つぐもも 砂織。 継つぐもも(アニメ2期)は原作マンガの何巻まで?3期の可能性についても

「つぐもも」くくりがかわいい幼女の姿なのはなぜ?死や復活についても

つぐもも 砂織

Amazon berechnet die Sternbewertungen eines Produkts mithilfe eines maschinell gelernten Modells anstelle des Durchschnitts der Rohdaten. いくら何でも、この展開は予想外でした。 基本的に戦いが中心になる話だとは思っていましたが、14巻は激動過ぎです。 ミウラヒと迷い家の付喪神は一瞬でした。 その後、すなおと虎鉄のコンビ、八意、金山、菊理、黒曜、かずやと桐葉のコンビ、霞と砂織のコンビ 敬称略、順不同 がつぎつぎと奏歌+あざみと戦います。 ほぼオールスターと言って良いでしょう。 しかし、読後感がめちゃくちゃ悪いです。 何というか、いつものように読んで最後にくすりと笑えない、ハードなストーリーです。 というか、桐葉はどうするんでしょう。 後書きにも書かれていますが、14巻は本編にサービスシーンはありません。 だから書き下ろしの部分で頑張ったそうですが 笑 そして、ついにつぐももが終焉に向かって動き出した感があります。 後書きによれば15巻では終わらないそうですが、次巻が待たれます。

次の

継つぐもも : 一般アニメエロシーンまとめ (Anime Ecchi Fanservice Aggregator)

つぐもも 砂織

新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• ・買い逃すことがありません!• 現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。 ご契約はページ右の「新刊自動購入を始める」からお手続きください。 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 ご契約中は自動的に販売を継続します。 不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です 続巻自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• ・買い逃すことがありません!• ・いつでも解約ができるから安心!• 現在発売中の最新巻を含め、既刊の巻は含まれません。 ご契約はページ右の「続巻自動購入を始める」からお手続きください。 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 ご契約中は自動的に販売を継続します。 不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:マイページの「予約自動購入設定」より、随時解約可能です Reader Store BOOK GIFT とは ご家族、ご友人などに電子書籍をギフトとしてプレゼントすることができる機能です。 贈りたい本を「プレゼントする」のボタンからご購入頂き、お受け取り用のリンクをメールなどでお知らせするだけでOK! ぜひお誕生日のお祝いや、おすすめしたい本をプレゼントしてみてください。 お受け取りされないまま期限を過ぎた場合、お受け取りや払い戻しはできませんのでご注意ください。

次の

つぐもも 14巻 奏歌 圧倒的力で暴走!味方が次々に倒れていく中 まさかの救世主が(ネタバレ・感想)

