんだ「タテ型タイプ」 洗濯機の定番「タテ型タイプ」。 水流によるもみ洗いなので、泥などの固形物の洗浄力が高くしっかり洗えます。 また、機種が豊富で選べる幅が広く、予算に合わせて必要な容量・機能・省エネ性能を選べるのも魅力的です。 機能 衣類と衣類を擦り合わせて汚れを落とすので、泥などの固形物の洗浄力が高く、遠心力で洗剤が繊維を通過するので、しっかり洗えます。 また、パルセーターの強い力で洗濯するので短い時間で洗えます。 デザイン 上から取り出すので、底まで届きにくく、設置時に上部に開きスペースが必要です。 最近は、取り出し口をスッキリさせたデザインのモデルなども増えてきました。 便利な機能・設計 静音性に優れた「インバーター」 インバーターとは、モータの回転数を制御する装置のことを言います。 インバーター搭載の洗濯機ならば、モーターのうなり音や洗い・すすぎ時の水はね音が少なく脱水開始時の水きり音も低減。 夜中や早朝、赤ちゃんのいるご家庭でも安心してご試用いただけます。 また、衣類に合わせて最適な水流に調整。 シルクやウールなどお洒落着はやさしく、作業着やジーンズなど厚手のものは強い水流で洗い上げてくれます。 手軽に清潔「イオン洗浄」 「ナイノー」「プラズマクラスター」「ピコイオン」など水で洗えないものを、サッと清潔にしてくれるイオンの力。 ぬいぐるみの雑菌をはじめ、ブーツや帽子のニオイ、タバコのにおいが染み付いた衣類など手軽に除菌・消臭が出来ます。 干し時間を短縮「送風機能」 送風機能は、乾燥と違いヒーターがありません。 風の力で水分を飛ばすことで干し時間を短縮、洗濯物をふんわりとした仕上がりにします。 乾燥機のより電気代が安く済み、薄手の洋服や熱に弱い衣類にもお使いいただけます。 「バスポンプ付き」で節水! お風呂の残り湯が使えるバスポンプ付きならば、節水でお得!また、水道水より温度が高い水を使うことで、汚れ落ちがよくなる効果も。 設置する場所までの搬入経路の確認 必要通路幅(階段以外の平面)は、直線通路の場合、最小通路幅が洗濯機の横幅+6cm以上必要です。 このような場合、事前に下見も可能(Aエリアのみ)ですので、ご相談ください。 まずは搬入経路の通路の中で一番狭い部分の幅を測ってください。 (サイズ:A) ご検討中の洗濯乾燥機・洗濯機の横幅をご確認ください。 搬入経路の通路で 一番狭い部分の幅(サイズ:A)が洗濯機の横幅(サイズ:B)よりも6cm以上大きければ通常は搬入が可能です。 洗濯乾燥機・全自動洗濯機の設置条件によって別売部材が必要になる場合がございます。 搬入ができても実際に設置する場所のスペース、洗濯機用防水パンのサイズ等と洗濯乾燥機・洗濯機との関係で設置できないこともございます。 しっかりご確認をお願いします。 設置場所は十分な大きさですか? ご検討中の洗濯乾燥機・洗濯機の設置可能防水パンのサイズをご確認下さい。 洗濯乾燥機・洗濯機の脚部分より外形寸法は大きくなりますので、実際にご使用される際のスペースも考慮してください。 設置場所に防水パンがある場合 防水パンをご使用の場合は、防水パンの内寸を測ってください。 ドラム式洗濯乾燥機の場合 完全に開かないと洗濯物の出し入れが困難になります。 前面の扉が完全に開くスペースがあるかご確認もお願いします。 排水口の位置・形状の確認 排水口がどの位置にあるかご確認ください。 洗濯機の配置場所と排水口の位置や形状により、追加料金が必要な場合がございます。 ご不安な方は、にてお問合せ・ご相談ください。 設置場所に防水パンがある場合 排水口が防水パンのどの位置にあるかご確認ください。 排水口の位置が洗濯機本体の 下にある場合、別売部材が必要な場合があります。 洗濯機の横(状況によっては後ろ)にある場合は、別売部材は不要です。 洗濯機本体の隠れる位置にある場合は、「 本体かさ上げ振動吸収台」が必要となる場合がございます。 設置場所に防水パンがない場合 洗濯機を設置したい位置に対して、排水口がどの位置にあるかご確認ください。 排水口の形状によって 別売部材が必要な場合があります。 排水パイプがあるとき 排水パイプと本体の間の高さによって 別売部材が必要な場合があります。 排水パイプがないとき 排水ホースを差し込めない場合は、 別売部材が必要な場合があります。 本体かさ上げについて 洗濯機の振動を吸収するとともに脚部のかさ上げもします(防水パンの深さが深すぎる場合も使用できます)。 使用する蛇口の形状 全自動洗濯機の給水ホースは自動で水を出したり止めたりするため「圧力ホース」を使用しています。 そのため、蛇口にジョイントをしっかり固定し、ホースを取り付けする必要がございます。 別途部品は不要です。 別売の「 給水栓ジョイント」が必要です。 取り付けできません。 給水栓ジョイントへの交換 「給水栓ジョイント」にお取替いただくと、ホースが外れた場合、瞬時に水がとまるのでもしもの時も安心です。 Aエリアで設置ご希望の場合は、現地にて蛇口の状況を確認の上、「給水栓ジョイント」を必要に応じて担当者がお取り付けいたします。 家電専門の担当者がご訪問当日に必要部品を確認し、安心の搬入・設置を行います。 お客様ご自身での搬入・設置につきましては、大型商品のため十分にご注意いただき、2名以上での作業をお願いいたします。 また、設置・給排水ホースの接続につきましては、水漏れや商品不具合の原因になりますので、メーカー取扱説明書をよくお読みいただき、適切に作業をお願いいたします。

次の