つぐもも 砂織

つぐももの基本情報 作品名 つぐもも 放送日 2017年6月18日 話数 12話 監督 倉谷涼一 脚本 倉谷涼一 放送局 ANIMAX 原作 浜田よしかづ 制作 ゼロジー 声優• くくり• 加賀見かすみ• 加賀見かなか• 加賀見一也• 小山内おさむ• 白峰しろう• 皇すなお• 近石ちさと• 母・奏歌を幼いころに亡くし、現在は父・一明と高校生の姉・霞との三人暮らし。 一也には何故か母の記憶がないが、亡き母の形見でもあり家に代々伝わる絹の袋帯の匂いが大好きで、その袋帯を肌身離さず持ち歩いていた。 そして、気持ちを落ち着かせるため、毎日欠かさず桜の香りがするその袋帯の匂いを嗅ぐのであった。 ある日、学校の屋上でいつものように袋帯の匂いを嗅いでいた一也だったが、なぜか足元に落ちていたカツラが突然妖怪と化し、襲われそうになる。 その時、ピンチの彼を救うべく、目の前に着物姿をした謎の美少女が現れた。 一也を覚えているかのように一言「久しいな 一也」と言葉を発したその美少女の正体は、実は一也の想いがこもった亡き母の形見である袋帯から現れた、付喪神である桐葉だった。 「久しいな」と言われたものの、桐葉のことを全く思い出せない一也。 それもそのはず、桐葉は〔つくもつき〕となってしまった母・奏歌を止む無く殺した後、一也らが住む上岡の土地神・くくりに頼み込み、原身である帯から人の姿になることができなくなることを承知の上で、その当時幼かった一也の記憶から亡き母とともに自身の記憶を封印させたからであった。 それから長い年月を経て、桐葉が再び人の姿となって現れて以降、一也の周りでは次々と怪異が発生するようになる。 その動きを察したくくりは黒耀を遣わせ、白山神社へと一也を招く。 そこで一也はくくりから自身が「怪異を発生させる『呪詛(すそ)』を集めてしまう存在」であることを明かされた上で、奏歌の後任として怪異を調伏する大役「すそはらい」になるよう神勅として命じられる。 「すそはらい」の任を命じられたものの、「すそはらい」としては未熟であった一也だが、桐葉や、時にクラスメイトらとも協力し、学校や町で次々と発生する怪異を調伏し事件を解決していく。 そうして「すそはらい」としての才能を開花し実力をつけていった最中、一也の周りで意図的に〔あまそぎ〕を生み出し怪異を発生させて騒動を引き起こしている集団の正体が露わになる。 彼らは、所有者たる人間の横暴に耐えかね、「迷い家」と呼ばれる隠れ家を拠り所としたつぐももの集団であった。 「家」のつぐももであるミウラヒの中に宿した石片の霊力により、所有者がおらずとも生き長らえた彼らであったが、付喪神としての命が絶え器物へと還ってしまった者が出てくるなど石片の霊力が薄れてきたことから、霊力が枯渇する前にくくりを殺して石片を奪う「おのごろ祭り」の決行を試みる。 ミウラヒたちが一斉に上岡へ襲撃を開始したことで、くくりは結界を解き、元の大人の姿に戻る。 近くに住む土地神・ほのかやたぐりなども参戦し、土地神たちと付喪神たちとの一大戦争が繰り広げられている最中、くくりらの前に、2人の帯のつぐもも・あざみと、彼女らに守られ〔つくもつき〕と化した奏歌が姿を現す。 幼いころの一也が込めた「ぼくを殺せ」という願いを叶えんと、迷い家勢とくくりらを圧倒する奏歌。 必死の抵抗を試みるもくくりは倒され、一也とすなおは「かみがかり」を起こして立ち向かうも歯が立たず、桐葉は一也を守るため奏歌の攻撃をその全身で受けたことで付喪神としての命を失い、切り刻まれた帯へと戻ってしまった。 一也にとどめが刺されようとしたその瞬間、姉・霞も参戦、霞は砂時計のつぐもも・砂織とともに「3年間」という特殊な結界を作り出した上で、奏歌とともに自らを封じ込め、時間稼ぎをする。 一也以外の第三者が奏歌を倒せば、上岡の街全体が大災害となるほどの大きな〔すそがえし〕が起きてしまう。 〔すそがえし〕を回避するためには、〔つくもつき〕と化した奏歌を一也が倒さねばならないが、桐葉を失った一也には成す術がなく、今のままでは到底奏歌には敵わない。 そんな中、緊急事態を受け上岡へと馳せ参じたすそはらい養成所「つづら殿」の頭首・織小花央姫から、霞が稼いだ3年の間「つづら殿」で修行することを提案された一也はそれを受け入れ、央姫とともに「つづら殿」へと出向く。 だが、「つづら殿」に到着した途端、一也は央姫とともに突如拘束される。 央姫が「つづら殿」を不在にした間、副頭首である斑井枡次が起こした謀反により央姫は失脚し、斑井が新頭首となり実権を握ったのであった。 斑井は「つづら殿」の中でも付喪神をパートナーと認めない「隷付喪神派」のトップでもあり、あるみの水晶玉を通してくくりと奏歌の戦いを見ていたものの脅威を脅威と捉えておらず、奏歌討伐は自身の派閥でのみ行い、その間一也は地下に隔離、またほのかが救命した元迷い家の付喪神たちは全て破壊するという極端な結論を出した。 逆に付喪神はパートナーだと認める「親付喪神派」のトップでもある央姫は元迷い家の付喪神たちを救うため再び実権を握るべく、「つづら殿」のトップである「九殿冠」を決める九殿武闘会の開催を斑井に提案する。 斑井はこれを飲み、九殿武闘会が開催されることになった。 実力差から「親付喪神派」が楽勝と思われたが斑井が『禁じ手』を使ったことで4勝4敗と思わぬ接戦となり、最終の大将戦までもつれこんでしまう。 だが、大将である一也が斑井に勝利したことで再び央姫が頭首となり、そして斑井に拘束されていた、あるみやみまねら迷い家の付喪神たちも無事解放されたのだった。 「つづら殿」でのひと騒動のあと、改めて修行に励むことになった一也であったが、央姫の提案により、修行を兼ねて『くらこごり』を解決していくことになった。 主人公、『加賀見かずや』の前に現れた謎の少女は、母の形見の帯の付喪神!?『あまそぎ』と呼ばれる怪異に襲われ大ピンチのかずやは、謎の少女、桐葉に命を助けられる。 困惑するかずやを残して姿をくらませた桐葉だが、ふたたび彼女が現れたのは、、、、、、ベッドの中!?かずやの平穏な日常の運命やいかに! 第2話 『図書室と幼馴染』• 幼馴染の同級生、『近石ちさと』と図書室で宿題をすることになったかずや。 そこに、家に置き去りにしてきたはずの桐葉が現れる。 彼女が付喪神であることを何とか誤魔化そうとするかずやだが、異変が発生、三人は図書室に閉じ込められてしまう。 桐葉が言うには、原因は『あまそぎ』と呼ばれる怪異の仕業らしいが、、、、、、? 第3話 『くくりひめ』• 突然教室に乱入してきた巫女服姿の巨乳美女『黒曜』。 かずやを連れ去ろうとする黒曜は桐葉と睨み合いになり、『腕相撲』で勝負をすることに。 結果、かずやが訳もわからず連れて行かれた先は、山中に佇む神社。 そこで彼を待ち受けるのは、神社に祀られた土地神であった。 第4話 『土地神の試練』• 土地神『菊理媛命(くくりひめのかみ)』に追い詰められるかずやと桐葉。 かずやを庇い、必死に応戦する桐葉だが、その身体に異変が起きてしまう。 戦いの最中、気を失ってしまったかずや。 その夢の中に、謎の女性が現れる。 第5話 『特訓』• 『すそはらい』に任命されたかずやは、桐葉に特訓と称してしごかれる日々を送ることに。 そんな中、かずやたちは生徒会長に呼び出され、怪奇事件の調査に協力するよう頼まれる。 事件の目撃者によれば、文化部の部室が、化け物を用いて占拠されているらしいのだが、、、、、、。 ある日登校してきたかずやは、学校中がカップルで埋め尽くされていることに気づく。 訝しむかずやの目前に出現する『選択肢』。 どうやら、学校があまそぎの影響で『ギャルゲー』化してしまったらしい。 解決にのりだしたかずやは、ちさとがまさに『攻略』されようとしているのを目撃してしまう。 第7話 『金山さん』• 神社から仮住まいに移住していたくくりたち。 壊れた神社を修理するどころか、日々の食費にも困る始末で、黒曜はアルバイトに奔走していた。 止むを得ず、くくりはかずやたちと近隣の土地神『金山毘売神(かなやまびめのかみ)』に借金を申し込みに行くが、、、、、、そこで待ち受けるのは、恐ろしい『ゲーム』だった。 第8話 『ある日の加賀見家/モテモテフレグランス』• 付喪神から土地神までが住み始めた加賀見家。 その面々はワガママ幼女に振り回される日々を送っていた。 そんなある休日、プリンと水ようかんを巡る騒動が起こる、、、、、、。 そして学校では、かずやの友人、四郎が非モテから一転、クラス中を支配するハーレムの王様に!?除け者にされた男子たちの怨念が、彼らを暴徒へと変える、、、、、、。 『ある日の加賀見家』『モテモテフレグランス』の二本立て! 第9話 『手紙』• 生徒会長のただたかから、『女生徒の幽霊が現れる』という噂について調査を依頼されたかずやたち。 生徒たちへの聞き込みの途中、同じく事件について調べているという、新聞部の『奈中井ななこ』と出会う。 学校の怪談めいた話題に興味津々のななこ。 その目の前に、噂通りの『女生徒』が現れる。 第10話 『はだかふとん』• 突如学校に現れた少女「皇(すめらぎ)すなお」が、有無をいわさずかずやに襲いかかる。 応戦した桐葉を退け、一也を打ち伏せた彼女の目的は、かずやの代わりに『すそはらい』になるべく、その役目をかけた決闘を申し込むことだった。 受けて立たんと意気込む桐葉だが、かずやは意気消沈してしまい、、、、、、。 桐葉との特訓を経て、決意を新たにすなおとの戦いに臨むかずや。 相手は実力も勝る上、刀と帯、それぞれのつぐももの相性も不利だという。 しかし、その差をくつがえすべく、対策は用意してある。 白山神社を舞台に、くくりの立会いのもと、『すそはらい』の座をめぐり、そしてそれぞれの意地をかけた決闘が始まる。 第12話 『パートナー』• ギリギリの駆け引きがつづく決闘は終盤、睨み合うかずやとすなお。 相手の一撃を避け、守りによる持久戦を提案する桐葉だが、かずやは首を縦に振らない。 つぐももとの絆、その力を信じるかずやは、敢えてすなおとの斬り合いに挑む。 互いの全身全霊をこめた、超高速の攻防の行方は、、、、、、! OVA 『僕のつくもがみさま/銭湯にて/僕のご主人さま/黒耀の恩返し/最後の砦/エロ本会議』• シリーズ作品/関連アニメ作品•

次の